結果

第56回 金鯱賞(G2)

中京競馬場 芝2000m 良

着順 馬名 タイム 着差 位置取り 上がり3F
サートゥルナーリア 2.01.6 5-5-5-5(中団前) 33.2
サトノソルタス 2.01.9 2 3-3-3-3(先行) 33.8
ダイワキャグニー 2.02.0 3/4 1-1-1-1(逃げ) 34.2

レース上り:33.8

ラップ分析

1着タイム 後3F Lap1 Lap2 Lap3 Lap4 Lap5 Lap6 Lap7 Lap8 Lap9 Lap10
今走 2.01.6 33.8 12.9 11.8 13.2 13.0 12.7 12.4 11.8 11.2 11.1 11.5
過去平均 1.59.4 35.1 12.7 11.0 12.5 12.2 12.0 12.0 11.9 11.8 11.4 11.9

(※過去平均=同コース同レースの良馬場平均(過去6走))

見ての通りの超スロー。

道中13秒台のラップが2度もある、もの凄いスロー。

瞬発力だけが求められたレース。

走破時計の2.01.6は、中京競馬場の改修後では、2018年に稍重馬場で行われた「第54回金鯱賞」と並ぶワーストタイム。

回顧

1着は1番人気のサートゥルナーリア

この馬が一番得意とする展開になった。

瞬発力だけの勝負なら、たとえ58キロの斤量を背負っていても、このメンバーでは負けるはずもない。

 

2着は8番人気のサトノソルタス

前走も同じ舞台でまずまずの走りは見せていた。

今回斤量2キロ増でどうかと思ったが、展開にも恵まれて2着を確保。

 

3着は6番人気のダイワキャグニー

この超スローのラップを刻んだのはこの馬。

輸送がどうかと思っていたが、̟+6キロで問題はなかった様子。

輸送さえクリアーできれば、近走もまずまずの走りをしていただけに、これくらいは走って当然。

 

2番人気のロードマイウェイは10着に沈んだ。

ゲート内でやたらに動いていると思ったら、スタートも一息。おまけに9番ブレスジャーニーに前をカットされる格好で最後方からの競馬になってしまった。

この超スローの展開で、この位置取りではノーチャンス。

6連勝の夢ははかなく消えた。