結果

第15回 オーシャンステークス(G3)

中山競馬場 芝1200m 良

着順 馬名 タイム 着差 位置取り 上がり3F
ダノンスマッシュ 1.07.4 4-4(先行) 34.0
ナックビーナス 1.07.4 1  1/2 2-2(先行) 34.4
タワーオブロンドン 1.08.1 3 9-6(中団) 34.4

レース上り:34.3

ラップ分析

1着タイム 後3F Lap1 Lap2 Lap3 Lap4 Lap5 Lap6
1.07.4 34.3 11.8 10.5 10.8 11.4 11.2 11.7
1.08.1 34.8 11.8 10.5 10.9 11.5 11.4 12.0

(※過去平均=同コース同レースの良馬場平均(過去7走))

前半3Fの33.1秒はもちろん速いラップで、それでいて上り3Fも34.3秒と、34秒台前半でまとめている点は評価できる。

スピードの持続力と共に瞬発力も試されたレース。

回顧

1着はダノンスマッシュ

先団につけてなお、34.0秒の上りを繰り出した。

2着には1馬身半の差をつけており、完勝と言える。

昨秋のスプリンターズSでは3着に甘んじたが、斤量面で有利なここは完勝。

強い勝ち方だったので、本番の走りにも期待が持てる。

 

2着はナックビーナス

2番手追走でこの馬の競馬は出来た。

これでこのレースは4年連続の2着になるが、これは実力通りなので仕方のないところ。

 

3着はタワーオブロンドン

いつものような中団からの競馬だが、直線は思ったほどには伸びてこない。

58キロもあるし、本番を見据えた叩き台としてはまあまあこんなものだろう。