セイウンハーデスのキャリアはまだ浅いので、近走のみを振り返る。

セイウンハーデスの近走

22/5/7 プリンシパルS(3歳・L)

東京 芝2000m 良

着順:1着(1.59.0・-0.1差)

騎手:幸英明(56キロ)

道中は中団馬群の前目、4~5番手を追走。

4角は3番手の内で直線に向くと、直線は馬群の外に進路を取って追い上げに入り、坂の上りで先頭を射程圏に捉えると、坂を上って残り200mで先頭に立ち、外からキングスパレスの追撃を半馬身差凌いでゴール。

好位抜け出しの強い内容だが、走破時計、上りの脚に特筆すべき点は認められない。

22/5/29 東京優駿(G1)

東京 芝2400m 良

着順:11着(2.23.9・2.0差)

騎手:幸英明(57キロ)

【レース前寸評】

強調材料がみあたらない。

【結果】

道中は中団馬群の前目、7番手の最内を追走。

4角は5番手の最内で直線に向き、直線は馬場の内目から粘り込みを計るが、坂を上りきったあたりから脚色が鈍った。

まあ、力通りの走りではないか。

2022年 東京優駿(日本ダービー・G1)のラップ分析&回顧

22/9/19 セントライト記念(G2)

中山 芝2200m(外)稍重

着順:4着(2.12.7・0.9差)

騎手:幸英明(56キロ)

【レース前寸評】

ここではまだちょっと足りないと思うが・・・。

【結果】

道中は2番手追走。

4角も2番手で直線に向くが、早々に1、2着馬に引き離されて、坂の上りでは3着馬にあっさりと交わされた。

4着は健闘というよりも展開の利だろう。

2022年 セントライト記念(G2)のラップ分析&回顧


セイウンハーデスの脚質

先行力のある馬で、好位抜け出しの競馬で好走。

掲示板を外したのは「日本ダービー」の一鞍のみ。

ただ、好走したレースも、レース内容的に特筆すべきところがないだけに、今後上のクラスでも安定した走りが継続できるか否かは未知数。


セイウンハーデスの血統背景

父はシルバーステート(サンデー系ディープインパクト)。

母の父はマンハッタンカフェ(サンデー系/菊花賞、有馬記念、春天)。