2022年7月3日【CBC賞】終了時点までのデータや実際の走りをもとに、テイエムスパーダの好走パターンを分析。

テイエムスパーダの距離適性

テイエムスパーダはこれまでに芝1200m~芝1400mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1200m(4-1-0-1)
  • 芝1400m(0-0-0-1)

現状では千二が適距離。

テイエムスパーダの脚質

逃げ、先行脚質。

千二では前につけて凡走したのは、休み明けの-14キロの「葵S」だけ。

2022年の「CBC賞(G3)」では1.05.8のレコードタイムを計時。

スピード能力の高さを証明する結果となったが、斤量は48キロ。

ここまで、前につける競馬てまだ底を見せてはいないが、本当の力に関してはまだよく分からないというのが実際のところ。

テイエムスパーダのコース適正

テイエムスパーダの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 札幌(未)
  • 函館(未)
  • 福島(未)
  • 新潟(未)
  • 東京(未)
  • 中山(未)
  • 中京(0-0-0-1)
  • 京都(未)
  • 阪神(1-0-0-1)
  • 小倉(3-1-0-0)

小倉は好きそう。

テイエムスパーダの持ち時計(ベストタイム)

テイエムスパーダの持ち時計は次の通り;

  • 芝1200m:1.05.8 1着(小倉)※レコード
  • 芝1400m:1.21.8 13着(阪神)

千二の時計は2022年の「CBC賞(G3)」で計時。ハンデは48キロ。

テイエムスパーダの重馬場適正

テイエムスパーダの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(1-0-0-0)
  • 重(未)
  • 不良(0-1-0-0)

道悪は好きそう。


テイエムスパーダの鉄砲実績(休み明け)

テイエムスパーダの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(1-0-0-1)

叩いてからは;

  • 2戦目(1-0-0-1)
  • 3戦目(1-0-0-0)
  • 4戦目(未)
  • 5戦目~(未)

テイエムスパーダのローテーション適正

  • 連闘(未)
  • 中1~2週(2-0-0-1)
  • 中3~5週(0-1-0-0)
  • 中6~8週(未)

テイエムスパーダの枠順適正

テイエムスパーダの馬番別着度数は;

  • 1~4番(2-1-0-1)
  • 5~9番(1-0-0-1)
  • 10~14番(1-0-0-0)
  • 15~18番(未)

テイエムスパーダの斤量別着度数

  • 48キロ(1-0-0-0)
  • 52キロ(1-0-0-0)
  • 54キロ(2-1-0-2)

テイエムスパーダの季節別着度数

  • 12~2月(冬):(1-0-0-0)
  • 3~5月(春):(0-0-0-2)
  • 6~8月(夏):(3-1-0-0)
  • 9~11月(秋):(未)

夏は好きそう。


テイエムスパーダの好走体重

3着以内の体重は;

  • 484~494キロ

テイエムスパーダの血統背景

父はレッドスパーダ(ヘイロー系/NHKマイルC 2着、東京新聞杯、関屋記念、京王杯SC)。

母の父はアドマイヤコジーン(ナスルーラ系グレイソヴリン/朝日杯3歳S、安田記念)。

テイエムスパーダの前走

22/7/3 CBC賞(G3・ハンデ)

小倉 芝1200m 良

着順:1着(1.05.8・-0.6差)※レコード

騎手:今村聖奈(48キロ)

3枠5番からハナへ。

前半600mを31.8秒のハイラップで通過すると、4角も後続に2馬身ほどの差をつけて直線。

直線も後続に影を踏ませない快走でゴール。

2着のタイセイビジョンには3馬身半の差をつけて、走破タイムも1.05.8のレコード。

鞍上の今村聖奈騎手は重賞初騎乗で初勝利。

人馬ともにアッパレの内容だが、このハンデは今回限りだろうから、次走が正念場になる。

2022年 CBC賞(G3)のラップ分析&回顧