結果

第54回 デイリー杯2歳ステークス(G2)

京都競馬場 芝1600m 良

着順 馬名 タイム 着差 位置取り 上がり3F
レッドベルジュール 1.34.5 10-9(後方) 33.8
ウイングレイテスト 1.34.7 1  1/2 9-9(後方) 34.2
ペールエール 1.34.8 3/4 2-3(先行) 34.9

レース上り:34.8

ラップ分析

1着タイム 上り3F Lap1 Lap2 Lap3 Lap4 Lap5 Lap6 Lap7 Lap8
今走 1.34.5 34.8 12.5 11.0 11.8 12.5 11.9 11.4 11.4 12.0
過去平均 1.34.70 34.5 12.4 11.2 11.9 12.5 12.2 11.8 11.2 11.5

(※過去平均=同コース同レースの良馬場平均(過去7走))

前半は過去平均よりちょっと速いだけのペースだが、レースが動く3角過ぎあたり(Lap5)からのペースが例年よりもそこそこ速い。

先行した馬は特に、スピードの持続力が必要になったレース。

レース回顧

勝ったレッドベルジュールは後方で脚を溜めて、4角ではスッと内に進路を取り、距離のロスなく直線で抜け出し快勝、切れる脚を示した。

後半一気にペースが速くなり、上りが例年よりもかかったこともこの馬に味方した。

2着のウイングレイテストも後方で脚を溜めて、4角はレッドベルジュールと同じような進路を取った。

勝ち馬とは位置取りの差はあったものの、1馬身半はちょっと離され過ぎ。切れ味と言う点では物足りない。

3着のペールエールは道中を先団で追走。レース後半のペースアップにも対応し、4角は外を回して直線へ。

最後もバテることなく2着馬には0.1差。

1番人気を背負い、スピードの持続力という点では一定の力は示せたが、さらに上を目指すなら、2着は死守してほしかった。