2021年5月15日【都大路S】終了時点までのデータや実際の走りをもとに、マウントゴールドの好走パターンを分析。(ダート競争は除く)

マウントゴールドの距離適性

マウントゴールドはこれまでに芝1800m~芝2400mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1800m(0-1-0-3)
  • 芝2000m(4-1-2-5)
  • 芝2200m(1-0-1-1)
  • 芝2400m(0-0-0-1)

1800~2200mなら、先手さえ取れれば十分走れる。

マウントゴールドの脚質

逃げ、先行脚質。

先手さえとれればかなりしぶとい競馬をするSP持続型。

しかし、スタートで後手を踏むと脆い。

スタートがすべてのような馬。

切れる脚は期待できない。

マウントゴールドのコース適正

マウントゴールドの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 福島(0-1-0-1)
  • 中山(0-0-1-3)
  • 中京(2-0-0-1)
  • 京都(1-0-0-2)
  • 阪神(1-1-0-1)
  • 小倉(0-0-1-2)

スタートさえ決まれば、コースにはこだわらないだろう。

マウントゴールドの持ち時計(ベストタイム)

マウントゴールドの持ち時計は次の通り;

  • 芝1800m:1.46.5 4着(小倉)
  • 芝2000m:1.57.4 3着(小倉)
  • 芝2200m:2.12.3 3着(中山)
  • 芝2400m:2.26.0 4着(京都)

速い時計にもそこそこ対応可能だが、上り時計が速くなりすぎると厳しい。

マウントゴールドの重馬場適正

マウントゴールドの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(0-1-0-0)
  • 重(未)
  • 不良(未)

道悪はそこそここなせそう。


マウントゴールドの鉄砲実績(休み明け)

マウントゴールドの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(2-1-2-2)

叩いてからは;

  • 2戦目(1-1-1-3)
  • 3戦目(2-0-0-2)
  • 4戦目(0-0-0-1)
  • 5戦目~(0-0-0-1)

マウントゴールドのローテーション適正

  • 連闘(未)
  • 中1~2週(1-0-0-2)
  • 中3~5週(2-0-1-3)
  • 中6~8週(0-1-0-2)

マウントゴールドの枠順適正

マウントゴールドの枠番別着度数は;

  • 1~4番(1-2-0-2)
  • 5~9番(3-0-2-7)
  • 10~14番(1-0-1-1)

とにかく先手が取りたい馬、枠も内が欲しいだろう。

マウントゴールドの季節別着度数

  • 12~2月(冬):(0-1-0-5)
  • 3~5月(春):(2-0-1-2)
  • 6~8月(夏):(2-1-1-2)
  • 9~11月(秋):(1-0-1-1)

マウントゴールドの斤量別着度数

  • 54キロ(0-0-1-0)
  • 55キロ(0-0-1-1)
  • 56キロ(2-1-0-5)
  • 57キロ(2-0-1-2)
  • 58キロ(1-1-0-2)

斤量を背負ってもそこそこ走る。


マウントゴールドの好走体重

3着以内の体重は;

  • 440~458キロ

マウントゴールドの血統背景

父はステイゴールド(サンデー系/香港ヴァーズ、春天2着、秋天2着、宝塚記念2着)。

母の父はマリントリヴァーモア(ナスルーラ系レッドゴッド)。

マリントリヴァーモアは米国で走り、ダートの短距離で活躍。

次走、七夕賞(G3・ハンデ)に向けて

次走は7月11日(日)、福島競馬場 芝2000mで行われる「七夕賞(G3・ハンデ)」。

ハンデは57キロ。

先手さえ取れれば、このクラスならそこそこやれる馬。

 

⇒その他、2021・七夕賞(G3)の出走馬を分析

 



関連記事(一部広告を含む)