結果

第67回 日経新春杯(G2)

京都競馬場 芝2400m 良

着順 馬名 タイム 着差 位置取り 上がり3F
モズベッロ 2.26.9 5-5-7-6(中団) 34.5
レッドレオン 2.27.3 2  1/2 3-3-5-6(先行) 35.1
エーティーラッセン 2.27.4 3/4 1-1-1-1(逃げ) 35.8

レース上り:35.3

ラップ分析

1着タイム 上り3F Lap1 Lap2 Lap3 Lap4 Lap5 Lap6 Lap7 Lap8 Lap9 Lap10 Lap11 Lap12
今走 2.26.9 35.3 12.6 11.2 11.9 12.9 13.0 12.9 12.1 12.8 12.2 11.8 11.7 11.8
過去平均 2.25.1 35.2 12.7 11.2 11.4 12.5 12.6 12.5 12.6 12.6 12.0 11.7 11.7 11.8

(※過去平均=同コース同レースの良馬場平均(過去8走))

先週に引き続き京都競馬場の芝コースは時計のかかる馬場状態。

それを差し引いても、Lap4~Lap6はかなり緩い流れと言っていいだろう。

その分上りも極端に遅くなるということもなく、4角で中団より前にいなければ入着は難しいといった展開。

前々でレースを進めた力のある馬が順当に勝ったレース。

回顧

勝ったのはモズベッロ

前々の内でレースを進め、4角ではスッと外へ出して直線スムーズに抜け出した。

元々タフな馬場状態では強い馬。前々にポジションを取ることができれば、かなりの確率で好走する。

ハンデ52キロも効いた感じ。

2着はレッドレオン

この馬も前につけたらしぶとい。

直線入口で前が塞がったのが痛かった。

スムーズなら勝ち馬とも際どかったように思う。

3着はエーティーラッセン

これまでも逃げて際どい競馬を続けてきた馬。

ハンデ51キロなら3着に何の不思議もない。