2020年4月25日【福島牝馬S】終了時点までのデータをもとに、モルフェオルフェの好走パターンを分析。(ダート競争は除く)

モルフェオルフェの距離適性

モルフェオルフェはこれまでに芝1200m~芝2000mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1200m(1-0-0-4)
  • 芝1400m(0-0-0-3)
  • 芝1600m(3-1-1-3)
  • 芝1800m(0-0-0-4)
  • 芝2000m(0-0-0-1)

ベストは千六

千八は、3歳時に「フラワーカップ(G3)」で逃げて、0.6差まで粘った実績もある。

二千になるとちょっと長い。

千二、千四はペースが速いだけに、ムキになって走るところがあるみたいで、現状ではあまり向いていない印象がある。

モルフェオルフェの脚質

逃げられないときは番手に控えても大丈夫だが、基本的には「逃げ」て持ち味を発揮する。

千六なら、前につけてなかなかしぶとい。

モルフェオルフェのコース適正

モルフェオルフェの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 函館(0-0-0-1)
  • 札幌(0-0-0-1)
  • 福島(1-0-0-3)
  • 新潟(0-0-0-1)
  • 東京(0-1-0-5)
  • 中山(3-0-1-5)
  • 小倉(0-0-0-1)

上りはかかった方が良いので、直線の長いコースよりも、内回り、小回りの方が走りやすいだろう。

函館、札幌は滞在競馬だが、小倉は長距離輸送だった。

関西圏での出走もないので、長距離輸送には難があるのかもしれない。

モルフェオルフェの持ち時計(ベストタイム)

モルフェオルフェの持ち時計は次の通り;

  • 芝1200m:1.08.9 6着(0.4差・中山)
  • 芝1400m:1.21.7 14着(1.2差・東京)
  • 芝1600m:1.32.4 6着(0.3差・中山)
  • 芝1800m:1.49.7 16着(2.9差・福島)
  • 芝2000m:2.04.1 14着(3.0差・小倉)

ベストタイムでの着順がどれも良くない。

高速決着、高速馬場では出番はないと見て良い。

モルフェオルフェの重馬場適正

モルフェオルフェの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(0-0-0-3)
  • 重(0-0-0-1)
  • 不良(0-1-0-1)

データ的には道悪は悪いように見えるが、これは道悪以外に敗因があったと見るべき。

基本的に道悪は苦にしないと思う。

モルフェオルフェの鉄砲実績(休み明け)

モルフェオルフェの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(2-1-0-2)

気にしなくてもよさそう。

モルフェオルフェの血統背景

父はオルフェーブル(サンデー系ステイゴールド)、母の父はキングカメハメハ(ミスプロ系キングマンボ)。

5代血統内のクロスは;

  • サンデーサイレンス 25.00% 3×3
  • ノーザンテースト 9.38% 5×4

モルフェオルフェの近走

19/9/21 2勝クラス

中山 芝1600m 良

着順:1着(1.32.9 頭差)

騎手:木幡育也(△53キロ)

道中7~8馬身のリード。

直線を向いてもまだ5馬身ほどのリード。

ゴール前詰め寄られるがアタマ差しのぎ切ってゴール。

見習い減量ジョッキーで2キロ減はあったものの、ラップはそれほど緩くはなく、評価できる逃げ切り勝ち。

19/9/21 立志S(3勝・ハンデ)

中山 芝1600m 良

着順:1着(1.34.1 クビ差)

騎手:江田照夫(52キロ)

主張する馬にハナを譲って2番手追走。

前半800mだけを見るならば、前走よりもペースは0.1秒遅い。

手応えよく4角を回ると、直線は残り200mで抜け出して、追ってくる2着馬をクビ差しのいでゴール。

レースの上りは36.0秒とかなりかかった分、ハンデの52キロが効いた感じ。

それでもこの距離なら、前につければなかなかしぶとい。

19/9/21 愛知杯(G3・ハンデ)

小倉 芝2000m 重

着順:14着(2.04.1 3.0差)

騎手:丹内祐次(53キロ)

道中マイペースで逃げていたが、3~4角中間で並びかけられて、直線に向いたときはもう一杯のような感じ。

重馬場というより、重賞挑戦でいきなりの400mの距離延長はきつかったのではないか。

関東圏からの長距離輸送もちょっと長すぎる。

20/2/9 東京新聞杯(G3)

東京 芝1600m 良

着順:16着(1.35.5 2.5差)

騎手:江田照男(54キロ)

2枠3番からの逃げ。

同レースの過去の良馬場平均よりも速いラップを刻んで逃げた。

直線も残り300mまで粘っていたが、そこで一杯。

序盤競ったことでペースを落とすに落とせない状況になったのか?

いずれにしてもハイラップ、これではきつい。

20/3/14 中山牝馬S(H3・ハンデ)

中山 芝1800m 不良 16頭

着順:8着(1.51.1・0.9差)

騎手:江田照夫(52キロ)

6枠12番から果敢にハナへ。

不良馬場ながらそこそこのラップを刻んだ。

道中は2~3馬身離して逃げていたが、3角あたりで番手につけていたリュヌルージュに早めに競られるかたちになる。

残り100mあたりまでは粘っていたが、そこまで。

不良馬場でそこそこ速いラップを刻み、早目に競りかけられてもここまで粘った。

力はある。

20/4/25 福島牝馬S(G3)

福島 芝1800m 良 16頭

着順:16着(1.49.7・2.9差)

騎手:木幡育也(54キロ)

6枠12番からハナへ。

そんなに速い逃げではなかったが、3角を過ぎて2番手追走のランドネに早めにハナを奪われててリズムが狂ったのか?

1800mの距離もちょっと長そう。

モルフェオルフェの次走

次走は札幌競馬場 芝1800mで行われる「クイーンS(G3)」の予定。

引き続き1800mだが、1800mはちょっと長そうだし、同系の逃げ馬も多い。

 

⇒ その他、クイーンSの出走馬を分析