2020年4月19日【福島民報杯】終了時点までのデータをもとに、マイネルサーパスの好走パターンを分析。

マイネルサーパスの距離適性

マイネルサーパスはこれまでに芝1600m~芝2400mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1600m(0-1-0-1)
  • 芝1800m(2-1-1-1)
  • 芝2000m(2-1-0-4)
  • 芝2400m(0-0-0-1)

ベストは1800m~2000mあたり。

1600mはちょっと忙しそう。

マイネルサーパスの脚質

道中の位置取りは中団あたり。

そこから直線はスピードに乗って、34秒台の上りで押し切るスピード持続型で、切れる脚はない。

上りが速くなると置かれてしまうが、レースの上りが34秒中盤なら勝負になる。

上りがかかると尚良い。

マイネルサーパスのコース適正

マイネルサーパスの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 福島(2-1-0-0)
  • 新潟(0-1-0-0)
  • 東京(1-1-0-3)
  • 中山(0-0-1-1)
  • 中京(0-0-0-1)
  • 京都(1-0-0-0)
  • 阪神(0-0-0-2)

上りが速くなりにくい内回り、小回りの方がレースはしやすいだろう。

直線に急坂があるコースでは、中山の未勝利戦で0.5差の3着があるだけ。

急坂はあまり好きではない?

マイネルサーパスの持ち時計(ベストタイム)

マイネルサーパスの持ち時計は次の通り;

  • 芝1600m:1.35.7 10着(1.8差・阪神)
  • 芝1800m:1.46.2 1着(ハナ差・福島)※レコード
  • 芝2000m:1.59.0 9着(0.7差・東京)
  • 芝2400m:2.24.2 11着(1.6差・東京)

芝1800mの時計は2歳の1クラス「きんもくせい特別」で計時したもので、レコードを記録した。

マイネルサーパスはスピード持続力に優れているので、速い時計の結着でもしっかり対応はできる。

ただ、上りが速くなると、どうしても後手を踏む。

レコード記録レース「きんもくせい特別」のレースの上りは35.3秒。

マイネルサーパスの重馬場適正

マイネルサーパスの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(0-0-1-0)
  • 重(1-0-0-0)
  • 不良(0-1-0-0)

マイネルサーパスはパワーのある馬なので、道悪はこなす。

マイネルサーパスの鉄砲実績(休み明け)

マイネルサーパスの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(0-0-0-2)

データ的にはあまりよくない。

マイネルサーパスの血統背景

父はアイルハヴアナザー(ミスプロ系フォーティーナイナー)、母は芝の中距離で1000万条件まで勝ち上がったマイネアクティース、そして母の父がタマモクロス。

5代血統内のクロスは;

  • ミスプロ 6.25% 5+5 (父方)
  • ダンチヒ 6.25% 5+5 (父方)

距離適性は母方から、パワーやスタミナを父方から受け継いでいる印象。

マイネルサーパスの評価

脚質的にはスピード持続型で、切れる脚はない。

レースの上りが34秒前後だと苦戦を強いられる一方、上りが34.5秒を超えてくるとしぶとく上位に食い込んで来る。

道悪もそこそここなせる。

マイネルサーパスの近走

19/12/7 中日新聞杯(G3・ハンデ)16頭立て

中京 芝2000m 良

着順:7着(1.59.7 0.5差)

騎手:丹内祐次(55キロ)

大外16番からのスタートで、中団につけるが、道中終始外々を回り、4角も外を回って直線に入った。

手応えは良さそうに見えたが、残り200mを超えたあたりから伸びを欠いてしまった。

おそらく道中の距離ロスが効いていたと思う。

20/1/5 中山金杯(G3・ハンデ)17頭立て

中山 芝2000m 良

着順:6着(1.59.8 0.3差)

騎手:丹内祐次(55キロ)

またしても外枠の16番から中団につける。

今回はうまく内に入り込み距離ロスを防いでいた。

直線も伸びては来ているが0.3差の6着。

古馬混合の重賞はこれで2戦目。まあ、頑張って走っている方だと思う。

20/2/1 白富士S(L)14頭立て

東京 芝2000m 良

着順:2着(1.59.2 0.1差)

騎手:丹内祐次(56キロ)

7枠12番からいつものように中団につける。

4角は外を回って、直線は残り100mくらいで、失速する先団を尻目に抜け出してくる。

先行争いで前傾ラップになり、ラスト100mで先団が失速する展開。

展開にも恵まれたが、OP特別ならそこそこやれる。

20/3/8 大阪城S(L・ハンデ)

阪神 芝1800m(外) 稍重 16頭

着順:6着(1.47.5・0.6差)

騎手:丹内祐次(56キロ)

道中は中団8番手あたり。

直線も伸びては来ているが、上位に食い込めるような脚は使えなかった。

直線急坂のコースではいつもこのような着順、着差。

20/4/19 福島民報杯(L・ハンデ)

福島 芝2000m 重 16頭

着順:1着(2.01.8・-0.2差)

騎手:国分優作(56キロ)

道中は中団のやや後ろ。

3角を過ぎて、ムチを入れながらグングン順位を上げて行って4角では5番手。

直線も馬場の外目を力強い伸び脚で抜けてきてゴール。

レースの上りが37.7秒というもの凄い消耗戦。

馬場も含めて、この馬の最も得意とする展開になった。

マイネルサーパスの次走

次走は福島競馬場、芝2000mで行われる「七夕賞(G3・ハンデ)」。

距離、コースともに適条件。

ハンデも56.5キロとやや抑えられた格好。

気になるのは休み明けがイマイチと言うデータだけだが、中11週ならそれほどでもないか?