2020年8月23日【北九州記念】終了時点までのデータと実際の走りをもとに、モズスーパーフレアの好走パターンを分析。

モズスーパーフレアの距離適性

モズスーパーフレアはこれまでに芝1200m~1400mの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1200m(7-3-1-6)
  • 芝1400m(0-0-0-4)

現状では明らかに、芝1200m限定。

血統的にもバリバリのスプリント血統。

モズスーパーフレアの脚質

番手につける先行策で1勝しているものの、その他の勝ち鞍、3着以内はすべて「逃げ」。

1200mでは圧倒的なスピードとスピード持続力。

モズスーパーフレアは「逃げてこそ」の馬、のように見えるが、番手でも先行策でも十分に勝負はできる(後述)。

モズスーパーフレアの枠順適正

逃げたいモズスーパーフレアにとって、枠順は内なら内に越したことはない

しかし、これまでのレースで、モズスーパーフレアが芝1200mのレースで引いた枠順は;

  • 1~5番:1回
  • 6~10番:4回
  • 11番~18番:12回

何とまあ、コンピューターによる自動振り分けにしては、かなりの偏りがある。

もちろんモズスーパーフレアは外枠からでも逃げ切って勝っているレースはあるが、相手関係が強くなればなるほど、外枠からではやはり苦しくなるのは必定。

芝1400mで全く結果が出ていないくらい、モズスーパーフレアは芝1200mに特化した馬。

ということは距離的にも、1200mが丁度良く、それ以上ならだんだん苦しくなってくる。

なので、外目の枠からスタートして、ハナが奪えず2~3番手で競馬をした場合、当然そういうケースだと外々を走らされることが多くなる。

ということは、距離損が多くなるということ。

芝1200mのレースで、唯一条件戦で負けている「函館日刊スポーツ杯(1600万下)」などはまさにその好例。

14番ゲートからスタートしたモズスーパーフレアは、ハナが奪えず4番手。それも終始馬4頭分外を回る距離損を強いられている。

このレースは1.0秒差つけられての11着。

逃げられなかったから負けたのではなく、その敗因は距離損が大きく影響しているように感じる。

2番手でも3番手でも、距離損を極力抑えたラチ沿いの経済コースさえ回ってこられれば、モズスーパーフレアはかなり高い確率で勝ち負けできる力はあるだろう。

モズスーパーフレアの持ち時計(ベストタイム)

モズスーパーフレアの各距離ごとのベストタイムは次の通り;

  • 芝1200m:1.07.0 1着(-0.2差・中山)
  • 芝1400m:1.22.4 5着(0.3差・中京)

芝1200mの1.07.0は、中山の「カーバンクルS(OP)」と同じく中山の「セプテンバーS(1600万下)」で出した時計だが、これは文句なしに速い。

どちらもコース変わりで時計の出る馬場状態だったこともあるが、「セプテンバーS(1600万下)」は稍重馬場での競馬。

良馬場なら、さらに速い時計が出ていた可能性も高い。

ちなみにこのレースは、2着のアドマイヤナイトに3馬身半の差をつけて圧勝している。

モズスーパーフレアのコース適正

モズスーパーフレアの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 函館(1-0-0-1)
  • 中山(3-2-0-0)
  • 中京(1-0-0-3)
  • 京都(0-0-1-4)
  • 小倉(2-1-0-2)

中山競馬場での良績が目を惹く一方、気になるのは中京コースでの3敗。

しかしその3鞍中2鞍が芝1400mのレースで、もう1鞍はG1初挑戦となった「高松宮記念(G1)」での15着。

芝1400mの「ファルコンS(G3)」では、苦手と考えられる距離ながらも、0.3差の5着に入っていることから、左回りが苦手とは思えない。

京都での負けも目立つが、これはコースが原因ではなさそう。

モズスーパーフレアの重馬場適正

モズスーパーフレアの道悪実績は;

  • 稍重(1-1-0-0)
  • 重(1-0-0-0)※1着馬降着による繰り上げ

モズスーパーフレアは外国産馬(生産地は米国)で、血統はバリバリの米国血統。

道悪は問題ないだろう。

モズスーパーフレアの鉄砲実績(休み明け)

モズスーパーフレアの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(1-1-0-2)

叩いてからは;

  • 2戦目(1-1-0-1)
  • 3戦目(0-0-0-1)
  • 4戦目(0-0-1-0)
  • 5戦目~(2-1-0-1)

どちらかと言えば叩き良化タイプ。

モズスーパーフレアの季節別着度数

  • 12~2月(冬):(1-1-0-3)
  • 3~5月(春):(3-0-0-2)
  • 6~8月(夏):(2-1-0-2)
  • 9~11月(秋):(1-1-1-3)

気候による影響は受けない。

モズスーパーフレアの斤量別着度数

  • ~52キロ(2-0-1-1)
  • 52.5~54キロ(4-1-0-5)
  • 54.5~56キロ(1-1-0-4)
  • 57キロ~(0-1-0-0)

