2020年3月15日【金鯱賞】終了時点までのデータをもとに、サートゥルナーリアの好走パターンを分析していきます。

サートゥルナーリアの距離適性

サートゥルナーリアはこれまでに芝1600m~芝2500mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1600m(1-0-0-0)
  • 芝1800m(1-0-0-0)
  • 芝2000m(3-0-0-1)
  • 芝2400m(1-0-0-1)
  • 芝2500m(0-1-0-0)

2000m前後がベストなのか? それとも2400m前後でも無理なく走れるのか?

どちらもそれなりに走ってくるだろうが、どちらがベストかはまだ分からない。

サートゥルナーリアの脚質

終いを生かす競馬。

瞬発力勝負では相当強いが、持久力を問われる展開になると不安な面もある。

サートゥルナーリアのコース適正

サートゥルナーリアの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 東京(0-0-0-2)
  • 中山(2-1-0-0)
  • 中京(1-0-0-0)
  • 京都(1-0-0-0)
  • 阪神(2-0-0-0)

東京コースで好走歴がないのは意外だが、別に東京コースが苦手と言うわけではないだろう。

サートゥルナーリアの持ち時計(ベストタイム)

サートゥルナーリアの持ち時計は次の通り;

  • 芝1600m:1.37.2 1着(阪神)
  • 芝1800m:1.49.6 1着(京都)
  • 芝2000m:1.57.1 6着(東京)
  • 芝2400m:2.23.1 4着(東京)
  • 芝2500m:2.31.3 2着(中山)

2500m以外は、時計的にはあまり良い内容ではない。

スローの瞬発力勝負では無類の強さを発揮するが、締まったペースのスピード勝負には脆いのか?

サートゥルナーリアの重馬場適正

サートゥルナーリアの稍重も含めた道悪競馬の経験はまだない。

サートゥルナーリアの鉄砲実績(休み明け)

サートゥルナーリアの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(4-0-0-0)

パーフェクト。

サートゥルナーリアのラップ分析

18/10/27 萩ステークス(2歳オープン)京都芝1800m

着順:1着(-0.3差)騎手:M・デムーロ(55キロ)

ラップタイム

1着タイム 上り3F Lap1 Lap2 Lap3 Lap4 Lap5 Lap6 Lap7 Lap8 Lap9
今走 1.49.6 35.5 13 11.8 11.8 12.2 12.8 12.5 12.4 11.4 11.7
過去平均 1.48.3 34.6 12.9 11.6 11.9 12.4 12.7 12.4 11.6 11.4 11.6

(※過去平均=同コース同レースの良馬場平均(過去6走))

序盤はやや遅いものの、ほぼ平均的なラップを刻んでいるが、それにしては上りがかかっている。

これは馬場の影響で、前夜から朝にかけて雨が降り、当日は6Rまで稍重馬場でレースが行われていた。

サートゥルナーリアは直線好位から抜け出し、ほとんど追わずノーステッキ。

鞍上のデムーロ騎手が左右に首を振り他馬の様子窺うなど余裕の競馬。

自身の上りは35.1秒だが、本気で追っていればこんなものではないことは確か。

レース内容自体は平均的だが、サートゥルナーリアの強さが際立った。

18/12/28 ホープフルS(2歳G1)中山芝2000m

着順:1着(-0.2差)騎手:M・デムーロ(55キロ)

ラップタイム

1着タイム 上り3F Lap1 Lap2 Lap3 Lap4 Lap5 Lap6 Lap7 Lap8 Lap9 Lap10
今走 2.01.6 35.5 12.8 12 13 12.5 12.2 11.8 11.8 12.2 11.5 11.8
過去平均 2.01.6 36.2 12.6 11 12.5 12.4 12.5 12.1 12.5 12.4 11.8 12.1

(※過去平均=同コース同レースの良馬場平均(過去4走))

