結果

第15回 キーンランドカップ(G3)重 16頭

着順 馬名 タイム 着差 位置取り 上がり3F
エイティーンガール 1.10.6 15-12(後方) 34.7
ライトオンキュー 1.10.8 1  1/4 8-5(中団) 35.4
ディメンシオン 1.10.9 1/2 11-9(中団後) 35.3

レース上り:35.8

ラップ分析

1着タイム 後3F Lap1 Lap2 Lap3 Lap4 Lap5 Lap6
今走 1.10.6 35.8 12.2 10.9 11.7 11.9 11.9 12.0
過去平均 1.08.6 34.9 12.0 10.6 11.1 11.5 11.5 11.8
0.9 0.2 0.3 0.6 0.4 0.4 0.2

(※過去平均=同コース同レースの良馬場平均(過去6走))

朝から降り続く雨で馬場は重馬場。

ちなみに札幌競馬場の重馬場は2017年の8月以来。

レースは、走破タイムで2秒、上りは約1秒、例年の良馬場平均よりは遅くなっている。

相当タフな馬場になっていたことは想像に難くないが、ラスト200mのラップは過去平均より0.2秒遅いだけ。

Lap5とLap6の比較で見ると、過去平均は0.3秒かかっているのに対して、今年は0.1秒遅くなっただけ。

札幌の洋芝の重馬場というと、かなりタフなレース展開になったと思いがちだが、実はそれほどでもなかった可能性が高い。

道中のペースは道悪なりの緩いラップを刻んで、上りは道中も直線も、比較的馬場状態がましな外を走ることができた馬が上位を占めた。

逆に道中内、直線も内を通った馬は壊滅的。

もっと言うと外枠以外の馬は壊滅的。

5着までの馬はすべて枠順が外側の5頭で占めた。

道悪適正が求められたレースだったことは当然だが、それ以上に、枠順や道中の位置取りがカギとなったレース。

回顧

1着は5番人気のエイティーンガール。

道中は後方の終始馬場の外目を走って脚とスタミナを温存し、直線も馬場の外目から鋭い脚で差し切った。

もともと道悪はあまり気にしないタイプ。

エイティーンガールの分析

得意の末脚は道悪でもキレた。

 

2着は2番人気のライトオンキュー。

この馬も道悪は歓迎の口。

ライトオンキューの分析

道中は中団。この馬も道中は終始馬場の外を追走。

ただ、上位人気だけに3~4角で動いて行ったライトオンキューは、かなりふくらんだ馬群の大外を走るハメになった。

距離ロスがそこそこあったのではないか?

4角も大外を回って直線に向き、一旦は先頭に立ったが、ゴール前でエイティーンガールに外から差された。

敗因は距離ロスと3キロの斤量差だろう。

 

3着は9番人気のディメンシオン。

道中は中団のうしろあたり。

直線はエイティーンガールと併せ馬の状態で途中まで一緒に伸びて来た。

決して条件が向いていたとは思えないが、枠順と展開、そして最後のエイティーンガールとの併せ馬も、ラストランの闘争心に火をつけたのかもしれない。

ディメンシオンの分析

 

1番人気のダイアトニックは15着に沈んだ。

最内枠という枠順が今回だけは完全に裏目に出た印象。

斤量負けはしない馬だが、この特殊な馬場では58キロの斤量もかなり影響したと思われる。

ダイアトニックの分析

敗け戦で消耗する必要はない。

大負けの15着は、次に向けては好材料。

 

2番人気のフィアーノロマーノは10着

直線の入り口くらいまではそれなりに見せ場も作っていた。

トビが大きな馬なのでこれだけの道悪は応えたのかもしれないが、元来気分屋でムラのある馬。

フィアーノロマーノの分析

最後まで集中できなかったと見る方が正解かも。