結果

第51回 読売マイラーズカップ(G2)

京都競馬場 芝1600m(外) 良

着順 馬名 タイム 着差 位置取り 上がり3F
インディチャンプ 1.32.4 4-3(中位) 33.0
ベステンダンク 1.32.7 2 2-2(先行) 34.1
ヴァンドギャルド 1.32.9 1  1/2 10-10(後方) 32.7

レース上り:33.8

ラップ分析

1着タイム 序盤 中盤 上り
今走 1.32.4 35.3 23.3 33.8
過去平均 1.32.2 34.8 23.6 33.8
0.5 -0.3 0.0

(※過去平均=同コース同レースの良馬場平均(過去7走))

ランスオブプラーナが少し離して逃げていたとは言ってもこのラップなので、3番手以降の馬は相当なスローペースで追走していたと思われる。

馬場も開幕週の馬場だけに、キレッキレの瞬発力が求められたレースとなった。

回顧

1着は1番人気のインディチャンプ

道中は中位の3~4番手。

3~4角でペースが上がって3番手以降の馬が進出する際も、手綱は持ったままの抜群の手応え。

4角も楽な手応えで直線に向くと、そのまま馬なりで、先に抜け出していたベステンダンクに並びかけ、それをあっさりと交わすと、あとは余裕のゴール。

このスローペースでしっかりと折り合えたのは収穫。

斤量58キロも、スローの上り勝負ならさほど影響はなかった感じ。

このメンバーでは力も一枚上だった。

 

2着は7番人気のベステンダンク。

道中は逃げるランスオブプラーナをぴったりマーク。

直線に向いても脚色は衰えず、インディチャンプに交わされてからもなんとか粘って2着を確保。

ペースが緩かった分、展開も向いた。

 

3着は2番人気のヴァンドギャルド

スタートで伸びあがってしまい後方から。

4角は大外から直線に向いて、馬場の外目を伸びてくるが、今回のペースだと前も止まらず3着まで。

しかし終いの脚は32.7秒。

前走も出遅れがなければ勝ち負け濃厚の競馬。

ゲートをすんなり出ていればここでも勝ち負けできたのではないか。

今後はスタートが大きな課題になる。