2022年7月24日【中京記念】終了時点までのデータや実際の走りをもとに、スーパーフェザーの好走パターンを分析。(ダート競争は除く)

スーパーフェザーの距離適性

スーパーフェザーはこれまでに芝1400m~芝2400mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1400m(0-0-0-1)
  • 芝1600m(0-0-0-2)
  • 芝1800m(2-0-2-8)
  • 芝2000m(1-1-1-4)
  • 芝2200m(0-0-1-0)
  • 芝2400m(1-2-1-0)

現在は中距離で安定してきたが、3歳時は「青葉賞」で3着に食い込む好走歴もあり、中距離以上も捨てきれない。

スーパーフェザーの脚質

スタートがあまり速くはない馬なので、序盤後方から、中盤でポジションを上げて中団あたりに進出して、直線で差し切るマクリ気味の戦術が有効。

かなり長く良い脚を使えるSP持続型。

反面、スローの上り勝負になると後手を踏むことも。

6歳後半から力をつけてきた印象の晩成傾向馬。

出走頭数と枠順に厄介な傾向がある。

スーパーフェザーのコース適正

スーパーフェザーの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 札幌(未)
  • 函館(未)
  • 福島(未)
  • 新潟(1-0-0-1)
  • 東京(0-2-2-0)
  • 中山(未)
  • 中京(0-0-0-1)
  • 京都(1-0-1-3)
  • 阪神(2-1-0-5)
  • 小倉(0-1-2-6)

コースによる巧拙はあまりなさそう。

スーパーフェザーの持ち時計(ベストタイム)

スーパーフェザーの持ち時計は次の通り;

  • 芝1400m:1.22.6 9着(阪神)
  • 芝1600m:1.34.1 5着(新潟)
  • 芝1800m:1.45.0 1着(阪神)
  • 芝2000m:2.00.2 3着(小倉)
  • 芝2200m:2.14.9 3着(京都)
  • 芝2400m:2.24.7 3着(東京)

1800mの時計は3勝クラスで計時。これは速い。

スーパーフェザーの重馬場適正

スーパーフェザーの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(1-1-1-3)
  • 重(1-0-1-1)
  • 不良(未)

道悪自体は気にしない感じ。


スーパーフェザーの鉄砲実績(休み明け)

スーパーフェザーの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(0-2-2-5)

叩いてからは;

  • 2戦目(1-1-2-4)
  • 3戦目(1-0-0-4)
  • 4戦目(1-0-1-1)
  • 5戦目~(0-0-0-1)

スーパーフェザーのローテーション適正

  • 連闘(未)
  • 中1~2週(1-1-1-4)
  • 中3~5週(0-0-2-5)
  • 中6~8週(2-0-0-1)

スーパーフェザーの枠順適正

スーパーフェザーの馬番別着度数は;

  • 1~4番(2-1-1-9)
  • 5~9番(1-1-2-3)
  • 10~14番(1-1-2-2)
  • 15~18番(0-0-0-1)

スーパーフェザーの頭数別着度数

スーパーフェザーの走りに出走頭数の多い少いは影響しているか?

  • 8頭以下(2-1-1-0)
  • 9~13頭(1-2-3-10)
  • 14頭以上(1-0-1-15)

内目の枠で好走しているレースは全て小頭数。

多頭数での好走はすべて外目の枠。

基本的に多頭数は苦手っぽい。

スーパーフェザーの斤量別着度数

  • 53キロ(0-0-1-0)
  • 54キロ(0-1-0-3)
  • 55キロ(1-0-1-2)
  • 56キロ(1-1-1-5)
  • 57キロ(2-1-2-5)

スーパーフェザーの季節別着度数

  • 12~2月(冬):(1-1-0-5)
  • 3~5月(春):(2-1-1-4)
  • 6~8月(夏):(0-0-3-4)
  • 9~11月(秋):(1-1-1-1)

スーパーフェザーの好走体重

3着以内の体重は;

  • 470~482キロ

スーパーフェザーの血統背景

父はディープインパクト(サンデー系/牡馬三冠、春天、宝塚記念、ジャパンカップ、有馬記念)。

父は オーサムオブコース(ND系ヴァイスリージェント)。

オーサムオブコースは米国で走り5勝を挙げた競走馬だが、主だった成績は分からない。

母方の4代前、クイル(Quill)を祖とする牝系は、多くの重賞ウイナーを輩出する名門牝系。

近親にはハナズゴール(オールエイジドステークス)、シルクフェイマス(日経新春杯、京都記念、アメリカJCC)など。

次走、小倉記念(G3)に向けて

次走は8月14日(日)、小倉競馬場 芝2000mで行われる「小倉記念(G3・ハンデ)」。

ハンデは54キロ。

フルゲート18頭の重賞では狙い辛い。

 

⇒その他、小倉記念(G3)の出走馬を分析