2022年6月4日【鳴尾記念】終了時点までのデータや実際の走りをもとに、ジェラルディーナの好走パターンを分析。

ジェラルディーナの距離適性

ジェラルディーナはこれまでに芝1600m~芝2200mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1600m(0-1-1-3)
  • 芝1800m(4-0-0-1)
  • 芝2000m(0-1-0-1)
  • 芝2200m(0-0-0-1)

「2000m以上がいい」とは、「鳴尾記念」2着後のコメントで福永J。

ジェラルディーナの脚質

3歳の春あたりまでは、出遅れを連発して成績も伴わなかったが、休みを挟んで3歳の夏ごろから競馬が一変。

出遅れがなくなり、中団あたりに控えて確実に終いの脚を出せるようになり、3連勝でOPクラスに昇格。

しかしOPでは、パッとしない内容が続いている。

終いの脚は出してはいるが、スタートがやはり遅くてポジションを下げて届かないことが多い。

上りがかかって良いタイプか?

ジェラルディーナのコース適正

ジェラルディーナの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 札幌(未)
  • 函館(未)
  • 福島(未)
  • 新潟(未)
  • 東京(未)
  • 中山(未)
  • 中京(0-2-1-1)
  • 京都(未)
  • 阪神(2-0-0-4)
  • 小倉(2-0-0-0)

左回りはやや走りにくそう。

ジェラルディーナの持ち時計(ベストタイム)

ジェラルディーナの持ち時計は次の通り;

  • 芝1600m:1.33.2 6着(阪神)
  • 芝1800m:1.45.3 1着(小倉)
  • 芝2000m:1.57.8 2着(中京)

スピード勝負に関してはまだ何とも言えない。

ジェラルディーナの重馬場適正

ジェラルディーナの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(0-0-1-0)
  • 重(未)
  • 不良(未)

まだデータ不足。


ジェラルディーナの鉄砲実績(休み明け)

ジェラルディーナの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(0-0-0-1)

叩いてからは;

  • 2戦目(1-0-0-1)
  • 3戦目(1-1-0-0)
  • 4戦目(1-0-0-0)
  • 5戦目~(0-0-0-1)

ジェラルディーナのローテーション適正

  • 連闘(未)
  • 中1~2週(1-1-0-1)
  • 中3~5週(1-0-0-0)
  • 中6~8週(2-1-0-3)

ジェラルディーナの枠順適正

ジェラルディーナの馬番別着度数は;

  • 1~4番(1-0-1-3)
  • 5~9番(2-2-0-2)
  • 10~14番(1-0-0-0)
  • 15~18番(未)

ジェラルディーナの斤量別着度数

  • 52キロ(2-0-0-1)
  • 53キロ(1-0-0-1)
  • 54キロ(1-2-1-3)

ジェラルディーナの季節別着度数

  • 12~2月(冬):(0-0-0-3)
  • 3~5月(春):(0-0-0-1)
  • 6~8月(夏):(1-1-0-1)
  • 9~11月(秋):(3-1-1-0)

ジェラルディーナの好走体重

3着以内の体重は;

  • 432~452キロ

ジェラルディーナの血統背景

父はモーリス(ロベルト系/安田記念、香港マイル、マイルCS、チャンピョンズマイル、秋天、香港カップ)。

母は2012年の牝馬三冠・ジェンティルドンナ(牝馬三冠、ジャパンカップ連覇、ドバイシーマクラシック、有馬記念)。

母の父はディープインパクト(サンデー系/牡馬三冠、春天、宝塚記念、ジャパンカップ、有馬記念)。

母方の6代前、フェアアストロノマー(Fair Astronomer)を祖とする牝系は、ジェンティルドンナ、ロジャーバローズなどの重賞勝ち馬を輩出した名門牝系。

ジェラルディーナの前走

21/12/4 チャレンジC(G3)

阪神 芝2000m(内)良

着順:4着(2.01.8・0.8差)

騎手:福永祐一(53キロ)

道中は中団6番手。

4角は8番手の内で直線。

直線は馬場の最内を突いて追い上げてはくるが、いまいち伸びあぐねて4着まで。

内枠で窮屈な場面もあったが、それにしても物足りない内容。

距離が長い、ということはあるか?

2021年 チャレンジカップ(G3)のラップ分析&回顧

22/2/13 京都記念(G2)

阪神 芝2200m(内)稍重

着順:4着(2.12.2・0.3差)

騎手:福永祐一(53キロ)

道中は後方11番手。

3~4角の残り600mで外をまくるように上がって行って4角は11番手の外で直線。

直線は馬群の大外から脚を伸ばしてくるが、0.3差の4着まで。

道中はかなりのスロー。

後方からでは分が悪すぎた。

2022年 京都記念(G2)のラップ分析&回顧

22/4/9 阪神牝馬S(G2)

阪神 芝1600m(外)良

着順:6着(1.33.2・0.4差)

騎手:幸英明(54キロ)

道中は最後方の11番手。

4角も最後方11番手の外で直線。

直線は馬群の大外から追い上げに入るが、上位組とは同じ脚色。突き抜けることは出来なかった。

またスタートが遅くなっている感じ。

距離短縮で忙しかったこともあるのか?

いずれにしてもOPクラスでパッとしない内容が続く。

2022年 阪神牝馬S(G2)のラップ分析&回顧

22/6/4 鳴尾記念(G3)

中京 芝2000m 良

着順:2着(1.57.8・0.1差)

騎手:福永祐一(54キロ)

【レース前寸評】

手綱が福永Jに戻り、人気しそうな感じだが、人気するなら嫌いたい一頭。

【結果】

道中は中団の後ろ、7番手の外目を追走。

4角も7番手の外で直線に向くと、直線は馬群の大外に進路を取って追い出しにかかるが、坂の上りではまだ反応が鈍く先頭とは差があったが、坂を上った残り200mを切ってからグングンとその差を詰めて、半馬身差の2着に入った。

OPクラスに昇級して、やっと馬券圏内に入ってきた。

良いものは持っていそうだが、その力を出し切れない競馬が続いていたが、この2着で変わってくるか?

2022年 鳴尾記念(G3)のラップ分析&回顧

次走、小倉記念(G3)に向けて

次走は8月14日(日)、小倉競馬場 芝2000mで行われる「小倉記念(G3・ハンデ)」。

ハンデは54キロ。

適距離、適コースだが、多頭数の競馬だけに、位置取りを悪くすると、また差し届かないことも十分あり得る。

 

⇒その他、小倉記念(G3)の出走馬を分析