結果

第57回 弥生賞ディープインパクト記念(G2)

中山競馬場 芝2000m 重

着順 馬名 タイム 着差 位置取り 上がり3F
サトノフラッグ 2.02.9 8-8-8-3(中団後) 36.1
ワーケア 2.03.2 1  3/4 6-6-6-6(中団) 36.5
オーソリティ 2.03.3 1/2 5-5-4-3(中団前) 36.9

レース上り:36.6

ラップ分析

1着タイム 後3F Lap1 Lap2 Lap3 Lap4 Lap5 Lap6 Lap7 Lap8 Lap9 Lap10
今走 2.02.9 36.6 12.7 11.4 12.1 12.3 12.6 12.6 12.6 12.5 11.8 12.3
過去平均 2.01.3 35.1 12.6 11.1 12.2 12.7 12.9 12.5 12.2 12.0 11.4 11.8

(※過去平均=同コース同レースの良馬場平均(過去6走))

重馬場の影響で、序盤こそ少し緩めのラップで入るが、中盤からは過去の良馬場平均と変わらないかやや速いラップを刻んだ。

そのため、上りが36.6秒かかる消耗戦になった。

道悪適正に加え、パワーとスタミナが問われたレース

回顧

1着はサトノフラッグ

序盤は中団の後ろあたりで様子見。

3角あたりから外々を回って徐々に順位を上げて、4角は3番手の外。

直線も馬場の外目に持ち出すと、残り300mで先頭に立つと、坂を上りきったあたりで後続を突き放した。

まだまだ余裕があるような走り。

本番が実に楽しみになった。

 

2着はワーケア

中団で脚を溜めて、この馬らしい競馬は出来たのだろうが、このレースを見る限り、サトノフラッグには完全な力負けのような感じ。

次よりも、次の次、東京コースの方が期待値は高いか?

 

3着はオーソリティ

中団の前につけて、直線ではサトノフラッグの内側で食い下がるが、坂で伸びきれなかった感じ。

ただ、このタフな展開で3着に粘れたのは収穫。

「ホープフルS」で0.3秒だったワーケアとの差も0.1秒まで詰めた。