2021年9月12日【セントウルS】終了時点までのデータをもとに、タイセイビジョンの好走パターンを分析。

タイセイビジョンの距離適性

タイセイビジョンはこれまでに芝1200m~芝1600mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1200m(0-1-0-2)
  • 芝1400m(2-0-0-1)
  • 芝1600m(1-1-0-4)

1600mへの出走が多いが、古馬になってからの印象では、1600mは基本的に長いと思う。

現状で1200~1400mなら、スタート五分ならOPクラスでもそこそこやれそう。

タイセイビジョンの脚質

中団~前目にポジションを取って、終いを伸ばしてくる競馬。

終いの脚は良いものを持ってはいるが、スローの瞬発力勝負よりは、締まった流れで繰り出す末脚の方が魅力がある。

タイセイビジョンのコース適正

タイセイビジョンの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 函館(0-1-0-0)
  • 東京(1-0-0-3)
  • 中京(0-0-0-2)
  • 阪神(2-1-0-1)
  • 小倉(0-0-0-1)

タイセイビジョンの持ち時計(ベストタイム)

タイセイビジョンの持ち時計は次の通り;

  • 芝1200m:1.06.3 4着(小倉)
  • 芝1400m:1.20.5 12着(東京)
  • 芝1600m:1.32.8 4着(東京)

2歳重賞では1400mでレコードを計時したこともある。

古馬になってからはレコード結着の「CBC賞」に0.3差の4着。しかしこれはトップハンデでもあり、直線で不利もあった。

タイセイビジョンの重馬場適正

タイセイビジョンの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(1-0-0-0)

現状では稍重まで。


タイセイビジョンの鉄砲実績(休み明け)

タイセイビジョンの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(2-0-0-3)

叩いてからは;

  • 2戦目(0-1-0-3)
  • 3戦目(0-0-0-1)
  • 4戦目(未)
  • 5戦目~(未)

タイセイビジョンの枠順適正

タイセイビジョンの枠番別着度数は;

  • 1~4番(1-0-0-3)
  • 5~9番(2-2-0-1)
  • 10~14番(0-0-0-3)
  • 15~18番(未)

タイセイビジョンの季節別着度数

  • 12~2月(冬):(0-1-0-1)
  • 3~5月(春):(1-0-0-2)
  • 6~8月(夏):(1-1-0-1)
  • 9~11月(秋):(1-0-0-3)

タイセイビジョンの斤量別着度数

  • 54キロ(1-1-0-1)
  • 55キロ(1-1-0-0)
  • 56キロ(1-0-0-4)
  • 57キロ(0-0-0-2)

タイセイビジョンの好走体重

3着以内の体重は;

  • 454~474キロ

タイセイビジョンの血統背景

父はタートルボウル(ノーザンダンサー系)。

タートルボウルは欧州で走り、マイルG1を1勝。

母の父はスペシャルウィーク(サンデー系)。

スペシャルウィークは1998年の「日本ダービー」他、G1をトータル4勝。

近親にダートG1を4勝したユートピア

タイセイビジョンの近走

19/6/2 2歳新馬 11頭立て

阪神 芝1400m 良

着順:1着(1.23.0 -0.4差)

騎手:石橋脩(54キロ)

中団から捲って行って4角では外から先頭に並びかける。

直線は坂下で先頭に立ち、坂で後続を突き放した。

この日は若干時計のかかる馬場。

スピード持続力とパワーの一端を示したレース。

19/7/21 函館2歳S(G3)16頭立て

函館 芝1200m 良

着順:2着(1.09.5 0.3差)

騎手:ルメール(54キロ)

少し出遅れて後方から。

4角は内をついて直線に出るが、ちょっと窮屈。

進路が開いてからはズバッと伸びた。

千二のペースはちょっと忙しそう。

しかし終いのキレは鋭い。

19/11/2 京王杯2歳S(G2)10頭立て

東京 芝1400m 良

着順:1着(1.20.8 -0.3差)※レコード

騎手:ルメール(55キロ)

中団後ろくらいから、途中かかる場面も見られたがなんとかなだめる。

直線を向くと、残り200mで先頭を捉え、あとは並ぶ間もなく交わし去った。

あらためて、終いのキレは鋭い。

19/12/15 朝日杯FS(G1)16頭立て

阪神 芝1600m 良

着順:2着(1.33.4 0.4差)

騎手:武豊(54キロ)

