2019年5月31日【目黒記念】終了時点までのデータをもとに、メートルダールの好走パターンを分析。

メートルダールの適正距離

メートルダールは今までに、芝1500m~2400mの間の距離を使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1500m(0-0-1-0)
  • 芝1600m(1-0-0-1)
  • 芝1800m(1-1-2-0)
  • 芝2000m(4-1-2-8)
  • 芝2200m(0-0-1-1)
  • 芝2400m(0-0-0-2)
  • 芝2500m(0-0-0-1)

となっている。

芝1500~1600mの適正

芝1500mは札幌で行われた新馬戦だが、相手関係が手薄な新馬戦で3着。

芝1600mは1勝を上げているものの、これは超スローペースの先行前残りで、時計も遅く、あまり評価できる勝ちではない。

これらの内容を見る限り、芝1500~1600mに関しては、陣営もあまり使っていないことから、適距離とは考えにくい。

芝1800~2200mの適正

芝1800mに関しては全て3着以内、芝2000mに関しては4勝、2着1回とまずまずの成績。

芝2200mに関しては、アメリカジョッキークラブカップ(G2)で0.1差の3着に入る健闘をみせている。

他にも、3歳重賞セントライト記念(G2)でも、着外ながらも0.5差。

1800m~2200mが適距離である可能性が高い。

芝2400~2500mの適正

3回使っていずれも着外で、0.7~1.1秒の着差がついている。

距離が長いのだろう。

メートルダールの好走パターン

メートルダールの芝1800~2200mでの好走パターンを分析してみる。

脚質

メートルダールの芝1800~2200mでの脚質は、中団からの差し脚、もしくは後方からの追い込みがほとんど。

どちらの脚質でも勝ち鞍はあるが、中団につけたときの方が勝率はいい。

ペース

メートルダールが好走したレースは緩い展開が多い。

速くてもミドルペースくらいまで。

「スローのヨーイドン」的なレース展開になれば、中団からの末脚が炸裂する。

レースコース

メートルダールの芝1800m~2200mでの競馬場別着度数は次の通り;

  • 函館(0-0-0-1)
  • 新潟(0-1-1-2)
  • 福島(0-0-0-1)
  • 東京(3-0-2-1)
  • 中山(1-0-2-1)
  • 中京(1-0-0-3)
  • 京都(0-1-0-1)
  • 阪神(0-0-0-1)

左回りが良いみたいで;

  • 右回り(1-1-3-5)
  • 左回り(5-1-3-8)

あとは、広いコースの方が競馬はしやすそうで、小回りコースでは苦戦傾向。

枠順

メートルダールの枠番別着度数は;

  • 1~4番(2-1-1-2)
  • 5~9番(2-1-3-4)
  • 10~14番(2-0-2-6)
  • 15~18番(0-0-0-1)

休み明け

メートルダールの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(2-1-1-7)

さほど気にする必要はなさそう。

重馬場

メートルダールの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(0-0-3-2)

直近2鞍の稍重馬場では、まったく精彩を欠いている。

メートルダールの季節別着度数

  • 12~2月(冬):(3-0-3-1)
  • 3~5月(春):(0-1-1-7)
  • 6~8月(夏):(1-0-0-2)
  • 9~11月(秋):(2-1-2-3)

秋冬型。

メートルダールの斤量別着度数

  • ~52キロ(未)
  • 52.5~54キロ(0-0-1-0)
  • 54.5~56キロ(5-1-5-9)
  • 57キロ~(1-1-0-4)

メートルダールの適正体重

  • 466~490キロ

メートルダールの血統背景

父はゼンノロブロイ(サンデー系)、母の父はシルヴァーホーク(ロベルト系)。

母の父は欧州で走り、芝の1600m、2400mで活躍。中央でG1を4勝したグラスワンダーの父。

メートルダールの近走診断

19/1/20 アメリカJCC(G2)中山芝2200m 3着(0.1差)

前後半1000mのペースバランスが-3.5秒と、超がつくスローペース。

メートルダールにとっては格好のお膳立てとなった。

4角で大外を回して直線に入ってきたメートルダール。有力馬にくらいついての0.1差は大健闘。

19/3/10 金鯱賞(G2)中京芝2000m 稍重 13着(1.7差)

先ほども触れた稍重馬場での敗戦。

しかし、負けるにしても着順が悪すぎる。

19/4/29 新潟大賞典(G2)新潟芝2000m 9着(0.8差)

スローペースの中団から直線を向いた、いつもなら好走パターンのレースだが、直線なかほどから全く伸びを欠いた。

好走パターンでの大敗は、少し気になるところ。

連戦の疲れもあったか?

19/7/14 函館記念(G3)函館芝2000m 7(1.2差)

いつものように後方から脚を伸ばすが、不発に終わる。

上りはメンバー最速ながら、前が止まらない展開。

位置取りも後ろ過ぎた。

19/10/6 京都大賞典(G2)京都芝2400m 8着(1.0差)

中団につけて早めに仕掛けて上がっていくが、直線で失速。

現状打破を狙った積極策は評価できるが・・・。

19/11/10 福島記念(G3)福島芝2000m 8着(0.7差)

後方からの競馬。直線でも脚は出せず。

最近はずっとこんな感じ。

20/5/10 新潟大賞典(G3・ハンデ)

新潟 芝2000m(外)良 16頭

着順:7着(1.59.5・0.9差)

騎手:菅原明良(56キロ)

約半年ぶりの競馬。

道中は後方で脚を溜めて、直線では馬場の外目を追い込んでくるが、0.9差まで。

毎回、同じ競馬の繰り返し。

20/5/31 目黒記念(G2・ハンデ)

東京 芝2500m 良

着順:7着(2.30.3・0.7差)

騎手:浜中俊(56キロ)

この距離は長い。

メートルダールの次走

次走は9月6日 新潟競馬場 芝2000m(外)で行われる「新潟記念(G3・ハンデ)」。

ハンデは56キロ。

適距離、適コースだが、近走を見る限り、往年の末脚が戻っているとは思えない。

 

その他、新潟記念の出走馬を分析