2020年3月8日【大阪城S】終了時点までのデータをもとに、タニノフランケルの好走パターンを分析。(ダートは除く)

タニノフランケルの距離適性

タニノフランケルはこれまでに芝1800m~芝2200mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1800m(1-2-1-2)
  • 芝2000m(3-0-1-8)
  • 芝2200m(0-0-1-2)

ベストは1800m。2000mはギリギリ。

タニノフランケルの脚質

「逃げ」、「先行」が好走パターンだが、スローペースと言う条件がつく。

タニノフランケルのコース適正

タニノフランケルの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 福島(0-0-0-1)
  • 新潟(0-1-0-0)
  • 東京(0-0-1-0)
  • 中山(0-0-2-2)
  • 中京(0-0-0-2)
  • 京都(1-0-0-2)
  • 阪神(2-0-0-3)
  • 小倉(1-1-0-2)

連対しているほどんどのコースが内回り、もしくは小回りと言った直線の短いコース。

直線が長くなれば、前々で粘り切ることが難しくなるのだろう。

タニノフランケルの持ち時計(ベストタイム)

タニノフランケルの持ち時計は次の通り;

  • 芝1800m:1.45.4 1着(-0.7差・小倉)
  • 芝2000m:1.58.9 4着(0.1差・小倉)
  • 芝2200m:2.12.6 17着(1.6差・京都)

特出した時計はない。

そもそも速いペースには対応が難しい。

タニノフランケルの重馬場適正

タニノフランケルの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(0-1-0-3)
  • 重(2-0-0-0)
  • 不良(0-0-1-0)

道悪の好走はすべて下級条件でのもの。

OPに昇格している今現在では、道悪ではあまり期待はもてない。

タニノフランケルの枠順適正

前に行きたい馬なので、枠順はとにかく内側がベスト。

タニノフランケルの鉄砲実績(休み明け)

タニノフランケルの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(1-0-2-2)

叩いてからは;

  • 2戦目(0-1-0-4)
  • 3戦目(2-0-0-3)
  • 4戦目(0-0-0-2)

どちらかと言えば叩き良化型か。

タニノフランケルと斤量

この馬はとにかく斤量負けする。

斤量が55キロまでなら(3-2-2-6)

だが、

55キロを超えると(1-0-1-5)

この1、3着はどれも下級条件でのもの。

タニノフランケルの評価

適距離は芝1800m、2000m。

どちらかと言えば1800mの方が良いと思う。

ペースはとにかくスローが良い。

斤量が55キロ以下で、距離が1800m、そして内枠に入ってくれば狙い目となる。

道悪や荒れた馬場は、あまりこなせないのではないか・・・と思う。

タニノフランケルの次走

次走は8月16日 小倉競馬場 芝2000mで行われる「小倉記念(G3・ハンデ)」。

ハンデは55キロ。

昨年は0.1差の4着に入ったレースだけにまったくの軽視は禁物。

前走はダートで刺激を入れているだけに、内枠に入ってすんなり先手が取れれば・・・。

 

その他、小倉記念の出走馬を分析