結果

第55回 フローラS(G2)

東京競馬場 芝2000m 良 17頭立て

着順 馬名 タイム 着差 位置取り 上がり3F
ウインマリリン 1.58.7 4-4-5(先行) 35.3
ホウオウピースフル 1.58.7 クビ 5-4-5(先行) 35.3
フアナ 1.58.8 クビ 10-9-8(中団) 35.2

レース上り:35.7

ラップ分析

1着タイム 序盤 中盤 上り
今走 1.58.7 35.1 47.9 35.7
過去平均 2.00.5 36.6 49.1 34.8
-1.5 -1.2 0.9

(※過去平均=同コース同レースの良馬場平均(過去7走))

序盤、中盤と過去の良馬場平均よりもかなり速いラップで推移。

その分上りもかかって35.7秒。

おまけに最後の直線では、ダートコース側からのもの凄い風で、芝コースにもその砂塵が吹き付けていた。

内ラチ沿いを走る馬は、相当の横風を受けていたものと思われる。

総じて、スピード持続力とパワーが求められたレースとなった。

回顧

1着は4番人気のウインマリリン。

道中は先団4番手の内。4角も5番手の内を回って直線。

直線も内ラチ沿いを凄まじい横風を受けながら伸びてきて、最後はホウオウピースフルの猛追を凌ぎ切ってゴール。

このペースを前目につけて、直線は横風をモロに受けながら伸びてきた。

力はある。

本番でも期待が持てそう。

 

2着は2番人気のホウオウピースフル

道中は勝ったウインマリリンと同じような位置取り。

直線で前が開かなかった分、一呼吸置いての追い出しになったのが、クビ差という結果。

前走「クイーンC」ではペースに戸惑ったようだったが、今回はこのペースでもしっかり対応できている。

この馬も力はある。

 

3着は5番人気のフアナ

道中は中団。

4角も中団8番手あたりだが馬群の中。

直線は前が詰まってなかなか追い出せなかったが、前が開くと鋭く伸びた。

スタートは若干の出遅れ、道中も他馬と接触する不利がありながらもこの順位。

未勝利戦からの参戦にしては上出来。

 

1番人気のスカイグルーヴは5着。

道中は中団を追走していたが、直線は伸びを欠いた。

このタフな展開は向かなかった様子。