2019年11月24日【京阪杯】終了時点までのデータをもとに、リナーテの好走パターンを分析していきます。

リナーテの距離適性

リナーテはこれまでに、芝1200m~芝1800mの距離に使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1200m(4-1-1-4)
  • 芝1400m(1-2-0-2)
  • 芝1600m(1-0-0-2)
  • 芝1800m(0-0-0-2)

ベストは1200m~1400mあたりか?

詳細を見てみる。

芝1200m

この距離では、G1を除くとさほど大負けはしていない

適正に問題はないだろう。

芝1400m

こちらの距離は、下級条件のころは大敗が続いたが、1600万条件はこの距離で勝ち上がり、OP昇格後は重賞で2回の2着。

適正に問題はないと思う。

芝1600m

勝ったのは新馬戦の1勝。

あとは重賞で着外が2回。

陣営からも「少し長い」というコメントも出ているように、適正が合っているとは言えないだろう。

芝1800m

この距離になると、折り合いに苦労するようで結果も残せていない。

この距離は向いていないのだろう。

リナーテの脚質

リナーテはスタートがあまり速くはない。

なので、ポジションはいつも「中団~中団の後ろ」につけることが多くなるようだ。

しかしそこで脚を溜めれば、終いは最速32秒台の末脚を繰り出してくる「鬼脚の持ち主。

リナーテのペース適正

リナーテはハイペースの展開では強さを発揮する。

ハイペースで先団が一杯になったところを中団から抜け出して一蹴するイメージ。

ペースが遅くなると、折り合いを欠いたり、差し届かないといった弱点が露呈される可能性が高くなるため、ペースは流れるに越したことはない。

リナーテのコース適正

リナーテの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 札幌(2-0-1-1)
  • 函館(1-0-0-1)
  • 新潟(0-0-0-1)
  • 東京(1-1-0-1)
  • 中山(0-0-0-2)
  • 中京(0-0-0-1)
  • 京都(1-1-0-2)
  • 小倉(1-1-0-1)

各競馬場、平均的な成績を残しているように見えるが、一つ気になる点は「急坂」。

急坂のあるコースは中山、中京でそれぞれ着外に沈んでいる。

  • 犬山特別(500万下)6着(0.6差)中京芝1400m
  • ターコイズS(G3)7着(0.3差)中山芝1600m
  • スプリンターズS(G1)9着(0.8差)中山芝1200m

また、邪推になるかもしれないが、リナーテは栗東の須貝厩舎の所属馬なのに、急坂のある阪神競馬場への出走が一度もない。

これは単なる偶然だろうか?

リナーテの持ち時計(ベストタイム)

リナーテの各距離でのベストタイムは次の通り;

  • 芝1200m:1.07.9 1着(0.2差・札幌)
  • 芝1400m:1.19.5 2着(0.1差・東京)
  • 芝1600m:133.0 7着(0.3差・中山)
  • 芝1800m:1.46.8 11着(1.1差・新潟)

適距離と考えられる芝1200mと芝1400mは優秀な持ち時計。

芝1400mのタイムは、レコードタイムを計時したタワーオブロンドンに0.1差の2着に迫った「京王杯スプリングC(G2)」でのもの。

芝1200mに関しては、これは洋芝の札幌競馬場で出したタイムとしては優秀。

リナーテの重馬場適正

リナーテの道悪競馬の成績は、稍重馬場で一度走って0.1差の4着がある。

これだけでリナーテの重馬場適正を計ることは難しいが、血統背景を考えると、父ステイゴールドに母父がノーザンダンサー系のオーペン。

重馬場を苦にする血統背景ではない。

リナーテの枠順適正

これまでのリナーテが出走したレース中、内枠、中枠、外枠で順位に大きな隔たりは出ていない。

1番ゲートで勝ったレースもあれば、17番ゲートで2着に来ているレースもある。

ただ、リナーテは時折出遅れるケースも見られるので、その場合、極端な外枠からだとかなりの不利が予想される。

リナーテの近走診断

19/5/11 京王杯スプリングC(G2)東京芝1400m

着順:2着(0.1差)騎手:武豊(54キロ)

レコードタイムを記録したタワーオブロンドンに0.1差の2着に迫った。

1400mの距離と軽い芝、リナーテにとって適正条件は嵌っていたが、勝った馬が強かった。

19/6/16 函館スプリントS(G3)函館芝1200m 稍重

競争除外

「禁止薬物」問題で156頭が競争除外となったが、リナーテもその中の一頭。

この問題は馬や厩舎に落ち度はなく、全くの不運。

19/8/4 UHB賞(OP)札幌芝1200m

着順:1着(0.2差)騎手:ルメール(54キロ)

中団馬群から4角は大外を回して直線へ。直線では残り100mを過ぎて大外から余裕の抜け出しでゴール。やはりこのクラスでは力が違う。

除外はあったが好調は維持している様子。

19/8/25 キーンランドC(G3)札幌芝1200m 稍重

着順:3着(0.1差)騎手:武豊(54キロ)

大外16番ゲートからのスタート。

スタートは決めるが、大外からなのでどうしても中団からの競馬に。

終始外々を回り、4角も大外を回して直線を向く。

直線では外目を力強く伸びてくるが、0.1差の3着。

2着のタワーオブロンドンとはハナ差だが、通ってきたコースが違い過ぎた。

このレースは大外枠がかなり影響したが、好調はキープしている感じ。

19/9/29 スプリンターズS(G1)

中山 芝1200m 良

着順:9着(0.8差)騎手:三浦皇成(55キロ)

内目の4番ゲートから五分のスタートながら後方からの競馬。

直線は芝の真ん中あたりを突いてくるが、これと言った見せ場はなし。

ペースも速く、勝ち馬の走破時計も1.07.1と高速決着。

G1初挑戦としてはタフなレース展開となったが、直線に急坂がなければもう少しやれたかもしれない。

19/11/24 京阪杯(G3)

京都 芝1200m 良

着順:5着(0.6差)騎手:三浦皇成(55キロ)

7枠13番から中団で競馬を進めるが、4角を回ってもいつものような伸びはなかった。

当日の馬体重+12キロが響いたか?

連戦の疲れもあるかも。

リナーテの次走

次走は2月22日、京都競馬場 芝1400m(外)で行われる「京都牝馬S(G3)」。

体調万全なら、無視はできない一頭だが、斤量が初めて背負う56キロ。

これが微妙に効きそうだが・・・。