2021年4月17日【アーリントンC】終了時点までのデータや実際の走りをもとに、リッケンバッカーの好走パターンを分析。

リッケンバッカーの距離適性

リッケンバッカーはこれまでに芝1600m~芝1800mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1600m(1-3-0-2)
  • 芝1800m(0-0-0-1)

現状では1600mがベスト。

1800mの負けは不利があってのもので、この距離もまだ見限れない。

リッケンバッカーの脚質

前からでも後ろからでも競馬はできそう。

そこそこの持続力、瞬発力は持っている。

未勝利で手こずったのは、負けた相手がそこそこ強かったため。

リッケンバッカーのコース適正

リッケンバッカーの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 札幌(未)
  • 函館(未)
  • 福島(未)
  • 新潟(未)
  • 東京(未)
  • 中山(未)
  • 中京(0-0-0-1)
  • 京都(未)
  • 阪神(1-3-0-1)
  • 小倉(0-0-0-1)

中京での敗戦は、左回りが原因ではないと思う。

リッケンバッカーの持ち時計(ベストタイム)

リッケンバッカーの持ち時計は次の通り;

  • 芝1600m:1.33.7 2着(阪神)
  • 芝1800m:1.48.8 6着(小倉)

時計面はまだこれからだろうが、速い時計にも対応してきそうな雰囲気。

リッケンバッカーの重馬場適正

リッケンバッカーの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(未)
  • 重(0-1-0-1)
  • 不良(未)

「アーリントンC」の走りを見る限り、道悪はこなしてきそう。

リッケンバッカーの鉄砲実績(休み明け)

リッケンバッカーの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(0-1-0-2)

叩いてからは;

  • 2戦目(1-1-0-0)
  • 3戦目(0-1-0-0)
  • 4戦目(未)
  • 5戦目~(未)

叩いてからの方が良さそう。


リッケンバッカーのローテーション適正

  • 連闘(未)
  • 中1~2週(1-1-0-0)
  • 中3~5週(0-1-0-0)
  • 中6~8週(未)

詰めて使っても問題はなさそう。

リッケンバッカーの枠順適正

リッケンバッカーの枠番別着度数は;

  • 1~4番(0-2-0-0)
  • 5~9番(未)
  • 10~14番(1-1-0-2)
  • 15~18番(0-0-0-1)

リッケンバッカーの季節別着度数

  • 12~2月(冬):(0-1-0-0)
  • 3~5月(春):(1-1-0-1)
  • 6~8月(夏):(0-0-0-2)
  • 9~11月(秋):(0-1-0-0)

リッケンバッカーの斤量別着度数

  • 54キロ(0-0-0-2)
  • 55キロ(0-2-0-0)
  • 56キロ(1-1-0-1)

リッケンバッカーの好走体重

3着以内の体重は;

  • 460~468キロ

リッケンバッカーの血統背景

父はロードカナロア(ミスプロ系キングマンボ/スプリンターズS連覇、高松宮記念、安田記念、香港スプリント連覇)。

母の父はシティジップ(ミスプロ系)。

シティジップは米国で走り、ダートG1を1勝。主要距離はダートの短距離~マイル。

牝系パテリン(Patelin)のラインは、アメリカ競馬を代表するG1・11勝の名牝ビホルダー(Beholder)を出した名門牝系。

リッケンバッカーの評価

初勝利までに6戦を要したが、その中にはルークズネスト(ファルコンS、シンザン記念2着)の2着、サルファーコスモス(エルフィンS)の2着と、負けた相手がそこそこ強かったという不運もある。

「アーリントンC」10番人気での2着はまったくフロックではなく、力のあるところを示した格好。

リッケンバッカーの前走

21/4/17 アーリントンC(G3)

阪神 芝1600m(外)重

着順:2着(1.34.4・0.2差)

騎手:幸英明(56キロ)

道中は中団の前あたり。

4角は7番手で直線に向くが、直線ではしばし前が開かずに追い出しを待たされが、進路を見つけるとすぐに反応。

坂の上りでも良い伸びを見せて、逃げ粘るピクシーナイト、先に抜け出したレイモンドバローズをゴール前で差し切った。

ここまで大敗は少なく、そこそこ堅実な走りは見せていたが、ここでも相手なりに走って見せた。

2021年 アーリントンカップ(G3)のラップ分析&回顧

次走、NHKマイルC (G1)に向けて

次走は5月9日(日)、東京競馬場 芝1600mで行われる「NHKマイルC(G1)」。

なかなか面白い存在だが、ここまでのローテーションが中1週→中2週→中2週とかなりタイト。

おまけに今回が初めての関東遠征。

これらのハードルを乗り越えられるか?

 

その他、NHKマイルカップ(G1)の出走馬を分析

 



関連記事(一部広告を含む)