レッドベルアームのキャリアはまだ2戦だけなので、近走のみを振り返る。

レッドベルアームのここまでの走り

21/6/27 2歳新馬

阪神 芝1800m(外)良

着順:1着(1.47.9・-0.1差)

騎手:福永祐一(54キロ)

2枠2番から道中は3番手の内。

4角は4番手の内で直線に向くと、直線は坂の上りで前で粘る先頭、2番手を差し切ってゴール。

この時期の新馬戦としては、道中のラップはそこそこ流れた。

その分上りを要したが、自身の上り35.4秒で前の2頭を差し切っての勝利。

特に切れたわけではなく、どちらかと言えばSP持続力でもぎ取った勝利のように見えた。

21/11/20 東スポ杯2歳S(G2)

東京 芝1800m 良

着順:5着(1.47.2・1.0差)

騎手:福永祐一(55キロ)

スタート直後挟まれる不利があり、それからはややかかり気味で、序盤はジョッキーが手綱を抑える動き。

道中は中団5~6番手の追走。

4角は6番手の外で直線に向き、直線は馬群の外目から追い上げに入るが、なかなか思うようには伸びてこない。

なんとか5着に入ったが、上位3頭とは差が開いた。

まだちょっと走りが未熟な印象。


レッドベルアームの脚質

全体像はまだよくつかめていないが、キレ味というよりも持続力という印象。

前につけた方が競馬はしやすいか?


レッドベルアームの血統背景

父はハーツクライ(サンデー系/有馬記念、ドバイシーマクラシック、日本ダービー2着、宝塚記念2着)。

母の父はアンブライドルズソング(ミスプロ系ファピアノ)。

アンブライドルズソングは米国で走り、「フロリダダービー」などダートG1を2勝。主戦場はダートの中距離。

半兄にレッドベルオーブ(デイリー杯2歳S)、レッドベルジュール(デイリー杯2歳S)。

次走、シンザン記念(G3)に向けて

次走は1月9日(日)、中京競馬場 芝1600mで行われる「シンザン記念(G3)」。

千六重賞に実績のある兄2頭の影響も手伝って、人気すると思われるが、あちら2頭はどちらかと言えば早熟。こちらはハーツクライで、本格化はまだ先かもしれない。

いずれにしても、前走からどれだけ成長しているかだが、千六の距離も初めてということもあり、ちょっとここは厳しそう。

 

⇒その他、シンザン記念(G3)の注目馬を分析

 



関連記事(一部広告を含む)