結果

第66回 阪神大賞典(G2)

阪神競馬場 芝3000m 良

着順 馬名 タイム 着差 位置取り 上がり3F
ユーキャンスマイル 3.03.0 9-9-8-4(中団後ろ) 35.8
トーセンカンビーナ 3.03.3 1  3/4 10-10-10-7(後方) 35.8
メイショウテンゲン 3.03.4 1/2 7-7-7-7(中団後ろ) 36.0

レース上り:36.3

ラップ分析

1着タイム 序盤 中盤 後半 上り
今走 3.03.0 49.9 49.7 47.1 36.3
過去平均 3.04.8 48.7 50.7 49.5 36.0

(※過去平均=同コース同レースの良馬場平均(過去7走))

前半はスローも、中盤あたりで出遅れたキセキがマクッて行ったことでペースが上がった。

いつもなら息が入る中盤で息が入らず、そのままのペースで後半になだれこむタフな展開。

それでも上りは36.3秒でまとめており、走破時計の3.03.0も優秀。

豊富なスタミナとスピード持続力が求められたレースとなった。

回顧

1着は2番人気のユーキャンスマイル

約4ヵ月ぶりで12キロ増、加えて右回りの不安もあったが、すべては杞憂。

後方にポジションを取り、残り800m付近でスーッと進出を開始すると、4角ではすでに先頭は射程圏。

直線は内をついて見事な伸び脚。

「菊花賞」3着のスタミナはここでも現在。

右回りに不安がなくなった現在、本番にも期待が膨らむ。

 

2着は5番人気のトーセンカンビーナ。

スタートはいつものように出遅れて最後方から。

道中は勝ったユーキャンスマイルを前に見るかたちで追走。

3角過ぎでユーキャンスマイルの動きに合わせて進出したが、1馬身半届かなかった。

上り時計は35.8秒で勝ったユーキャンスマイルと同じ上がり。

道中の位置取りの差が着差にも反映された感じ。

終いが切れるのは分かっていたが、重賞初挑戦、大幅な距離延長とこのペースにも対応した。

今後の成長が期待できそう。

 

3着は4番人気のメイショウテンゲン

前走「ダイヤモンドS」はハナ差の2着。

スタートの悪さが一番の弱点だったが、今回は五分のスタートを切れた。

直線は馬場の外目を追い上げて来て、上り36.0秒の脚で3着。

今回のスタートがまぐれでなければ、ますます今後も期待できる。

 

1番人気のキセキは7着に沈んだ。

スタートの不安が現実になった。

このまま終わるのか?