2022年2月19日【有馬記念】終了時点までのデータをもとに、メロディーレーンの好走パターンを分析。

メロディーレーンの距離適性

メロディーレーンはこれまでに芝1600m~芝3400mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1600m(0-0-0-1)
  • 芝1800m(0-0-0-1)
  • 芝2000m(0-0-1-6)
  • 芝2200m(0-0-0-1)
  • 芝2400m(1-0-2-3)
  • 芝2500m(0-0-0-1)
  • 芝2600m(2-0-0-1)
  • 芝3000m(1-0-0-2)
  • 芝3200m(0-0-0-3)
  • 芝3400m(0-0-0-1)

適正は明らかに長距離だが、OPで通用するか否かは疑問。

メロディーレーンの脚質

中団からの差し、後方からの追い込み。

いずれにしても終いを生かす競馬だが、どちらかと言えばスローペース巧者。

スローペースで、上り時計が少しかかってくるくらいが丁度良さそう。

タフな流れになると終いが伸びない。

ただ、道悪は苦にしないので、道悪なりにペースが緩めば好走もある。

メロディーレーンのコース適正

メロディーレーンの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 東京(0-0-0-2)
  • 中山(0-0-0-1)
  • 中京(0-0-0-2)
  • 京都(0-0-2-6)
  • 阪神(3-0-1-8)
  • 小倉(0-0-0-1)

関東圏への遠征競馬が少なく、結果も出ていない。

メロディーレーン持ち時計(ベストタイム)

メロディーレーンの2400m以上の距離での持ち時計は次の通り;

  • 芝2400m:2.25.6 4着(阪神)
  • 芝2500m:2.35.2 15着(中山)
  • 芝2600m:2.36.3 10着(阪神)
  • 芝3000m:3.03.4 5着(阪神)
  • 芝3200m:3.16.1 7着(阪神)
  • 芝3400m:3.32.2 13着(東京)

速い時計の決着には向かない。

メロディーレーンの重馬場適正

メロディーレーンの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(1-0-1-2)
  • 重(1-0-0-0)

基本的に道悪は大歓迎の口だろう。


メロディーレーンの鉄砲実績(休み明け)

メロディーレーンの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(3-0-0-1)

叩いてからは;

  • 2戦目(0-0-0-4)
  • 3戦目(0-0-0-4)
  • 4戦目(0-0-0-3)
  • 5戦目~(1-0-2-5)

メロディーレーンのローテーション適正

  • 連闘(未)
  • 中1~2週(1-0-1-7)
  • 中3~5週(0-0-1-7)
  • 中6~8週(0-0-1-4)

中2週での馬券圏内はいずれも未勝利戦。

メロディーレーンの枠順適正

メロディーレーンの枠番別着度数は;

  • 1~4番(1-0-0-5)
  • 5~9番(0-0-3-8)
  • 10~14番(3-0-0-6)
  • 15~18番(0-0-0-1)

頭数別のデータが;

  • ~13頭立て(3-0-2-4)
  • 14頭立て~(1-0-1-16)

内枠に入って揉まれる競馬は苦手かも。

メロディーレーンの季節別着度数

  • 12~2月(冬):(1-0-0-6)
  • 3~5月(春):(0-0-1-8)
  • 6~8月(夏):(1-0-1-3)
  • 9~11月(秋):(2-0-1-3)

メロディーレーンの斤量別着度数

  • 49キロ(1-0-0-2)
  • 51キロ(1-0-2-5)
  • 52キロ(0-0-0-1)
  • 53キロ(1-0-0-2)
  • 54キロ(0-0-0-5)
  • 55キロ(1-0-1-2)
  • 56キロ(0-0-0-3)

350キロ前後の小型馬だけに、斤量が重くなると苦しいか。


メロディーレーンの好走体重

3着以内の体重は;

  • 338~354キロ

メロディーレーンの血統背景

父はオルフェーブル(牡馬3冠、有馬記念、宝塚記念、凱旋門賞2着)。

母の父はモティヴェイター(ND系サドラーズウェルズ)。

モティヴェイターは欧州で走り、芝のG1を2勝。主要距離はマイル~2400m。

全弟にタイトルホルダー(弥生賞、皐月賞2着)。

メロディーレーンの前走

21/10/31 古都S(3歳上・3勝クラス・ハンデ)

阪神 芝3000m(内)良

着順:1着(3.07.2・-0.1差)

騎手:岩田望来(53キロ)

道中は3~4番手。

4角は2番手の最内で直線に向くと、直線では逃げ粘るタイセイモナークを坂の上りでなんとか捉えて1馬身差のゴール。

このクラスでこのハンデならなんとかなるライン。

ちなみに前週同コースで行われた「菊花賞」の走破タイムは3.04.6。

21/12/26 有馬記念(G1)

中山 芝2500m 良

着順:15着(2.35.2・3.2差)

騎手:岩田望来(55キロ)

道中は中団の後ろ、10番手の内。

3~4角でペースが上がったときは、最内ながら流れについて行けない感じで、4角は13番手の内で直線。

直線も馬場の内目を追い出してくるが、すでに脚は残っておらず、15着に敗れる。

このクラスでは明らかに力不足。

2021年 有馬記念(G1)のラップ分析&回顧

22/2/19 ダイヤモンドS(G3・ハンデ)

東京 芝3400m 良

着順:13着(3.32.2・2.1差)

騎手:菅原明良(52キロ)

道中は中団の後ろ、7番手の外。

4角は8番手の外で直線。

直線は馬群の中ほどから追い上げに入るが、まったく伸びを欠いて13着。

ハンデがハンデだけに、もう少し走っても良さそうなものだが、やはり長距離輸送の影響があるのかもしれない。

2022年 ダイヤモンドS(G3)のラップ分析&回顧

次走、天皇賞(春)(G1)に向けて

次走は5月1日(日)、阪神競馬場 芝3200m(外⇒内)で行われる「天皇賞(春)(G1)」。

昨年から引き続いての参戦だが、やはり厳しい。

 

⇒その他、天皇賞(春)(G1)の出走馬を分析