2024年6月30日【北九州記念】終了時点までのデータや実際の走りをもとに、ヨシノイースターの好走パターンを分析。(ダート競争は除く)

ヨシノイースターの距離適性

ヨシノイースターはこれまでに芝1600m~芝2200mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1200m(4-4-1-5)
  • 芝1400m(1-2-0-1)

ベストは1200mだろう。

ヨシノイースターの脚質

スタートが決まって先行できれば、前々でしっかりと粘り込むスピードとその持続力は持っている。

パワー、底力もあり、タフな馬場、タフな展開でもしぶとく食らいついてくる。

ただ、スタートがあまりよくないので、出遅れて道中のポジションを下げると、キレがない分勝負にならない。

遅咲きの馬だが、これからひと暴れできるか。

ヨシノイースターのコース適正

ヨシノイースターの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 札幌(未)
  • 函館(未)
  • 福島(1-0-0-0)
  • 新潟(未)
  • 東京(未)
  • 中山(1-0-1-1)
  • 中京(0-1-0-2)
  • 京都(0-0-0-1)
  • 阪神(2-3-0-1)
  • 小倉(1-2-0-1)

ヨシノイースターの持ち時計(ベストタイム)

ヨシノイースターの持ち時計は次の通り;

  • 芝1200m:1.07.1 2着(小倉)
  • 芝1400m:1.20.5 6着(中京)

ガチガチのスピード決着となるとどうか?


ヨシノイースターの重馬場適正

ヨシノイースターの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(2-2-0-2)
  • 重(未)
  • 不良(0-0-0-1)

道悪は苦にしない。

ヨシノイースターの枠順適正

ヨシノイースターの馬番別着度数は;

  • 1~4番(0-1-0-2)
  • 5~9番(0-0-0-2)
  • 10~14番(2-1-1-0)
  • 15~18番(0-1-0-0)

外枠が良いデータだが、これはたまたまだろう。

前に行きたい馬なので、枠も内目が良いはず。

ヨシノイースターの斤量別着度数

  • 55キロ(0-1-0-0)
  • 56キロ(0-0-0-2)
  • 57キロ(1-1-1-2)
  • 58キロ(1-1-0-0)

ヨシノイースターの好走体重

3着以内の体重は;

  • 474~488キロ

ヨシノイースターの血統背景

父はルーラーシップ(ミスプロ系キングマンボ/クイーンエリザベス2世カップ、宝塚記念2着)。

母の父はゼンノロブロイ(サンデー系/秋古馬三冠、日本ダービー2着)。

母方の6代前、Lady Be Good(レイディビーグッド)を祖とする牝系は、世界で多くの重賞勝ち馬を輩出する名門牝系。

日本での活躍馬はキングヘイロー(高松宮記念)。

また、母方にウォーニングの血を持っているあたり、スプリンターとしての素養がうかがえる。

ヨシノイースターの前走

24/6/30 北九州記念(G3・ハンデ)

小倉 芝1200m 稍重

着順:2着(1.08.0・0.1差)

騎手:丸山元気(57キロ)

道中3番手で、4角で2番手に上り、直線でもジワジワと逃げ粘る勝ち馬に迫るが、半馬身まで追いつめたところがゴール。

ここ数戦スタートが決まって好調持続。

前目にさえポジションが取れれば、これくらいのクラスなら善戦できる力がついてきた感じ。

SPの持続力、パワー、底力。

2024年 北九州記念(G3)のラップ分析&回顧