ステイゴールド産駒の大まかな傾向、突出したデータを紹介。

データ抽出期間:2015/1/4~2019/12/28(5年間)

ステイゴールド産駒 距離適性(芝)

距離 着別度数 勝率 連対率 複勝率
1000m    0-   0-   1-  18/  19 0.00% 0.00% 5.30%
1200m   20-  12-  21- 251/ 304 6.60% 10.50% 17.40%
1400m   27-  23-  22- 244/ 316 8.50% 15.80% 22.80%
1500m    2-   2-   1-  17/  22 9.10% 18.20% 22.70%
1600m   61-  47-  59- 530/ 697 8.80% 15.50% 24.00%
1700m    0-   0-   0-   2/   2 0.00% 0.00% 0.00%
1800m   87-  98-  97- 802/1084 8.00% 17.10% 26.00%
2000m  128- 111- 114-1012/1365 9.40% 17.50% 25.90%
2200m   34-  35-  46- 276/ 391 8.70% 17.60% 29.40%
2300m    0-   3-   0-   7/  10 0.00% 30.00% 30.00%
2400m   46-  40-  33- 280/ 399 11.50% 21.60% 29.80%
2500m   12-  14-  11-  77/ 114 10.50% 22.80% 32.50%
2600m   20-  18-  17- 137/ 192 10.40% 19.80% 28.60%
3000m    2-   2-   0-  15/  19 10.50% 21.10% 21.10%
3200m    2-   0-   1-   4/   7 28.60% 28.60% 42.90%
3400m    1-   0-   0-   3/   4 25.00% 25.00% 25.00%
3600m    0-   0-   1-   8/   9 0.00% 0.00% 11.10%

 

比較対象としての全馬平均

距離 着別度数 勝率 連対率 複勝率
1000m   137-  138-  136- 1796/ 2207 6.20% 12.50% 18.60%
1200m  1577- 1581- 1574-18628/23360 6.80% 13.50% 20.30%
1400m   922-  921-  920-11191/13954 6.60% 13.20% 19.80%
1500m    91-   90-   90-  828/ 1099 8.30% 16.50% 24.70%
1600m  1496- 1495- 1497-16864/21352 7.00% 14.00% 21.00%
1700m     5-    5-    5-   47/   62 8.10% 16.10% 24.20%
1800m  1582- 1582- 1585-16282/21031 7.50% 15.00% 22.60%
2000m  1622- 1619- 1621-16581/21443 7.60% 15.10% 22.70%
2200m   327-  327-  327- 3367/ 4348 7.50% 15.00% 22.60%
2300m    11-   11-   11-   98/  131 8.40% 16.80% 25.20%
2400m   338-  336-  339- 3040/ 4053 8.30% 16.60% 25.00%
2500m    61-   61-   61-  596/  779 7.80% 15.70% 23.50%
2600m   169-  169-  169- 1717/ 2224 7.60% 15.20% 22.80%
3000m    15-   15-   15-  152/  197 7.60% 15.20% 22.80%
3200m     5-    5-    5-   67/   82 6.10% 12.20% 18.30%
3400m     5-    5-    5-   56/   71 7.00% 14.10% 21.10%
3600m     5-    5-    5-   50/   65 7.70% 15.40% 23.10%

 

短距離、マイルの成績も悪くはないが、2000mを境に、明らかに距離が延びた方が良い傾向。

スタミナ豊富なステイゴールド産駒らしいデータ。

ステイゴールド産駒 競馬場適正(芝)

場所 着別度数 勝率 連対率 複勝率
  札幌   25-  28-  18- 150/ 221 11.30% 24.00% 32.10%
  函館   21-  14-  22- 155/ 212 9.90% 16.50% 26.90%
  福島   35-  29-  32- 304/ 400 8.80% 16.00% 24.00%
  新潟   35-  39-  42- 323/ 439 8.00% 16.90% 26.40%
  東京   89-  84-  85- 669/ 927 9.60% 18.70% 27.80%
  中山   70-  67-  63- 530/ 730 9.60% 18.80% 27.40%
  中京   34-  24-  36- 335/ 429 7.90% 13.50% 21.90%
  京都   58-  51-  48- 474/ 631 9.20% 17.30% 24.90%
  阪神   49-  42-  43- 436/ 570 8.60% 16.00% 23.50%
  小倉   26-  27-  35- 307/ 395 6.60% 13.40% 22.30%

 

