結果

第54回 報知杯フィリーズレビュー(G2)

阪神競馬場 芝1400m(内)稍重

着順 馬名 タイム 着差 位置取り 上がり3F
エーポス 1.21.0 10-10(中団) 35.1
ヤマカツマーメイド 1.21.2 1  1/4 5-3(先行) 35.9
ナイントゥファイブ 1.21.3 1/2 2-2(先行) 36.2

レース上り:36.0

ラップ分析

1着タイム 後3F Lap1 Lap2 Lap3 Lap4 Lap5 Lap6 Lap7
今走 1.21.0 36.0 12.0 10.4 11.0 11.6 11.5 12.0 12.5
過去平均 1.22.0 35.7 12.2 10.7 11.5 11.9 11.7 11.7 12.3

(※過去平均=同コース同レースの良馬場平均(過去7走))

稍重馬場ながら、過去の良馬場平均より前半で約1.0秒速いラップを刻んだ。

ペースは明らかなハイペース。

ただ、馬場は稍重ながら、内目の芝状態は良さそうで、簡単には前はとまらない。

上位のほとんどが中団より前にいた馬。

位置取りによる有利不利は若干あったかのように思う。

道悪適正と、スピードの持続力、そしてスタミナが問われたレース。

回顧

1着は5番人気のエーポス。

稍重のタフな馬場だが、前は簡単には止まらない展開を、4角10番手から、直線では馬群を縫うようにして伸びて来て、ゴール前見事に差し切った。

エーポスより後ろにいた追い込み勢が軒並み36秒前後の上りしか出せていない中、エーポスのこの35.1秒の上り時計には価値がある。

スタミナ、パワーの絶対値は相当高いのではないか。

ただ、良馬場の上り勝負で、これよりなお速い末脚が出せるか否かは疑問。

本番に向けても、距離に不安があるように思うが・・・。

 

2着は2番人気のヤマカツマーメイド。

ハイペースの先行勢の中にいて、直線もスピードを持続して、残り100mでは先頭に立って勝ちを収めるかに見えたが、土壇場でエーポスの末脚に屈した。

スピード持続系で、上りのかかる展開で浮上。

しかしこの馬も、距離は1400mがベストのような印象。

 

3着は12番人気のナイントゥファイブ。

道中は2番手で、直線もしっかり粘り切った。

人気薄ながら、同じ阪神芝1400m(内)の「未勝利戦」では、今回の自身の走破時計 1.21.3 と同タイムのまずまずの走りを見せていた。

父はスクリーンヒーローで、母父は同じくロベルト系の馬。力の要る馬場を苦にしなかったのもうなずける。

 

1番人気のカリオストロは4着。

果敢に逃げてハイラップを刻んだが、馬場に泣かされた印象。