前半がかなりゆっくりで、ほぼ後半だけの競馬になっている。

サートゥルナーリアは道中2~3番手。

内ラチぴったりの経済コースで直線も内。

しかし前がなかなか開かず、少し開いた隙間を強引にこじ開けて先頭に立つと、そのまま追わずに余裕のゴール。

瞬発力では同世代の馬たちを大きく上回っている印象。

ここも強い競馬で勝ち上がるが、前走、今走ともレースの内容自体は平凡。

19/4/14 皐月賞(G1)中山芝2000m

着順:1着(アタマ差)騎手:ルメール(57キロ)

ラップタイム

1着タイム 上り3F Lap1 Lap2 Lap3 Lap4 Lap5 Lap6 Lap7 Lap8 Lap9 Lap10
今走 1.58.1 34.7 12.3 10.5 12 11.8 12.5 12.1 12.2 11.7 11.6 11.4
過去平均 1.58.4 35 12.2 10.9 11.9 11.8 12.4 12.1 12.1 11.7 11.5 11.8

(※過去平均=同コース同レースの良馬場平均(過去4走))

序盤はここ5年と比べても2番目の速さ。その分中盤で少しだけ緩むが、レースの上りは34.7秒。

全体的に締まった流れ。スピード持続力が勝敗のカギ。

サートゥルナーリアは中団から、3~4角は外目を回って直線を向くと、残り200mでヴェロックスとの追い比べ。最内からはダノンキングリーも脚を伸ばしており、三つ巴の追い比べ。

この追い比べを制したのはサートゥルナーリア。

ヴェロックスをアタマ差しのいでゴール。

これまで抜けたレースを続けていたサートゥルナーリアだが、タフなペースとなった世代の頂上決戦ではアタマ差。

持続力勝負に持ち込まれると、他との差はさほど顕著ではない。

19/5/26 日本ダービー(G1)東京芝2400m

着順:4着(0.5差)騎手:ルメール(57キロ)

ラップタイム

1着タイム 上り3F Lap1 Lap2 Lap3 Lap4 Lap5 Lap6 Lap7 Lap8 Lap9 Lap10 Lap11 Lap12
今走 2.22.6 35.9 12.7 10.7 11.4 11.4 11.6 12 12.3 12.4 12.2 12 11.9 12
過去平均 2.24.7 34.5 12.7 10.9 12.1 12.3 12.5 12.4 12.6 12.5 12.2 11.6 11.2 11.8

(※過去平均=同コース同レースの良馬場平均(過去8走))

リオンリオンの大逃げで、2番手以降も速い流れとなった。

最後は持続力、底力の勝負。

サートゥルナーリアは出遅れてしまい、後方からの競馬を余儀なくされる。

4角では外を回して差を詰めにかかったが、その分直線では今一歩伸びを欠き、0.5差の4着。

ダノンキングリー、ヴェロックスが2、3着にきている分、サートゥルナーリアがまともに出ていればどうなっていたかが興味深い。

19/9/22 神戸新聞杯(G2)阪神芝2400m

着順:4着(0.5差)騎手:ルメール(57キロ)

ラップタイム

1着タイム 上り3F Lap1 Lap2 Lap3 Lap4 Lap5 Lap6 Lap7 Lap8 Lap9 Lap10 Lap11 Lap12
今走 2.26.8 32.3 12.9 11.3 12.9 13.1 13.2 13.5 13.3 12.5 11.8 10.8 10.2 11.3
過去平均 2.25.7 34.5 12.8 11.3 12.5 12.6 12.5 12.7 12.6 12.4 11.8 11.3 11.2 12.0

(※過去平均=同コース同レースの良馬場平均(過去9走))

圧倒的なスローぺース。

序盤で1.0秒、中盤で2.4秒も平均より遅い流れ。

このような瞬発力勝負になればサートゥルナーリアは1強。

道中2番手で競馬をすすめていたサートゥルナーリアは、直線入口で抜け出して、ノーステッキで後続を突き放し、3馬身つけて圧勝。

末脚勝負では、同世代ではこの馬とまともに勝負できる馬はいないだろう。

19/10/27 天皇賞(秋)(G1)

東京 芝2000m 良 16頭

着順:6着(1.57.1 0.9差)

騎手:スミヨン(56キロ)