比較対象としての全馬平均

場所 着別度数 勝率 連対率 複勝率
  札幌   420-  419-  419- 4132/ 5390 7.80% 15.60% 23.30%
  函館   421-  417-  416- 4068/ 5322 7.90% 15.70% 23.60%
  福島   615-  616-  614- 7196/ 9041 6.80% 13.60% 20.40%
  新潟   783-  781-  783- 9465/11812 6.60% 13.20% 19.90%
  東京  1296- 1295- 1295-14216/18102 7.20% 14.30% 21.50%
  中山  1045- 1048- 1047-11726/14866 7.00% 14.10% 21.10%
  中京   666-  667-  669- 7905/ 9907 6.70% 13.50% 20.20%
  京都  1249- 1249- 1252-12529/16279 7.70% 15.30% 23.00%
  阪神  1128- 1125- 1126-11408/14787 7.60% 15.20% 22.90%
  小倉   745-  748-  744- 8715/10952 6.80% 13.60% 20.40%

 

札幌以外は平均的に優秀だが、突出した数字はない。

しかし札幌の勝率が突出して良い。

そこで、札幌のコース内訳を見てみる。

距離 着別度数 勝率 連対率 複勝率
1200m   4-  0-  2- 16/ 22 18.20% 18.20% 27.30%
1500m   2-  2-  1- 17/ 22 9.10% 18.20% 22.70%
1800m   4-  9-  4- 35/ 52 7.70% 25.00% 32.70%
2000m   9- 11-  7- 59/ 86 10.50% 23.30% 31.40%
2600m   6-  6-  4- 23/ 39 15.40% 30.80% 41.00%

 

比較対象としての全馬平均

距離 着別度数 勝率 連対率 複勝率
1200m  110- 110- 110-1195/1525 7.20% 14.40% 21.60%
1500m   91-  90-  90- 828/1099 8.30% 16.50% 24.70%
1800m   92-  92-  92- 766/1042 8.80% 17.70% 26.50%
2000m   88-  88-  88- 971/1235 7.10% 14.30% 21.40%
2600m   39-  39-  39- 372/ 489 8.00% 16.00% 23.90%

 

2000m、2600mで成績が良いのは全体の距離別データに合致するが、1200mが突出して良いというのは実に興味深い。

しかし他の競馬場の1200mでは、この傾向は確認できない。

理由として考えられるのは「エアレーション作業」。

エアレーション作業とは、JRAが近年推し進めている「柔らかい馬場造り」のこと。

もともと重い札幌の洋芝にエアレーションを施すことによって、札幌の芝がさらに重くなる。

特に緩みのない展開になりやすい1200mの距離では、更なるスタミナの要求度が増しているのかもしれない。

札幌1200mでスタミナ自慢のステイゴールド産駒の成績が良いのは、こんなところに理由があるのかも。

しかし、同じ洋芝の函館1200mでは、このような傾向は見られなかった。

これは、上って下る函館1200mの特殊なコース形態から、また違った能力が要求されているのだろう。

札幌1200mの種牡馬別勝率ランキング(最低出走機会数=20)

種牡馬 着別度数 勝率 連対率 複勝率
ステイゴールド  4- 0- 2-16/22 18.20% 18.20% 27.30%
ファルブラヴ  4- 3- 0-21/28 14.30% 25.00% 25.00%
サクラバクシンオー  3- 2- 1-15/21 14.30% 23.80% 28.60%
タイキシャトル  4- 4- 2-27/37 10.80% 21.60% 27.00%
ヨハネスブルグ  3- 3- 4-19/29 10.30% 20.70% 34.50%
キングズベスト  2- 1- 4-14/21 9.50% 14.30% 33.30%
ショウナンカンプ  2- 0- 1-18/21 9.50% 9.50% 14.30%
ロードカナロア  3- 5- 3-23/34 8.80% 23.50% 32.40%
キングカメハメハ  2- 0- 1-20/23 8.70% 8.70% 13.00%
ハーツクライ  2- 5- 2-20/29 6.90% 24.10% 31.00%

 

ロードカナロアが8位、ハーツクライも10位、ディープインパクトはトップ10のランク外。

ステイゴールドは断トツの1位。

ステイゴールド産駒の馬場状態の巧拙(芝)

馬場状態 着別度数 勝率 連対率 複勝率
 377- 329- 354-2942/4002 9.40% 17.60% 26.50%
稍重   48-  45-  52- 524/ 669 7.20% 13.90% 21.70%
  15-  28-  11- 189/ 243 6.20% 17.70% 22.20%
不良    2-   3-   7-  28/  40 5.00% 12.50% 30.00%

 

比較対象としての全馬平均

馬場状態 着別度数 勝率 連対率 複勝率
  6647-  6644-  6647- 72576/ 92514 7.20% 14.40% 21.60%
稍重   1190-  1188-  1186- 12999/ 16563 7.20% 14.40% 21.50%
   442-   444-   443-  4859/  6188 7.10% 14.30% 21.50%
不良     89-    89-    89-   926/  1193 7.50% 14.90% 22.40%

 

ステイゴールド産駒は道悪は走るイメージだが、データ的には突出して良いわけではない。

パワー、スタミナは折り紙付きなので、水分を含んだ馬場に問題があるということか?

