2020年10月4日【ポートアイランドS】終了時点までのデータをもとに、モルフェオルフェの好走パターンを分析。(ダート競争は除く)

モルフェオルフェの距離適性

モルフェオルフェはこれまでに芝1200m~芝2000mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1200m(1-0-0-4)
  • 芝1400m(0-0-0-3)
  • 芝1600m(3-1-1-4)
  • 芝1800m(0-0-0-5)
  • 芝2000m(0-0-0-1)

ベストは千六

千八は、3歳時に「フラワーカップ(G3)」で逃げて、0.6差まで粘った実績もある。

二千になるとちょっと長い。

千二、千四はペースが速いだけに、ムキになって走るところがあるみたいで、現状ではあまり向いていない印象がある。

モルフェオルフェの脚質

逃げられないときは番手に控えても大丈夫だが、基本的には「逃げ」て持ち味を発揮する。

千六なら、前につけてなかなかしぶとい。

モルフェオルフェのコース適正

モルフェオルフェの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 函館(0-0-0-1)
  • 札幌(0-0-0-2)
  • 福島(1-0-0-3)
  • 新潟(0-0-0-1)
  • 東京(0-1-0-5)
  • 中山(3-0-1-5)
  • 中京(0-0-0-1)
  • 小倉(0-0-0-1)

上りはかかった方が良いので、直線の長いコースよりも、内回り、小回りの方が走りやすいだろう。

函館、札幌は滞在競馬だが、小倉は長距離輸送だった。

関西圏での出走もないので、長距離輸送には難があるのかもしれない。

モルフェオルフェの持ち時計(ベストタイム)

モルフェオルフェの持ち時計は次の通り;

  • 芝1200m:1.08.9 6着(0.4差・中山)
  • 芝1400m:1.21.7 14着(1.2差・東京)
  • 芝1600m:1.32.4 6着(0.3差・中山)
  • 芝1800m:1.47.9 14着(2.0差・札幌)
  • 芝2000m:2.04.1 14着(3.0差・小倉)

ベストタイムでの着順がどれも良くない。

高速決着、高速馬場では出番はないと見て良い。

モルフェオルフェの重馬場適正

モルフェオルフェの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(0-0-0-3)
  • 重(0-0-0-1)
  • 不良(0-1-0-1)

データ的には道悪は悪いように見えるが、これは道悪以外に敗因があったと見るべき。

基本的に道悪は苦にしないと思う。

モルフェオルフェの鉄砲実績(休み明け)

モルフェオルフェの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は(ダート含む);

  • 10週以上(2-1-0-3)

叩いてからは;

  • 2戦目(0-0-0-6)
  • 3戦目(0-0-1-2)
  • 4戦目(1-0-0-2)
  • 5戦目~(1-0-0-6)

休み明けは狙い目。

モルフェオルフェの枠順適正

モルフェオルフェの枠番別着度数は;

  • 1~4番(0-1-0-4)
  • 5~9番(2-0-0-6)
  • 10~14番(2-0-0-9)
  • 15~18番(0-0-1-0)

逃げ馬だけに、内枠が良いのは確か。

モルフェオルフェの斤量別着度数

  • 49キロ(1-0-0-0)
  • 51キロ(0-0-0-3)
  • 52キロ(1-0-0-4)
  • 53キロ(1-0-0-1)
  • 54キロ(1-1-1-8)
  • 55キロ(0-0-0-3)

モルフェオルフェの季節別着度数

※ダート含む

  • 12~2月(冬):(2-0-1-5)
  • 3~5月(春):(0-0-0-6)
  • 6~8月(夏):(1-0-0-6)
  • 9~11月(秋):(1-1-0-3)

秋から冬に調子がよさそう。

モルフェオルフェの好走体重

3着以内の体重は;

  • 426~450キロ

モルフェオルフェの血統背景

父はオルフェーブル(サンデー系ステイゴールド)。

母の父はキングカメハメハ(ミスプロ系キングマンボ)。

モルフェオルフェの次走

次走は12月19日、中山 芝1600mで行われる、「ターコイズS(G3・ハンデ)」。

ハンデは52キロ。

中山の1600mは(3-0-1-1)。

ハンデを考えると軽視はできない。

 

その他、ターコイズSの出走馬を分析