2020年5月3日【天皇賞(春)】終了時点までのデータをもとに、ミッキースワローの好走パターンを分析。

ミッキースワローの距離適性

ミッキースワローはこれまでに、芝1800m~芝3000mの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1800m(0-0-1-1)
  • 芝2000m(2-1-1-3)
  • 芝2200m(2-2-0-2)
  • 芝2400m(0-0-0-1)
  • 芝2500m(1-0-0-1)
  • 芝3000m(0-0-0-1)
  • 芝3200m(0-0-1-0)

芝1800m(0-0-1-1)

2鞍で走っているが、どちらのレースも超スローペースの展開を後方からの競馬。

展開が違えば走ってくる可能性は高い。

芝2000m(2-1-0-3)

「七夕賞(G3)」で勝利。「新潟大賞典(G3)」では2着。

適正は十分。

芝2200m(2-1-0-2)

5着に敗れた「京都新聞杯(G2)」も着差は0.1差。

距離的には十分に守備範囲。

芝2400m~3200m(1-0-1-3)

2020年の「日経賞(G2)」で勝利。

2017年の「菊花賞(G1)」では0.8差の6着。

2020年の「天皇賞(春)」では0.4差の3着。

3000m以上にしても、あながち走れない距離ではない。

結論

距離的には1800m~2200mの中距離がベストだろう。

ただ、それ以上の距離でも、展開が向けば飛んでくる可能性はある。

ミッキースワローの脚質

基本的には後方からの競馬になるので、後方一気の追い込み、マクリの戦法をとることが多い。

しかし、ほとんどの場合、後方一気だと差し届かない。

ミッキースワローの勝ちパターンは、3角手前くらいからマクッて行く早仕掛けで順位を上げて、長く良い脚を使って先団に迫るという競馬。

そのためには上り時計がある程度かかってくれないと厳しくなる。

ミッキースワローのコース適正

ミッキースワローの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 札幌(0-0-0-1)
  • 福島(2-0-2-0)
  • 新潟(0-1-0-0)
  • 東京(0-0-0-2)
  • 中山(3-2-0-3)
  • 京都(0-0-1-2)
  • 阪神(0-0-0-1)

中山と福島を得意にしている

ミッキースワローの持ち時計(ベストタイム)

ミッキースワローの各距離でのベストタイムは次の通り;

  • 芝1800m:1.48.5 3着(クビ+頭差・福島)
  • 芝2000m:1.58.7 2着(0.1差・新潟)
  • 芝2200m:2.12.3 2着(0.3差・中山)
  • 芝2400m:2.21.9 5着(1.3差・東京)
  • 芝2500m:2.32.9 1着(-0.2差・中山)
  • 芝3000m:3.19.7 6着(0.8差・京都)
  • 芝3200m:3.16.9 3着(0.4差・京都)

ミッキースワローの脚質は後方からなので、速い時計が出る馬場には基本的には向かない。

ミッキースワローの重馬場適正

時計のかかる展開は大歓迎のミッキースワローだが、意外にも道悪競馬は苦手のようだ;

  • 稍重(1-0-0-4)
  • 不良(0-0-0-1)

稍重で勝った「七夕賞(G3)」は、前半1000mが58.0秒のかなり速いペース。

レースの上りも37.5秒かかっており、ミッキースワローにとっては、展開が苦手を相殺した感じ。

ミッキースワローの鉄砲実績(休み明け)

ミッキースワローの10週以上(中9週)の休み明けでの実績は;

  • 10週以上(0-3-1-4)

叩いてからだと;

  • 2戦目(2-0-1-2)
  • 3戦目(1-0-1-1)
  • 4戦目(未)
  • 5戦目~(未)

どちらかと言えば、叩き良化型か。

ミッキースワローの重賞実績

ミッキースワローの重賞での実績は次の通り;

  • G1(0-0-1-4)
  • G2(2-2-0-3)
  • G3(1-1-1-1)

G1では、まともに戦っては歯が立たない印象。

ただ、脚質が脚質なだけに、展開が大きく味方してくれた場合には、後方から飛んでくる可能性もないことはない。

G2、G3では互角の戦いができている。

ミッキースワローの近走診断

19/4/29 新潟大賞典(G3)新潟芝2000m

着順:2着(0.1差)騎手:横山典弘(57.5キロ)

いつものように後方から。

直線は馬場の内側をうまく捌いて抜け出してくる。

トップハンデ57.5キロでも、このクラスだとまだまだやれる。

19/6/9 エプソムC(G3)東京芝1800m 稍重

着順:10着(1.0差)騎手:横山典弘(56キロ)

前半の1000mが63.9秒の超スローぺス。

後ろからのミッキースワローにはどうにもならない展開。

降雨で稍重という外的不利も響いた感じ。

19/7/7 七夕賞(G3)福島芝2000m 稍重

着順:1着(-0.1差)騎手:菊沢一樹(57.5キロ)

前走とは打って変わって前半1000mが58.0秒のハイペース。

3角手前から進出を開始したミッキースワローは4角では4番手。

直線では早々先頭に立ち、追いすがるクレッシェンドラヴをなんとか振り切ってゴール。

展開の利はあったとはいえ、ここでもトップハンデで強い競馬。

調子は良さそう。

19/9/22 オールカマー(G2)中山芝2200m

着順:2着(0.3差)騎手:菊沢一樹(56キロ)

スティッフェリオにマイペースの逃げを許し、ミッキースワローの脚を持ってしても0.3差詰め寄るのがやっと。

こういう差し届かない競馬はよくあること。

馬券圏内確保も良いが、玉砕覚悟でもう少し早めにスパートしたらどうか?

19/11/10 福島記念(G3)福島芝2000m

着順:3着(0.2差)騎手:菊沢一樹(58.5キロ)

いつものように後方から、3角付近で進出開始。

直線も外から伸びてはいるが、ハンデ58.5キロが微妙に響いて0.2差。

さすがのミッキースワローも、58.5キロは重い。

20/1/26 アメリカJCC (G2)

中山 芝2200m 良 12頭

着順:4着(2.15.6・0.6差)

騎手:横山典弘(56キロ)

3枠3番から道中は中団の前あたりの位置取り。

3角過ぎた勝負どころで、故障発生のマイネルフロストを避けるかたちで外々を回る展開に。

直線は上り3位の36.5秒の脚で追い上げてきているだけに、あの不利は痛かった。

20/3/28 日経賞(G2)

中山 芝2500m 良 14頭

着順:1着(2.32.9・-0.2差)

騎手:横山典弘(56キロ)

大外14番から後方の外目にポジションを取る。

向正面でジワジワと順位を上げて3角では7番手。

3~4角でも馬群の外目から進出して、4角は5番手の外で直線。

直線は馬場の外目から末脚鋭く差し切ってゴール。

レースの上りは36.6秒。

この馬の型にぴったりとはまったレース。

鞍上の終始馬場の悪い内側を避けたコース取りも光った。

20/5/3 天皇賞(春)(G1)

京都 芝3200m 良

着順:3着(3.16.9・0.4)

騎手:横山典弘(58キロ)

序盤は後方、向正面からジワジワと順位を上げて3角5番手、4角は4番手で直線。

直線はフィエールマンと一緒に伸びて来るが、最後は伸びを欠いて3着は。

早めに動いて来た分、最後の脚に響いたが、この3着は大健闘。

ミッキースワローの次走

次走は9月27日、中山競馬場 芝2200m(外)で行われる「オールカマー(G2)」。

得意の中山で、ここは獲りにくるか。

 

その他、オールカマーの出走馬を分析