ただ、連対率に目を向ければ、そんなに悪いと言うわけでもない。

重馬場限定の種牡馬別勝率ランキングを見てみると(最低出走機会数=50)

種牡馬 着別度数 勝率 連対率 複勝率
ディープインパクト  57- 45- 43-314/459 12.40% 22.20% 31.60%
ダイワメジャー  27- 19- 22-156/224 12.10% 20.50% 30.40%
アドマイヤムーン  13- 13-  6- 92/124 10.50% 21.00% 25.80%
メイショウサムソン   7-  8-  1- 51/ 67 10.40% 22.40% 23.90%
ハーツクライ  24- 20- 21-167/232 10.30% 19.00% 28.00%
ディープブリランテ   7-  5-  3- 56/ 71 9.90% 16.90% 21.10%
ヨハネスブルグ   5-  1-  2- 43/ 51 9.80% 11.80% 15.70%
スクリーンヒーロー   6-  6-  4- 46/ 62 9.70% 19.40% 25.80%
オルフェーヴル   7-  9-  5- 52/ 73 9.60% 21.90% 28.80%
ハービンジャー  21- 13- 24-170/228 9.20% 14.90% 25.40%

 

ステイゴールド産駒の勝率はトップ10のランク外で20位。

勝率で見ると、並と言ったところか。

ステイゴールド産駒のローテーション

間隔 着別度数 勝率 連対率 複勝率
  連闘    9-   9-   6-  88/ 112 8.00% 16.10% 21.40%
  2週   35-  47-  50- 397/ 529 6.60% 15.50% 25.00%
  3週   73-  59-  77- 632/ 841 8.70% 15.70% 24.90%
  4週   71-  67-  67- 483/ 688 10.30% 20.10% 29.80%
 5~ 9週  118- 112-  95- 934/1259 9.40% 18.30% 25.80%
10~25週  101-  80-  91- 790/1062 9.50% 17.00% 25.60%
半年以上    6-  10-   6- 103/ 125 4.80% 12.80% 17.60%

 

比較対象としての全馬平均

間隔 着別度数 勝率 連対率 複勝率
  連闘    162-   167-   182-  3045/  3556 4.60% 9.30% 14.40%
  2週    873-   971-  1040- 11565/ 14449 6.00% 12.80% 20.00%
  3週   1541-  1577-  1579- 14866/ 19563 7.90% 15.90% 24.00%
  4週   1119-  1127-  1060- 10317/ 13623 8.20% 16.50% 24.30%
 5~ 9週   1877-  1844-  1810- 19869/ 25400 7.40% 14.60% 21.80%
10~25週   1590-  1484-  1487- 17767/ 22328 7.10% 13.80% 20.40%
半年以上    163-   171-   178-  2357/  2869 5.70% 11.60% 17.80%

 

まあ、あまりアテにはならないが、半年以上の休み明けではパフォーマンスを落としやすいと言うデータ。

ステイゴールド産駒の距離延長、短縮

着別度数 勝率 連対率 複勝率
今回延長  121- 124- 130-1205/1580 7.70% 15.50% 23.70%
今回短縮  121-  96- 107- 967/1291 9.40% 16.80% 25.10%

 

比較対象としての全馬平均

着別度数 勝率 連対率 複勝率
今回延長  1908- 1980- 2013-26500/32401 5.90% 12.00% 18.20%
今回短縮  1917- 1898- 1908-20488/26211 7.30% 14.60% 21.80%

 

距離延長も悪くはないが、距離短縮はもっと良いと言うデータ。

距離短縮の種牡馬勝率ランキング(最低出走機会数=200)

種牡馬 着別度数 勝率 連対率 複勝率
ロードカナロア   48-  31-  24- 196/ 299 16.10% 26.40% 34.40%
ディープインパクト  268- 245- 215-1424/2152 12.50% 23.80% 33.80%
キングカメハメハ  103-  94-  78- 705/ 980 10.50% 20.10% 28.10%
ハービンジャー  101-  67-  75- 747/ 990 10.20% 17.00% 24.50%
ダノンシャンティ   20-  23-  11- 153/ 207 9.70% 20.80% 26.10%
ルーラーシップ   43-  48-  37- 319/ 447 9.60% 20.40% 28.60%
アドマイヤムーン   47-  39-  41- 365/ 492 9.60% 17.50% 25.80%
ディープブリランテ   28-  30-  25- 211/ 294 9.50% 19.70% 28.20%
ステイゴールド  121-  96- 107- 967/1291 9.40% 16.80% 25.10%
ヴィクトワールピサ   37-  33-  36- 292/ 398 9.30% 17.60% 26.60%

 

ステイゴールドはトップ10の9位にランキングされているので、やはりそれなりに距離短縮は走る。

しかしまだ、上には上がいる。

ちなみにロードカナロアは、距離延長でも1位だが、勝率はこんなに高くはない。