結果

第53回 ダービー卿チャレンジT(G3・ハンデ)

中山 芝1600m 良

クッション値:9.6(標準)

着順 馬名 タイム 着差 位置取り 上がり3F
テルツェット 1.32.6 11-10-8(中団後) 34.7
カテドラル 1.32.8 1 13-13-11(後方) 34.2
ボンセルヴィーソ 1.32.8 クビ 2-5-5(先団) 35.3

レース上り:35.5


ラップ分析

1着タイム 後3F Lap1 Lap2 Lap3 Lap4 Lap5 Lap6 Lap7 Lap8
今走 1.32.6 35.5 12.3 11.0 11.0 11.3 11.5 11.8 11.8 11.9
過去平均 1.32.34 34.9 12.3 11.1 11.4 11.2 11.4 11.4 11.7 11.7
0.6 0.0 -0.1 -0.4 0.1 0.1 0.4 0.1 0.2

(※過去平均=同コース同レースの良馬場平均(過去5走))

例年タフな流れになりやすこのレースだが、今年はそれに輪をかけて前半はタフな流れで推移した。

その分、後半戦はきつい消耗戦を強いられるかたちになり、後方で脚を溜めた2頭のワンツー決着となった。

前半キツい前傾ラップだったとは言え、後半のラップはそれなりにかかっていて、走破時計としては平均的。

前の組には厳しい展開となったが、今週からBコース替わりとは言え、内目の馬場はちょっと緩いのでは? という印象も受けた。

いずれにしても強そうな2頭が回避などで出走しなかったこともあり、レースのレベル的にはさほどのものではないような印象。


回顧

1着は3番人気のテルツェット。

道中は中団から少し離れた11番手、中団の後ろあたりにポジションを取り、残り800mを過ぎたあたりから馬群の外目を徐々に進出して行った。

4角は8番手の外で直線に向き、直線は馬群の外目を上りメンバー3位の脚で追い込んでゴール。

この馬の末脚がしっかりと生かせる展開となった。

展開に恵まれた感は否めない。

テルツェットの分析

 

2着は4番人気のカテドラル。

道中はテルツェットのさらに後ろ、後方13番手。

テルツェットよりはワンテンポ遅らせて、3~4角中間あたりで進出をはじめ、4角は11番手、テルツェットの直後で直線に向いた。

直線もテルツェットの後ろから良い脚で伸びてはくるが、テルツェットとの差は縮まらなかった。

この馬にしてみても、自身のもっとも得意な展開に嵌ったと言って良いだろう。

仕掛けが遅れたというか、テルツェットに先を越された感じの2着。

カテドラルの分析

 

3着は5番人気のボンセルヴィーソ。

道中は先団の4~5番手。

4角は5番手の内で直線に向き、直線は馬場の内目をしっかりと粘り切っての3着。

いつもより若干ポジションを下げて追走した分、最後の直線で脚が持った感じ。

ボンセルヴィーソの分析

 

1番人気のスマイルカナは14着。

道中は2~3番手、4角は3番手の内で直線に入ったが、直線では坂下あたりですでに一杯。

鞍上は休み明けを敗因に挙げているが、確かに、休み明けでこの流れはちょっときつかったのかもしれない。

また、牡馬相手に55キロの斤量も響いた感じ。

スマイルカナの分析

 

2番人気のルフトシュトロームは13着。

道中は中団。

4角は後方10番手の内で直線に向くが、直線は伸びを欠いて13着。

休み明けでタフな流れが堪えたか?

しかし前走からどうも様子がおかしい。

ルフトシュトロームの分析

 

 



関連記事(一部広告を含む)