2021年2月7日【東京新聞杯】終了時点までのデータや実際の走りをもとに、トラインの好走パターンを分析。

トラインの距離適性

トラインはこれまでに芝1400m~芝2000mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1400m(0-0-1-0)
  • 芝1600m(3-0-1-8)
  • 芝1800m(1-0-0-0)
  • 芝2000m(0-0-0-1)

折り合いに難があるため、1800m以上は現状ではきつそう。

トラインの脚質

後方、もしくは中団に控えて終いを生かす競馬。

嵌れば強烈な末脚を繰り出す。

一方で、道中の折り合いに不安があり、折り合いを欠くと終いは伸びてこない。

あと、速い上りを繰り出すにはいくつか条件がある感じ(後述)。

トラインのコース適正

トラインの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 札幌(未)
  • 函館(未)
  • 福島(未)
  • 新潟(未)
  • 東京(1-0-1-2)
  • 中山(0-0-0-1)
  • 中京(1-0-0-1)
  • 京都(2-0-1-2)
  • 阪神(0-0-0-3)
  • 小倉(未)

京都、阪神はすべて外回りコース。中山の1鞍は決勝戦手前で競走中止。なので、直線の短い競馬場はまだ走っていない。

長い直線を一杯に使って加速してくるタイプか。

トラインの持ち時計(ベストタイム)

トラインの持ち時計は次の通り;

  • 芝1400m:1.21.5 3着(京都)
  • 芝1600m:1.32.6 1着(京都)
  • 芝1800m:1.50.1 1着(京都)

千六の時計は3勝クラスでのもの。

トラインの重馬場適正

トラインの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(0-0-0-1)
  • 重(未)
  • 不良(未)

頭の低いストライド走法のように見える。

だとすると道悪は苦手か。


トラインの鉄砲実績(休み明け)

トラインの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(2-0-0-4)

叩いてからは;

  • 2戦目(1-0-2-1)
  • 3戦目(0-0-0-2)
  • 4戦目(0-0-0-1)
  • 5戦目~(未)

比較的フレッシュな状態が走りごろ?

トラインの枠順適正

トラインの枠番別着度数は;

  • 1~4番(0-0-1-3)
  • 5~9番(2-0-0-5)
  • 10~14番(1-0-0-1)
  • 15~18番(1-0-1-1)

この馬、6番ゲートより内(6番含む)では(0-0-1-6)。

連対しているほとんどのレースが4角は大外を回して直線に向いている。

揉まれ弱い面があるのかもしれない。

トラインの季節別着度数

  • 12~2月(冬):(1-0-0-5)
  • 3~5月(春):(1-0-0-1)
  • 6~8月(夏):(0-0-1-0)
  • 9~11月(秋):(2-0-1-3)

トラインの斤量別着度数

  • 55キロ(2-0-1-1)
  • 56キロ(1-0-0-4)
  • 57キロ(1-0-1-4)

トラインの好走体重

3着以内の体重は;

  • 448~464キロ

トラインの血統背景

父はディープインパクト(サンデー系)。

母の父はキングマンボ(ミスプロ系)。

トラインの評価

3走前の3勝クラス「キタサンブラックメモリアル」では、後方一気の追い込みで快勝。走破時計は1.32.8で、前週のG2「富士S」の1.33.4を大きく上回った。

嵌ればえげつない末脚を繰り出すが、道中折り合いを欠いてしまうと終いの威力は半減する。

戦績にムラがあるのはそのため。

狙いどころが難しい。

トラインの前走

21/2/7 東京新聞杯(G3)

東京 芝1600m 良

着順:5着(1.32.8・0.4差)

騎手:横山典弘(56キロ)

3枠5番から先行策に出る。道中は4番手。

4角は4番手から進路を内に取ったが、終いのキレは今一歩。

先行策では脚が溜まらないか?

直線で進路を内に取ったのも影響したかもしれない。

2021年 東京新聞杯(G3)のラップ分析&回顧

トラインの次走

次走は2月28日(日)、阪神競馬場 芝1400m(内)で行われる「阪急杯(G3)」。

内回りコースは「競争中止」となった2017年の「ホープフルS」以来2度目。

あまり合っているようには思えないが・・・。

 

その他、阪急杯(G3)の出走馬を分析

 

 



関連記事(一部広告を含む)