結果

着順 馬名 タイム 着差 位置取り 上がり3F
マルターズディオサ 1.33.3 2-2(先行) 33.9
クラヴァシュドール 1.33.3 ハナ 4-4(先行) 33.8
レシステンシア 1.33.5 1  1/4 1-1(逃げ) 34.2

レース上り:34.0秒

ラップ分析

1着タイム 後3F Lap1 Lap2 Lap3 Lap4 Lap5 Lap6 Lap7 Lap8
今走 1.33.3 34.0 12.2 11.2 11.7 12.0 12.2 11.3 10.9 11.8
過去平均 1.34.1 34.5 12.5 11.1 11.7 12.2 12.2 11.6 11.1 11.8

(※過去平均=同コース同レースの良馬場平均(過去8走))

道中のラップはおしなべて過去の平均と同等で緩いラップ。

ただ上り時計は過去平均よりも速くなっている。

人気どころが前に行き、その前が止まらない前有利の展開。

後ろかの追い込み勢には厳しくなった。

回顧

1着はマルターズディオサ

8枠13番と言う外枠から果敢に先手を取りに行って道中は2番手の外。

直線では残り200mで一杯になったレシステンシアを交わしてクラヴァシュドールとの追い比べ。

ゴール前ハナ差制しての勝利。

クラヴァシュドールが内ぴったりだったのに対して、この馬は外枠から道中も外々。

着差はハナ差だが、それ以上の価値はあるだろう。

 

2着はクラヴァシュドール

1枠1番の絶好枠から道中は4番手の内。

力は示しているが、条件的にきついマルターズディオサに競り負けたのは力の差と見る。

 

3着はレシステンシア

抜群の先行力でハナを切ったが、直線残り200mで一杯に。

これくらいのペースで一杯になる馬ではないが、レースの上り3Fは自身のキャリアでは初めての34秒台。

瞬発力勝負には課題を残したか?

しかし鞍上も、「休み明け」という言葉を口にしている。

本番での巻き返しに期待。