結果

第34回 産経賞セントウルS(G2)

中京競馬場 芝1200m 良 17頭

着順 馬名 タイム 着差 位置取り 上がり3F
ダノンスマッシュ 1.07.9 4-4(中団前) 34.1
メイショウグロッケ 1.08.1 1 8-8(中団) 33.7
ミスターメロディ 1.08.1 クビ 5-4(中団前) 34.2

レースの上り:34.9

ラップ分析

1着タイム 後3F Lap1 Lap2 Lap3 Lap4 Lap5 Lap6
今走 1.07.9 34.9 11.8 10.3 10.9 11.4 11.6 11.9
過去平均 1.07.97 34.4 12.0 10.6 11.0 11.1 11.2 12.0
0.5 -0.2 -0.3 -0.1 0.3 0.4 -0.1

 

今年は中京開催の「セントウルS」だったので、過去平均は「高松宮記念(G1)」の良馬場平均5鞍と、「CBC賞(G3)」の良馬場平均5鞍、計10鞍の平均値を対象とした。

前日の雨に加え、当日も午前中は雨が降ったが、レースは良馬場で行われた。

9Rの2勝クラス「知多特別」(芝1400m)の時計の出方を見るかぎり、雨による馬場への影響は極めて限定的だったと思われる。

レースはセイウンコウセイが逃げて、ラブカンプーが競りかける展開で、前半3Fが33.0秒とペースは上がった。

ただ、ハイラップを刻んだのは前の2頭だけで、3番手に控えたビアンフェ以下は、平均的なペースで追走していたと考えていいだろう。

開幕週の馬場だけあって前も止まらず、おまけに道中3番手以下はペースもそれほど上がらなかったことで、中団より前にいないと勝ち負けには加われなかったレース。

レースのレベルとしては、さほど高くはない印象。

回顧

1着は1番人気のダノンスマッシュ。

道中は4番手追走。

ハイペースにはつき合わなかったことで、追走にはそれほど苦労はなかっただろう

直線に入って満を持して追いはじめ、残り200mでしっかり先頭に立つと、そのまま押し切ってゴール。

左回り、そして外枠といった不利に見えた条件も一蹴しての勝利。

ダノンスマッシュの分析

このメンバーでは力が違った。

 

2着は12番人気のメイショウグロッケ。

道中は中団あたり。

直線一気の追い上げで、ゴール前ミスターメロディをクビ差交わして2着に入った。

初めての1200mだったが、この馬の位置ぐらいでは、追走にはさほど戸惑うことはなかっただろう。

メイショウグロッケの分析

フロックとは言わないまでも、レースのレベル自体、あまり高くはない。

 

3着は2番人気のミスターメロディ。

道中はダノンスマッシュを前に見るかたちで追走。

直線では前を交わすかと思われたが、脚色は同じで、ゴール前はメイショウグロッケに差される始末。

休み明けは良くない馬だが、

ミスターメロディの分析

得意の中京開催でもあり、この内容は少し物足りない。

 

3番人気のビアンフェは5着。

セイウンコウセイ、ラブカンプーとやり合うことは避け、無理せず控えて3番手の追走だったが、この位置からなら勝ち負けには加わらないとダメ。

逃げてこその馬なのか? 直線急坂が良くないのか?

ビアンフェの分析

まだまだ課題は多そう。