ルペルカーリアのキャリアはまだ4戦だけなので、近走のみを振り返る。

ルペルカーリアの近走

21/3/27 毎日杯(G3)

阪神 芝1800m 良

着順:4着(1.44.4・0.5差)

騎手:福永祐一(56キロ)

4枠4番から道中は2番手追走。

開幕週の高速馬場に加えて前半1000mが57.6秒の速い流れ。

ルペルカーリアは4角も2番手で直線に向くと、直線入口では逃げるウエストンバートを交わして先頭。

そのあと残り200mあたりまでは踏ん張っていたが、坂の上りでディープインパクト産駒の3頭に交わされて4着。

勝ったシャフリヤールの走破時計1.43.9はレコード。

ここは明らかに切れ負けした格好。

2021年 毎日杯(G3)のラップ分析&回顧

21/5/8 京都新聞杯(G2)

中京 芝2200m 良

着順:2着(2.11.3・0.1差)

騎手:福永祐一(56キロ)

4枠4番からハナへ。

前半1000mは59.9秒の平均ペース。

4角も先頭で直線に向き、後続との差は3~4馬身。

坂の上りでは内にもたれかげんで苦しそうな感じ。

案の定、坂を上ってレッドジェネシスに詰め寄られ、ゴール前ではきっちり交わされての2着。

最後に内にもたれたのは、バテたせいではなく、身体がまだ出来上がっていないから、とはレース後の鞍上の談話。

坂を上りきって0.1差まで逃げ粘ったのだから、この馬も強かった。

2021年 京都新聞杯(G2)のラップ分析&回顧

ルペルカーリアの脚質

前につけるとかなりしぶとい競馬をするスピード持続型だろう。

しかし、高速馬場や上りでキレを求められる展開になると苦戦傾向。

ただ、「京都新聞杯」終了時点ではまだまだ成長途上。

良血馬だけに、この先の成長力に期待が持てる。


ルペルカーリアの重馬場適正

重馬場の未勝利戦を3馬身差の圧勝。

切れ味で劣る分、道悪は歓迎の口だろう。

ルペルカーリアの血統背景

父はモーリス(ロベルト系/安田記念、香港マイル、マイルCS、チャンピョンズマイル、秋天、香港カップ)。

母はシーザリオ(オークス、アメリカンオークス、桜花賞2着)。

母の父はスペシャルウィーク(サンデー系/日本ダービー、春天、秋天、ジャパンカップ)。

半兄にサートゥルナーリア(ホープフルS、皐月賞)、エピファネイア(菊花賞、ジャパンカップ)、リオンディーズ(朝日杯FS)。

次走、セントライト記念(G2)に向けて

次走は9月20日(月)、中山競馬場 芝2200mで行われる「セントライト記念(G2)」。

中山コースは初参戦だが、脚質的には合ってそう。

ここでは当然有望な一頭になる。

 

⇒その他、2021・セントライト記念(G2)の出走馬を分析

 



関連記事(一部広告を含む)