結果

第61回 アメリカジョッキークラブカップ(G2)

中山競馬場 芝2200m 稍重

着順 馬名 タイム 着差 位置取り 上がり3F
ブラストワンピース 2.15.0 4-4-5-3(中団前) 36.1
ステイフーリッシュ 2.15.2 1  1/4 2-2-3-2(先団) 36.5
ラストドラフト 2.15.5 1  3/4 7-8-7-8(中団後) 36.3

レース上り:36.7

ラップ分析

1着タイム 上り3F Lap1 Lap2 Lap3 Lap4 Lap5 Lap6 Lap7 Lap8 Lap9 Lap10 Lap11
今走 2.15.0 36.7 12.8 12.0 12.9 12.3 12.4 12.0 12.0 11.9 12.1 12.1 12.5
過去平均 2.13.2 35.6 12.6 11.4 12.7 12.4 12.4 12.3 12.1 11.9 11.9 11.6 12.2

(※過去平均=同コース同レースの良馬場平均(過去8走))

開催最終日で稍重馬場という相当タフな馬場状態。

序盤は緩く入ったが、Lap4あたりからは馬場を考えるとそこそこ流れたペースになっている。

しかしその分上りもしっかりかかっていて、道悪適正、スタミナ、パワーが求められるレースとなった。

 回顧

勝ったのはブラストワンピース

道中は中団の前あたりにつけて、4角では3番手。

直線では粘るステイフーリッシュを坂上でしっかり捉えた。

やはりここでは力が上。

 

2着はステイフーリッシュ

しっかり二番手にポジションを取れたのが良かった。

先行していたことで、故障馬の影響をまったく受けなかったのも良かった。

 

3着はラストドラフト

初距離の2200mでも距離はなんとか持った。

道悪もそこそこ走ることも分かった。

しかしそれ以外あまり収穫はない。

 

2番人気のミッキースワローは4着。

故障馬にあおりを受けて外を回らされる不利はあったが、やはりこの馬、道悪ではパフォーマンスは落ちる。