結果

第69回 スプリングS(G2)

中山競馬場 芝1800m 良

着順 馬名 タイム 着差 位置取り 上がり3F
ガロアクリーク 1.49.8 5-6-7-4(中団) 33.8
ヴェルトライゼンデ 1.50.0 1  1/4 5-5-4-4(中団) 34.2
サクセッション 1.50.3 1  3/4 7-7-8-4(後方) 34.1

レース上り:34.3

ラップ分析

1着タイム 後3F Lap1 Lap2 Lap3 Lap4 Lap5 Lap6 Lap7 Lap8 Lap9
今走 1.49.8 34.3 12.8 12.1 12.6 13.0 12.7 12.3 11.8 11.1 11.4
過去平均 1.48.2 35.8 12.6 11.5 12.1 12.3 12.0 12.0 12.1 11.6 12.1

(※過去平均=同コース同レースの良馬場平均(過去7走))

ペースはラップタイムを見ても一目瞭然、超スローの展開となった。

単純に瞬発力が求められたレース。

2回中山最終週で、三日連続開催の最終日、3~4角と直線の内側はだいぶ荒れていた様子。

それだけに前に行った馬には厳しいレース。

回顧

1着は6番人気のガロアクリーク

前走の3歳1勝クラス「水仙賞」ではかなりの成長が認められてはいた。

「新馬戦」でも減量騎手ながらまずまずの上り時計を出しており、今回のようなスローの上り勝負に対応できたのもうなずける。

今回は超スローの上り勝負だったが、前走のような締まったペースにも対応できる馬。

本番でも軽視はできない。

 

2着は1番人気のヴェルトライゼンデ

締まった流れではそこそこ走るが、今回のような瞬発力勝負では後手を踏むことが露呈した格好。

しかし本番ではまだまだ侮れない一頭だろう。

 

3着は2番人気のサクセッション

この馬もどちらかと言うとキレと言うよりスピード持続型だと思うので、今回は展開に泣いた口だろう。

しかしいずれにしても、もう少し積極的な競馬はできなかったか?