2022年11月27日【京阪杯】終了時点までのデータや実際の走りをもとに、テイエムスパーダの好走パターンを分析。

テイエムスパーダの距離適性

テイエムスパーダはこれまでに芝1200m~芝1400mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1200m(4-1-0-4)
  • 芝1400m(0-0-0-1)

現状では千二が適距離。

テイエムスパーダの脚質

逃げ、先行脚質。

2022年の「CBC賞(G3)」では、格上挑戦ながら1.05.8のレコードタイムで優勝。

スピード能力の高さを証明する結果となったが、斤量は48キロ。

現状で、古馬OPクラスの力があるかどうかはちょっと懐疑的。

テイエムスパーダのコース適正

テイエムスパーダの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 札幌(未)
  • 函館(未)
  • 福島(未)
  • 新潟(未)
  • 東京(未)
  • 中山(0-0-0-1)
  • 中京(0-0-0-1)
  • 京都(未)
  • 阪神(1-0-0-2)
  • 小倉(3-1-0-1)

小倉は好きそう。

テイエムスパーダの持ち時計(ベストタイム)

テイエムスパーダの持ち時計は次の通り;

  • 芝1200m:1.05.8 1着(小倉)※レコード
  • 芝1400m:1.21.8 13着(阪神)

千二の時計は2022年の「CBC賞(G3)」で計時。ハンデは48キロ。

テイエムスパーダの重馬場適正

テイエムスパーダの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(1-0-0-0)
  • 重(未)
  • 不良(0-1-0-0)

道悪は好きそう。


テイエムスパーダの鉄砲実績(休み明け)

テイエムスパーダの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(1-0-0-1)

叩いてからは;

  • 2戦目(1-0-0-1)
  • 3戦目(1-0-0-0)
  • 4戦目(0-0-0-1)
  • 5戦目~(0-0-0-2)

テイエムスパーダのローテーション適正

  • 連闘(未)
  • 中1~2週(2-0-0-1)
  • 中3~5週(0-1-0-1)
  • 中6~8週(0-0-0-2)

テイエムスパーダの枠順適正

テイエムスパーダの馬番別着度数は;

  • 1~4番(2-1-0-3)
  • 5~9番(1-0-0-2)
  • 10~14番(1-0-0-0)
  • 15~18番(未)

テイエムスパーダの斤量別着度数

  • 48キロ(1-0-0-0)
  • 51キロ(0-0-0-1)
  • 52キロ(1-0-0-0)
  • 53キロ(0-0-0-2)
  • 54キロ(2-1-0-2)

テイエムスパーダの季節別着度数

  • 12~2月(冬):(1-0-0-0)
  • 3~5月(春):(0-0-0-2)
  • 6~8月(夏):(3-1-0-1)
  • 9~11月(秋):(0-0-0-2)

夏は好きそう。


テイエムスパーダの好走体重

3着以内の体重は;

  • 484~494キロ

テイエムスパーダの血統背景

父はレッドスパーダ(ヘイロー系/NHKマイルC 2着、東京新聞杯、関屋記念、京王杯SC)。

母の父はアドマイヤコジーン(ナスルーラ系グレイソヴリン/朝日杯3歳S、安田記念)。

テイエムスパーダの近走

22/7/3 CBC賞(G3・ハンデ)

小倉 芝1200m 良

着順:1着(1.05.8・-0.6差)※レコード

騎手:今村聖奈(48キロ)

3枠5番からハナへ。

前半600mを31.8秒のハイラップで通過すると、4角も後続に2馬身ほどの差をつけて直線。

直線も後続に影を踏ませない快走でゴール。

2着のタイセイビジョンには3馬身半の差をつけて、走破タイムも1.05.8のレコード。

鞍上の今村聖奈騎手は重賞初騎乗で初勝利。

人馬ともにアッパレの内容だが、このハンデは今回限りだろうから、次走が正念場になる。

2022年 CBC賞(G3)のラップ分析&回顧

22/8/21 北九州記念(G3・ハンデ)

小倉 芝1200m 良

着順:7着(1.07.4・0.5差)

騎手:国分恭介(51キロ)

【レース前寸評】

斤量が3キロ増えてどうかだが、小倉コースとは好相性。

前々から残ってくる可能性は高い。

【結果】

2枠4番から、前走と同じく逃げの手に出る。

4角も後続に1馬身に差をつけて直線に向き、直線は馬場の3分どころに進路を取って粘り込みを計るが、残り200mでボンボヤージに交わされると、残り100mで後続に呑み込まれた。

前走は斤量が3キロ軽かった。

単純計算で、0.2×3キロ=0.6秒。

斤量48キロなら0.1差で勝ち切っている計算。

まあ、稍重あけの馬場状態など、実際はそう簡単ではなかったのだろうが、しかしまあ、そういうことだと思う。

2022年 北九州記念(G3)のラップ分析&回顧

22/10/2 スプリンターズS(G1)

中山 芝1200m(外)良

着順:15着(1.08.8・1.0差)

騎手:国分恭介(53キロ)

【レース前寸評】

ここではまだ厳しそう。

【結果】

1枠1番から、スタート出遅れるも、二の脚でハナを奪う。

前半600mの通過が32.7秒と速めのラップを刻み、4角も先頭で直線。

直線は早々にジャンダルムに交わされるも、坂の途中あたりまではなんとか食い下がっていたが、坂の途中で力尽きた。

スタートで脚を使ってしまったのは痛かったが、それがなくても掲示板さえ微妙、といったところか。

2022年 スプリンターズS(G1)のラップ分析&回顧

22/11/27 京阪杯(G3)

阪神 芝1200m(内)良

着順:6着(1.08.0・0.8差)

騎手:今村聖奈(53キロ)

【レース前寸評】

斤量53キロでは信用し辛い。

【結果】

道中は先団3番手。

4角も3番手で直線に向くが、直線では伸びを欠いた。

スタート直後に内の馬とぶつかったような感じでハナを切ることができなかった。

ただ、それがなくても、大勢に影響はなかったような印象。

2022年 京阪杯(G3)のラップ分析&回顧