2023年5月7日【新潟大賞典】終了時点までのデータや実際の走りをもとに、セイウンハーデスの好走パターンを分析。

セイウンハーデスの距離適性

セイウンハーデスはこれまでに芝1400m~芝3000mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1400m(1-0-0-0)
  • 芝1600m(0-1-0-1)
  • 芝1800m(0-0-0-1)
  • 芝2000m(2-1-0-0)
  • 芝2200m(0-0-0-1)
  • 芝2400m(0-0-0-1)
  • 芝3000m(0-0-0-1)

中距離。

セイウンハーデスの脚質

逃げ、先行脚質。

先行力のある馬で、好位抜け出しの競馬で好走。

SPの持続力、パワー、底力はそこそこありそうだが、切れ味勝負となればどうか?

セイウンハーデスのコース適正

セイウンハーデスの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 札幌(未)
  • 函館(未)
  • 福島(未)
  • 新潟(0-1-0-0)
  • 東京(1-0-0-1)
  • 中山(0-0-0-1)
  • 中京(0-0-0-1)
  • 京都(未)
  • 阪神(2-1-0-2)
  • 小倉(未)

阪神の2勝はいずれも内回り。

セイウンハーデスの持ち時計(ベストタイム)

セイウンハーデスの持ち時計は次の通り;

  • 芝1400m:1.22.9 1着(阪神)
  • 芝1600m:1.35.6 5着(中京)
  • 芝1800m:1.47.9 4着(阪神)
  • 芝2000m:1.58.9 1着(阪神)
  • 芝2200m:2.12.7 4着(中山)
  • 芝2400m:2.23.9 11着(東京)
  • 芝3000m:3.07.6 17着(阪神)

タフな流れでの、前々からの押し切りで好タイムが出る可能性はある。

セイウンハーデスの重馬場適正

セイウンハーデスの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(0-1-0-2)
  • 重(未)
  • 不良(0-1-0-0)

道悪は得意そう。


セイウンハーデスの鉄砲実績(休み明け)

セイウンハーデスの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(1-1-0-1)

叩いてからは;

  • 2戦目(0-1-0-2)
  • 3戦目(1-0-0-0)
  • 4戦目(0-0-0-1)
  • 5戦目~(未)

セイウンハーデスのローテーション適正

  • 連闘(未)
  • 中1~2週(0-0-0-1)
  • 中3~5週(1-1-0-3)
  • 中6~8週(未)

セイウンハーデスの枠順適正

セイウンハーデスの馬番別着度数は;

  • 1~4番(0-1-0-2)
  • 5~9番(1-1-0-2)
  • 10~14番(2-0-0-1)
  • 15~18番(未)

セイウンハーデスの斤量別着度数

  • 55キロ(1-0-0-1)
  • 56キロ(1-2-0-2)
  • 57キロ(1-0-0-2)

セイウンハーデスの季節別着度数

  • 12~2月(冬):(0-1-0-1)
  • 3~5月(春):(2-1-0-2)
  • 6~8月(夏):(未)
  • 9~11月(秋):(1-0-0-2)

セイウンハーデスの好走体重

3着以内の体重は;

  • 462~480キロ

セイウンハーデスの血統背景

父はシルバーステート(サンデー系ディープインパクト)。

母の父はマンハッタンカフェ(サンデー系/菊花賞、有馬記念、春天)。

セイウンハーデスの前走

23/5/7 新潟大賞典(G3・ハンデ)

新潟 芝2000m(外)不良

着順:2着(2.03.9・0.1差)

騎手:津村明秀(56キロ)

3枠6番からハナへ。

不調馬場とは言え、前半1000mの通過が61.6秒ならマイペースだろう。

4角も先頭で直線に向くと、直線は内を開けて、馬場の4分どころあたりから追い上げ。

残り200mでカラテに並びかけられてからもすぐには抜かせず食い下がるが、ゴール前で力尽きた感じ。

古馬との重賞は初挑戦にも関わらずで2着に食い込んだ内容は評価できる。

「菊花賞」ではハイラップの逃げで大敗はしたが、基本的にはタフな流れには強そうな馬。

しかし今回は、最後の直線まではこの馬にしてみれば緩い流れでこれたのだろう。

3着馬に8馬身の差をつけていることから、この馬の道悪適性、パワー、底力も相当なものなのかもしれない。

2023年 新潟大賞典(G3)のラップ分析&回顧