2022年2月12日【但馬S】終了時点までのデータや実際の走りをもとに、カイザーバローズの好走パターンを分析。

カイザーバローズの距離適性

カイザーバローズはこれまでに芝1800m~芝2000mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1800m(2-0-0-1)
  • 芝2000m(2-0-1-1)

中距離で安定しているが、2000mはギリギリかも。

カイザーバローズの脚質

距離は中距離だが、2000mは微妙に長そう。

現状では道中のペースが速くなると終いの脚が鈍っている。

クラス慣れ必要か。

いずれにしても道中スローの流れで折り合いがつけば良い脚は持っている。

カイザーバローズのコース適正

カイザーバローズの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 札幌(未)
  • 函館(未)
  • 福島(未)
  • 新潟(未)
  • 東京(1-0-0-1)
  • 中山(未)
  • 中京(1-0-1-0)
  • 京都(未)
  • 阪神(1-0-0-1)
  • 小倉(1-0-0-0)

コーナー2つのワンターンで(1-0-0-2)。

コーナー4つで(3-0-1-0)。

小回り、内回りコースの方が良さそうな感じ。

カイザーバローズの持ち時計(ベストタイム)

カイザーバローズの持ち時計は次の通り;

  • 芝1800m:1.46.5 6着(阪神)
  • 芝2000m:1.59.7 6着(東京)

自己ベストで着順を落としている。

速い時計の決着には難ありか。

カイザーバローズの重馬場適正

カイザーバローズの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(未)
  • 重(未)
  • 不良(未)

カイザーバローズの鉄砲実績(休み明け)

カイザーバローズの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(1-0-0-2)

叩いてからは;

  • 2戦目(1-0-1-0)
  • 3戦目(1-0-0-0)
  • 4戦目(未)
  • 5戦目~(未)

カイザーバローズのローテーション適正

  • 連闘(未)
  • 中1~2週(1-0-0-0)
  • 中3~5週(1-0-1-0)
  • 中6~8週(未)

カイザーバローズの枠順適正

カイザーバローズの馬番別着度数は;

  • 1~4番(2-0-1-0)
  • 5~9番(2-0-0-1)
  • 10~14番(0-0-0-1)
  • 15~18番(未)

カイザーバローズの斤量別着度数

  • 54キロ(1-0-0-0)
  • 55キロ(0-0-0-1)
  • 56キロ(3-0-1-1)

カイザーバローズの季節別着度数

  • 12~2月(冬):(2-0-1-0)
  • 3~5月(春):(1-0-0-1)
  • 6~8月(夏):(1-0-0-0)
  • 9~11月(秋):(0-0-0-1)

カイザーバローズの好走体重

3着以内の体重は;

  • 444~452キロ

カイザーバローズの血統背景

父はディープインパクト(サンデー系/牡馬三冠、春天、宝塚記念、ジャパンカップ、有馬記念)。

母の父はストームキャット(ノーザンダンサー系ストームキャット)。

ストームキャットは米国で走り、ダートの6F~8.5F(約1200~1700m)で活躍。現役時代はG1を1勝しただけだが、種牡馬としては多くのG1ウイナーを排出した名種牡馬。

次走、新潟大賞典(G3)に向けて

次走は5月8日(日)、新潟競馬場 芝2000m(外)で行われる「新潟大賞典(G3・ハンデ)」。

ハンデは55キロ。

昇級初戦が即重賞挑戦となるが、新潟外回りの2000mは、コース的これまでのデータとは適正から離れる上、距離も微妙。

 

⇒その他、新潟大賞典(G3)の出走馬を分析