ラップタイム

1着タイム 上り3F Lap1 Lap2 Lap3 Lap4 Lap5 Lap6 Lap7 Lap8 Lap9 Lap10
1.56.2 34.3 12.8 11.4 11.5 11.6 11.7 11.6 11.3 11.1 11.3 11.9
1.57.9 35.0 12.8 11.5 11.4 11.6 11.8 11.9 11.8 11.5 11.6 11.9

(※過去平均=同コース同レースの良馬場平均(過去7走))

中盤の早い段階、1000m(Lap5)を過ぎるとすでに加速が始まっている。

それにも関わらず、上りは過去平均よりも速い上り。

スピード持続力と瞬発力を同時に求められたようなレースになった。

サートゥルナーリアは2~3番手の内側で道中を追走。

4角も3番手の内で直線に入り、直線は残り200mまでは踏ん張って見せるが、そこからはズルズルと順位を下げた。

道中の追走速度は、今までのキャリアでは一番速かったと思う。

初の古馬G1なので、0.9差の6着なら大健闘と言ってもいいかもしれないが、正直ちょっと物足りない内容。

瞬発力勝負ではかなり強いが、持続力勝負になればこんなものなのか?

19/12/22 有馬記念(G1)

中山 芝2500m 良

着順:2着(2.31.3 0.8差)

騎手:スミヨン(55キロ)

ラップタイム(4分割)

1着タイム 序盤 中盤 後半 上り3F
今走 2.30.5 29.4 47.4 36.1 37.6
過去平均 2.33.4 30.5 51.0 36.6 35.3

(※過去平均=同コース同レースの良馬場平均(過去8走))

一目瞭然のかなり締まったハイペースだが、これは大逃げを打ったアエロリットの刻んだラップ。

2番手以降はおそらく平均ペースか、それよりやや速いくらいのペースで追走していたものと思われる。

今回サートゥルナーリアは、スタートは5分に出たが、控えて後方13番手からの競馬。

おそらく追走もスムーズに行われていたのではないか?

サートゥルナーリアは3角を過ぎると徐々に順位を上げて行き、4角は7番手の外から直線へ。

直線は残り200mあたりで先頭に立つものの、大外からのリスグラシューの強襲にはついて行けず、5馬身離されての2着。

展開的には上位の馬はほとんどが後ろからの追い込み勢。

瞬発力勝負の色合いが濃いレースとなった。

瞬発力勝負では引けを取らないサートゥルナーリアは2着に食い込んだが、5馬身ちぎられたこの結果をどう見るか?

20/3/15 金鯱賞(G2)

中京 芝2000m 良 12頭

着順:1着(2.01.6・0.3差)

騎手:ルメール(58キロ)

1着タイム 後3F Lap1 Lap2 Lap3 Lap4 Lap5 Lap6 Lap7 Lap8 Lap9 Lap10
今走 2.01.6 33.8 12.9 11.8 13.2 13.0 12.7 12.4 11.8 11.2 11.1 11.5
過去平均 1.59.4 35.1 12.7 11.0 12.5 12.2 12.0 12.0 11.9 11.8 11.4 11.9
-1.3 0.3 0.8 0.7 0.8 0.7 0.4 -0.1 -0.6 -0.3 -0.4

(※過去平均=同コース同レースの良馬場平均(過去6走))

見ての通りの超超スロー。

サートゥルナーリアは中団の前あたりを楽に追走し、直線ではほぼ馬なりで先頭に並びかけると、少し気合を入れただけでスッと抜け出して余裕のゴール。

この馬が一番得意とする展開だが、レースのレベルとしては、走破時計の2.01.6は、中京競馬場の改修後では、2018年に稍重馬場で行われた「第54回金鯱賞」と並ぶワーストタイム。

内容はあまりない。

サートゥルナーリアの次走

次走は阪神競馬場 芝2200m(内)で行われる「宝塚記念(G1)」。

「大阪杯」の回避で3ヵ月ぶりの競馬となるが、休み明けは気にならない馬。

しかし「金鯱賞」の圧勝で今回も人気になるのなら、ちょっと危ない気もする。

特段に抜けた存在とは思えないが・・・。