結果

第70回 東京新聞杯(G3)

東京競馬場 芝1600m 良

着順 馬名 タイム 着差 位置取り 上がり3F
プリモシーン 1.33.0 6-6(中団前) 33.6
シャドウディーヴァ 1.33.1 1/2 12-11(中団後ろ) 33.3
クリノガウディー 1.33.1 ハナ 4-4(先行) 33.9

レース上り:34.9

ラップ分析

1着タイム 上り3F Lap1 Lap2 Lap3 Lap4 Lap5 Lap6 Lap7 Lap8
今走 1.33.0 34.9 12.4 10.9 11.4 11.6 11.8 11.5 11.6 11.8
過去平均 1.33.3 34.0 12.5 11.2 11.7 12.0 12.0 11.2 11.2 11.6

(※過去平均=同コース同レースの良馬場平均(過去7走))

このレースの過去の良馬場平均よりは速いラップで推移。

しかしこれは、離して逃げたモルフェオルフェが刻んだラップ。

上り34.9秒を要したのも、モルフェオルフェが残り300mくらいまで粘っていたため。

総じて、2番手以降のペースは平均ペースに近かったと思われる。

この日の東京競馬場は、内が伸びて先行有利の馬場状態。

道中の位置取りが好走のカギとなった。

回顧

1着はプリモシーン

道中は枠順を利して内目のコース取り。

直線も内を突くかと思いきや、ごちゃつくのを嫌ってか、外に出して追い出しにかかり、坂の上から鋭く伸びて先着。

不振のように見えたここ2走は適正のなさ(距離、コース)で片づけられるレベルだったのかもしれない。

 

2着はシャドウディーヴァ

6枠12番からの発走ながら、道中はスッと内へ入れて内ラチ沿いの経済コース。

直線も内を突いて伸びてくる。

前有利の馬場状態の中、1頭だけ後方から伸びてきた。

コース取りの妙もあるが、今後にもつながる2着。

 

3着はクリノガウディー

この馬も7枠13番ながら、スタート後前目にポジションを取りに行きつつも、スッと内に入れる絶妙のコース取り。

直線も内を突いて一旦は先頭に立つが、ゴール前2頭に差されて3着。

ジョッキーの手腕が光った3着。

 

1番人気のレッドヴェイロンは9着に沈んだ。

道中は2着に入ったシャドウディーヴァと同じような位置取りだったが、直線は全く伸びを欠いた。

道中外目を回っていたということはあるが、それにしてもちょっと敗けすぎ。不可解。

 

2番人気のヴァンドギャルドは出遅れがすべて。

最後も伸びてきているだけに、スムーズなら勝ち負けだっただろう。