結果

第56回 農林水産省賞典新潟記念(G3)

新潟競馬場 芝2000m 良 18頭

着順 馬名 タイム 着差 位置取り 上がり3F
ブラヴァス 1.59.9 9-9(中団) 32.6
ジナンボー 1.59.9 1-1(逃げ) 33.1
サンレイポケット 1.59.9 クビ 11-11(中団後ろ) 32.4

レース上り:33.1

ラップ分析

1着タイム 後3F Lap1 Lap2 Lap3 Lap4 Lap5 Lap6 Lap7 Lap8 Lap9 Lap10
今走 1.59.9 33.1 12.8 11.5 12.5 12.4 12.7 13.0 11.9 10.8 10.7 11.6
過去平均 1.57.9 34.4 12.9 11.1 11.6 11.7 12.2 12.2 11.9 11.4 11.0 12.1
-1.3 -0.1 0.4 0.9 0.7 0.5 0.8 0.0 -0.6 -0.3 -0.5

(※過去平均=同コース同レースの良馬場平均(過去7走))

7月下旬から7週続いた新潟開催の最終週とあって、馬場の内側はかなりの傷みが生じていた。

道中も、そして特に最後の直線では、各馬は馬場の外目に殺到して、千直のレースのように、大外を走った馬がかなり有利な外差し馬場が出来上がっていた。

今年の「新潟記念」は、ペースとしては完全なスローペース、超が二つぐらいつくスローペースと言ってもいいだろう。

序盤は唯一の逃げ馬ウインガナドルが逃げていたが、このスローペースに業を煮やしたデムーロ騎手騎乗のジナンボーが、各馬が避けている馬場の内側を通ってハナを奪う。

それでもペースは上がらずに直線に向くが、残り600mからは10秒台のラップが二度出るほどのキレ味勝負。

逃げるジナンボーを交わしたのは、馬場の大外を追い込んで来たブラヴァスだった。

レースの上りは驚きの33.1秒。

キレッキレの瞬発力が求められたレースとなったが、走破時計の1.59.9は過去10年ではもっとも遅い。

回顧

1着は2番人気のブラヴァス

道中はいつもよりは位置取りを少し下げて中団あたりで追走。

しかし道中はジワジワとポジションを上げて、残り600m地点では先頭との差は0.5秒。

最後は馬場の大外を追い上げて逃げるジナンボーをアタマ差制した。

この馬としては不利だと思われた外枠17番が、今回の馬場では奏功した感じ。

 

2着は3番人気のジナンボー

道中は一頭だけ内ラチ沿いを通って距離ロスを防ぎ、直線 はゴール前ギリギリまで粘ったがアタマ差交わされた。

距離ロスは防げたが、通ったコースの馬場状態の差で明暗が分かれた。

昨年はクビ差で、今年はアタマ差。

この馬は、力は確実にあるのだが、接戦になるとゴール前が少し甘くなる印象。

 

3着は5番人気のサンレイポケット

道中は勝ったブラヴァスの後ろあたりで脚を溜めた。

直線は最初から大外を突いて一気の伸び。

外枠16番でハンデの54キロも効いた。

 

1番人気のワーケアは10着。

上り3Fはメンバー11位の33.5秒。

道中の位置取りはベストだと思う。

しかしこれだけのスローで、斤量が53キロで、直線伸びて来ないのだから、距離が長いのではないか?

ワーケアの分析