ピースディオンのキャリアはまだ3戦なので、近走のみを振り返る。

ピースディオンのこれまでの走り

20/5/31 3歳未勝利

東京 芝2000m 良

着順:4着(2.01.5・0.7差)

騎手:丸田恭介(56キロ)

デビューが遅れて「未勝利戦」が初出走。

道中は中団に控えて直線に賭けるが、直線ではさすがに既走馬に切れ負け。

ただ自身もメンバー3位の34.2秒の脚で追い込んでいる。

デビュー戦としてはまずまず。

20/6/20 3歳未勝利

函館 芝2000m 良

着順:1着(1.59.7・-0.2差)

騎手:池添謙一(56キロ)

道中は中団、向正面からジワジワと順位を上げ、3角5番手、4角3番手で直線。

直線は飛ばして逃げた前の2頭を残り100mあたりで捉えてそのままゴール。

道中はかなりのハイペース。この馬自身も長く良い脚を使っている。

5Rの「新馬戦」ではレコードが出るくらいの馬場状態だったとは言え、走破時計の1.59.7は好時計。

【期待される能力】

  • スタミナ
  • SP持続力

20/7/4 臥牛山特別(1勝)

函館 芝2000m 良

着順:2着(2.01.4・0.8差)

騎手:池添謙一(54キロ)

1枠1番から先行策。

しかし離して逃げたレオンドーロを最後まで捉えきれずに5馬身離されての2着。

後続には抜かせなかったものの、前走を考えるとちょっと物足りない内容。

ピースディオンの次走

次走は9月21日、中山競馬場 芝2200mで行われる、「セントライト記念(G2)」。

まだまだキャリア3戦の1勝馬だが、前々走の内容がどうも気になる。

展開次第では軽視はできない。

 

その他、セントライト記念の出走馬を分析