五分のスタートから控えて中団の後ろ。

ペースはかなり流れて、4角では順位を若干押し上げて、外目から直線へ。

直線は先に抜け出しているサリオスを懸命に追うが、差は詰まらず0.4差の2着。

速いペースで、後方からの差しが決まらないのだから、道中3番手で押し切ったサリオスは間違いなく強い。

しかしタイセイビジョンも終いだけの馬ではない。

スタートも悪くなかっただけに、もう少し前目で競馬をしていたら、結果もまた違ったかもしれない。

20/4/18 アーリントンカップ(G3)

阪神 芝1600m 稍重 12頭

着順:1着(1.34.3・-0.3差)

騎手:石橋脩(56キロ)

道中は後方で脚を溜めて、直線は最内を突いて抜け出した。

稍重、ハイペースもなんのその。

どんな馬場でも、確実に繰り出せるこの馬の末脚は大きな武器。

2020年 アーリントンカップ(G3)のラップ分析&回顧

20/5/10 NHKマイルC(G1)

東京 芝1600m 良

着順:4着(1.32.8・0.3差/2番人気)

騎手:石橋脩(57キロ)

これまでとは違って道中は3番手だが、ペースは今まで戦ったマイル戦の中では一番緩かった。

そのためか、序盤は少し行きたがる。

3角では他馬との接触もあったようで、それらのことが重なって最後の末脚を鈍らせたのかもしれない。

中2週の競馬で、馬体重も-6キロ。

遠征競馬でもあり、ここら辺が応えた可能性もある。

2020年 NHKマイルC(G1)のラップ分析&回顧

20/10/24 富士S(G2)

東京 芝1600m 良

着順:5着(1.34.0・0.6差)

騎手:石橋脩(54キロ)

道中は中団あたりで折り合いはついていた感じ。

4角は4番手で直線に向き、直線は馬場の内目から追い上げたが、終いの脚はイマイチ。

休み明け、緩い馬場も応えたか?

2020年 富士S(G2)のラップ分析&回顧

20/11/22 マイルCS(G1)

阪神 芝1600m(外)

着順:14着(1.33.2・1.2差)

騎手:石橋脩(56キロ)

道中は中団で折り合いはついた、

4角は8番手で直線に向くが、直線ではサッパリ脚が出ない。

中盤が緩やかなラップを刻んでラスト3Fが速くなった。

レースの上りが33.5秒。

こう言う展開だとここまで負けるのか?

2020年 マイルCS(G1)のラップ分析&回顧

21/1/5 京都金杯(G3・ハンデ)

中京 芝1600m 良

着順:4着(1.33.4・0.3差)

騎手:石橋脩(56キロ)

道中は3番手。

4角も3番手で直線に向き、直線はジワジワと伸びてはくるが4着まで。

どうしてもスローの流れではこういう惜しい競馬を繰り返してしまう。

2021年 京都金杯(G3)のラップ分析&回顧

21/5/15 京王杯SC(G2)

東京 芝1400m 良

着順:12着(1.20.5・0.7差)

騎手:ルメール(56キロ)

外枠14番から道中は後方。

4角も12番手で直線に向くが、良い脚は出せずに12着。

意識的に後ろからの競馬をしたようだが、この馬の持ち味はそういうキレではないと思うが。

2021年 京王杯スプリングC(G2)のラップ分析&回顧

21/7/4 CBC賞(G3・ハンデ)

小倉 芝1200m 良

着順:4着(1.06.3・0.3差)

騎手:川田将雅(57キロ)

1枠1番から道中は中団のやや後ろ、8番手の内。

4角も8番手の内で直線に向き、直線は馬場の内目から追い上げてくるが、残り100mあたりでヨカヨカが内に切れ込んできてブレーキ。

再度立て直すが4着まで。

あの不利がなければ2着は脅かしていただろう。

トップハンデの57キロでこの競馬。

この馬も久々の千二だったが、スプリント適正は高そう。

2021年 CBC賞(G3)のラップ分析&回顧

21/9/12 セントウルS(G2)

中京 芝1200m 良

着順:7着(1.07.7・0.5差)

騎手:石橋脩(56キロ)

出遅れがあって道中は後方15番手から。

4角も最後方に近い15番手で直線に向き、直線も自慢の末脚で追い込んでは来るが、0.5差の7着が精一杯。

開幕週であの位置からだと勝負にならない。

2021年 セントウルS(G2)のラップ分析&回顧

次走、スプリンターズS(G1)に向けて

次走は10月3日(日)、中山競馬場 芝1200mで行われる「スプリンターズS(G1)」。

2走前、トップハンデでのあの競馬がどうしても気になる。

この距離でスタート五分なら、このクラスでもそこそこやれていいはずだが・・・。



 

関連記事(一部広告を含む)