2021年2月14日【北九州短距離S】終了時点までのデータや実際の走りをもとに、メイショウキョウジの好走パターンを分析。(ダート競争は除く)

メイショウキョウジの距離適性

メイショウキョウジはこれまでに芝1200m~芝2000mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1200m(3-5-3-5)
  • 芝1400m(0-2-0-2)
  • 芝1600m(1-1-1-0)
  • 芝1800m(0-0-1-1)
  • 芝2000m(0-0-0-1)

ベストは1200m、1600mまでは守備範囲。

メイショウキョウジの脚質

「逃げ」、「先行」など、前に行ってしぶとい競馬。

ペースを問わず、相手也に走る堅実な馬。

「抜けるとフワッとする」癖があるようなので、それが2、3着が多い理由として考えられる。

OP昇格後はどう言うわけかその堅実さが影を潜め、二ケタ着順を繰り返していたが、前走「北九州短距離S」ではブリンカーを着用して、芝千二の自己ベストを0.8秒も短縮する激走を見せて3着に入った。

メイショウキョウジのコース適正

メイショウキョウジの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 福島(0-0-0-1)
  • 新潟(0-0-0-1)
  • 東京(0-0-0-1)
  • 中山(1-0-0-2)
  • 中京(0-3-0-1)
  • 京都(0-2-1-0)
  • 阪神(0-0-1-2)
  • 小倉(2-3-3-1)
  • 盛岡(1-0-0-0)

小倉巧者と見ていいだろう。

メイショウキョウジの持ち時計(ベストタイム)

メイショウキョウジの持ち時計は次の通り;

  • 芝1200m:1.07.2 3着(小倉)
  • 芝1400m:1.20.4 2着(中京)
  • 芝1600m:1.34.3 2着(中京)
  • 芝1800m:1.48.4 3着(京都)
  • 芝2000m:2.01.8 4着(阪神)

1200mの時計はまずまず。


メイショウキョウジの重馬場適正

メイショウキョウジの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(1-2-0-2)
  • 重(1-1-0-0)

道悪は苦にしない。

メイショウキョウジの枠順適正

メイショウキョウジの枠番別着度数は;

  • 1~4番(1-2-2-1)
  • 5~9番(1-2-1-2)
  • 10~14番(2-3-1-4)
  • 15~18番(0-1-1-2)

条件クラスでは馬券圏内を外すことがほとんどなかった馬なので、こういうデータも現状ではあまり参考にならないが・・・。

メイショウキョウジの鉄砲実績(休み明け)

メイショウキョウジの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は(ダート含む);

  • 10週以上(1-1-1-2)

叩いてからは;

  • 2戦目(1-1-0-1)
  • 3戦目(1-1-0-1)
  • 4戦目(0-1-0-2)
  • 5戦目(0-1-0-1)

メイショウキョウジの季節別着度数

※ダート含む

  • 12~2月(冬):(1-3-2-1)
  • 3~5月(春):(1-0-1-3)
  • 6~8月(夏):(1-2-2-3)
  • 9~11月(秋):(1-3-0-2)

メイショウキョウジの斤量別着度数

  • 54キロ(0-0-0-1)
  • 55キロ(0-1-0-2)
  • 56キロ(1-3-5-5)
  • 57キロ(3-4-0-1)

斤量の増加には動じない。


メイショウキョウジの好走体重

3着以内の体重は;

  • 466~486キロ

メイショウキョウジの血統背景

父はダイワメジャー(サンデー系)。

母の父はクリスエス(ロベルト系)。

父は芝のマイルから中距離でG1を5勝。

母の父は米国で走り、現役時代には目立った成績は挙げていないが、種牡馬としては多くの「ブリーダーズカップ」優勝馬を排出している。日本では芝向きの中距離血統。

メイショウキョウジの次走

次走は2月28日(日)、阪神競馬場 芝1400m(内)で行われる「阪急杯(G3)」。

前走はブリンカー着用で久々の激走。これが刺激になっていれば、今走もそこそこやれるだけの力はある馬。

ただ、このクラス、このコースではやはり見劣る。

 

その他、阪急杯(G3)の出走馬を分析

 

 



関連記事(一部広告を含む)