モズスーパーフレアの連対体重

  • 470~508キロ

モズスーパーフレアの血統背景

父はスパイツタウン(ミスプロ系ゴーンウエスト)、母の父はビロングトゥミー(ND系ダンチヒ)。

父はアメリカで走り、ダートのG1「ブリーダーズカップ・スプリント」に勝利している。

母の父もアメリカで走り、ダートのスプリント重賞を2勝している。

モズスーパーフレアの近走

19/3/2 オーシャンS(G3)中山芝1200m

着順:1着(-0.2差)騎手:ルメール(54キロ)

14番ゲートからのスタートも、持ち前のスピードで楽々先頭。

直線は2番手で追走してきたナックビーナスが追いすがるが、しっかり逃げ切って快勝。

ルメール騎手曰く「楽勝」。

19/3/24 高松宮記念(G1)中京芝1200m

着順:15着(1.7差)騎手:武豊(55キロ)

外目の15番ゲートから好スタートを切るも、ハナを競り合う相手はセイウンコウセイ、ラブカンプーと骨っぽい面々。

特にセイウンコウセイは4番ゲートからのスタートだけに、これを交わすのには少し手間取った印象。

それでもハナを奪ったモズスーパーフレアは軽快に逃げるが、直線半ばから失速してズルズル後退。

初のG1参戦、初の斤量55キロ、それに連戦による疲労、中2週など、敗因はいろいろと考えられる。

19/8/18 北九州記念(G3)小倉芝1200m

着順:4着(0.3差)騎手:松若風馬(55キロ)

約5ヵ月の休み明け。馬体重は+26キロ(506キロ)。

13番ゲートから、ハナにはこだわらず3番手追走。

直線も伸びてくるが、交わし切る勢いは感じられない。

休み明けの重目残し、ハナにはこだわらず3番手追走など、明らかに「スプリンターズS」を見越した叩き台のように見えるが・・・どうか?

19/9/29 スプリンターズS(G1)

中山 芝1200m 良

着順:2着(0.1差)騎手:松若風馬(55キロ)

予定通りハナに立ち、前半3Fを32.8秒のハイラップで引っ張る。

直線も残り100mあたりまでは先頭で粘るものの、ゴール前、外から追い込んで来たタワーオブロンドンに交わされて0.1差の2着。

この馬の競馬はできたし、内容も申し分なく強かった。

勝ち馬の決め手が一枚上。それに尽きる。

19/11/24 京阪杯(G3)18頭立て

京都 芝1200m 良

着順:8着(1.09.6 0.8差)

騎手:松山弘平(56キロ)

7枠14番からいつも通りハナへ。

しかしこの馬、ホントに外枠が多い。

直線の残り200mまではいつものように快調に逃げるが、そこから脚色が怪しくなり、残り100mくらいで急失速。

当日は京都開催の最終日。馬場の内側は相当荒れていた様子。

上位7頭までに前に行った馬が入っていないことからも分かるように、逃げる馬にはちょっと厳しい馬場状態だったことは間違いない

レースの上りも34.6秒で、同レースの良馬場平均と比べても明らかにかかっている。

今走は外枠からの発走もあり、逃げ馬には厳しい条件がかさなったと見ていいだろう。

20/2/2 シルクロードS(G3・ハンデ)

京都 芝1200m 良 18頭

着順:4着(1.09.2・0.2差)

騎手:松若風馬(56キロ)

久々の内枠ゲットで2枠3番からスンナリとハナへ。

前半3Fは33.9秒で、モズスーパーフレアにとってはさほど速くはない逃げ。

4角も先頭のまま直線を向き、一時は後続を突き放すが、ゴール前になって脚色が悪くなり、外からの追い込み勢に呑み込まれた。

当該週は2回京都の開幕週で、コースもAからBに。

しかし非常にタフだった1回京都開催の馬場の傷みは、正面直線及び向正面直線の内ラチ沿いはカバーしきれておらず、前を行く馬には辛い馬場となっていた。

着順も1~3着は全て外からの追い込み勢。

明らかな外差し馬場となっていた。

20/3/29 高松宮記念(G1)

中京 芝1200m 重

着順:1着(1.08.7・ハナ差)

騎手:松若風馬(55キロ)

※着順は1着馬降着による2着からの繰り上げ。

外枠16番から宣言通りにハナへ。

マイペースで4角を回り直線へ。

直線ゴール前ではひと悶着あったが、ゴール板では何と4頭がハナ面を並べる激戦となった。

いろんな意見はあると思うが、この4頭の力は拮抗していたと思われる。

2020年 高松宮記念(G1)のラップ分析&回顧

20/8/23 北九州記念(G3・ハンデ)

小倉 芝1200m 稍重

着順:2着(1.08.1・0.3差)

騎手:松若風馬(56.5キロ)

前半3Fは32.4秒の前傾ラップ。

前半がこのくらい速くても、上りは34秒台でまとめられるのがこの馬の強さだが、馬場の影響や、56.5キロの斤量も影響しただろう、ゴール前で少し脚色が鈍った。

しかし、敗けはしたが見事な横綱相撲。

休み明けを事実上のトップハンデでこの結果なら上々。

2020年 北九州記念(G3)のラップ分析&回顧

モズスーパーフレアの次走

次走は10月4日、中山競馬場 芝1200mで行われる「スプリンターズS(G1)」。

今度はすっきりしたかたちでのG1勝利となるか?

内枠が欲しい。

 

その他、スプリンターズSの出走馬を分析