2020年6月21日【函館スプリントS】終了時点までのデータをもとに、フィアーノロマーノの好走パターンを分析。

フィアーノロマーノの距離適性

フィアーノロマーノはこれまでに芝1400m~芝1800mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1200m(0-0-0-1)
  • 芝1400m(1-2-0-2)
  • 芝1600m(4-0-0-3)
  • 芝1800m(1-0-0-2)

1600m前後が守備範囲で、ベストは現状では1600m。

1200mは初参戦の2020年「函館スプリントS」でも大きくは負けていない。

慣れればどうか?

フィアーノロマーノの脚質

フィアーノロマーノの好走時の脚質は、先行して押し切る形。

先手を取ると、少々ペースが速くても、そのスピードを持続して押し切るスピードの持続力に秀でた馬。

消耗戦でも容易にバテないスタミナも魅力。

フィアーノロマーノの持ち時計(ベストタイム)

フィアーノロマーノの持ち時計は次の通り;

  • 芝1200m:1.07.9 4着(0.4差・函館)
  • 芝1400m:1.20.2 2着(0.8差・阪神)
  • 芝1600m:1.31.7 1着(クビ差・中山)
  • 芝1800m:1.47.0 1着(ハナ差・福島)

1600mの1.31.7は3月の中山としてはそこそこ速い時計。

ファイアーロマーノのコース適正

ファイアーロマーノの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 函館(0-0-0-1)
  • 福島(1-0-0-0)
  • 新潟(0-0-0-1)
  • 東京(0-0-0-3)
  • 中山(2-0-0-0)
  • 京都(1-0-0-3)
  • 阪神(2-2-0-0)

データ的には左回りが全くダメ。

しかし、右回りでも京都は良くない。

京都での勝ちは新馬戦でのもの。

勝つ時は非常に強い勝ち方を見せるものの、負けるときは大敗も多い。

気分屋、ムラ馬、そんな印象が強い。

しかし、良績を上げている福島、中山、阪神というのは、どこか共通項がありそう。

阪神での2勝は内回りの1400mで1勝(1600万下)と、外回りの1600mで1勝(1000万下)。2着2回も内回りの1400m(G2とG3)。

実は京都での1勝も内回りの1600m(新馬戦)。

そして中山でも2戦2勝。

小回り、内回りだと気分よく走るが、外回り、直線が長いと嫌気がさす。

データ的にはそうなっている。

フィアーノロマーノの枠順適正

ファイアーロマーノの枠番別着度数は;

  • 1~4番(3-0-0-2)
  • 5~9番(3-1-0-3)
  • 10~14番(0-1-0-2)
  • 15~18番(0-0-0-1)

内目の枠の方が戦いやすそうなデータ。

フィアーノロマーノの鉄砲実績(休み明け)

フィアーノロマーノの10週以上(中9週)の休み明けでの戦績は;

  • (3-0-1-3)

この成績はほぼ、好走は中山か小回りコースで、凡走が外回りコース

フィアーノロマーノの季節別着度数

  • 12~2月(冬):(3-1-0-1)
  • 3~5月(春):(2-1-0-3)
  • 6~8月(夏):(0-0-0-2)
  • 9~11月(秋):(1-0-0-2)

夏場が悪そうだが、これはたまたま。

気候にはそう敏感ではないだろう。

フィアーノロマーノの斤量別着度数

  • ~52キロ(未)
  • 52.5~54キロ(3-0-0-2)
  • 54.5~56キロ(2-1-0-2)
  • 57キロ~(1-2-0-4)

57キロ以上だと、少しパフォーマンスが落ちるのか?

フィアーノロマーノの連対体重

  • 514~548キロ(繰り上げ2着は含まない)

フィアーノロマーノの血統背景

父はファストネットロック(ND系デインヒル)、母の父はライオンハート(ND系ストームキャット)。

父は豪州で走り、芝の1000~1200mで活躍。

母の父は米国で走り、ダートの8.5~9FのG1で2勝。

フィアーノロマーノの近走診断

18/12/28 ファイナルS(ハンデ)

阪神 芝1400m(内回り)

着順:1着(0.2差)騎手:川田将雅(57キロ)

前半3Fが34秒フラットのハイペースを3~4番手で追走。

直線では残り200mで抜け出すと、最後は手綱をゆるめるような余裕のゴール。

レースの上り36.0秒の消耗戦を余裕で制してみせた。

斤量はトップハンデの57キロ。この競馬は強い。

19/3/30 ダービー卿CT(ハンデ)

中山 芝1600m 良

着順:1着(クビ差)騎手:川田将雅(55キロ)

前走に続き、今走も前半3Fが33.9秒のハイペース。

2番ゲートから好発を決めたフィアーノロマーノは、逃げるマルターズアポジーを先に行かせて好位の3~4番手を追走。

直線は早々に抜け出して坂を駆け上がり、ゴール前プリモシーンマイスタイルの追撃をなんとか振り切ってゴール。

ハイペースの消耗戦を2連勝。

19/6/2 安田記念(G1)

東京 芝1600m 良

着順:14着(1.2差)騎手:北村友一(58キロ)

10番ゲートから、スタートは良かったが行き脚がつかず、中団からの競馬になる。

直線に向いて伸びてくるかと思っても、なかなか伸びてこないどころかズルズルと失速。

左回りで東京コースは、この馬の凡走パターン。

19/11/17 マイルCS(G1)

京都 芝1600m 良 17頭

着順:13着(1.34.1・1.1差)

騎手:藤岡康太(57キロ)

番手で追走するが、直線残り200m付近で失速、後続に呑み込まれた。

やはり京都外回りはダメ。

19/12/21 阪神C(G2)

阪神 芝1400m 良 18頭

着順:2着(1.20.2・0.8差)

騎手:スミヨン(57キロ)

道中は中団、直線では馬群を縫ってするすると伸びてきた。

勝った馬が強かったので0.8差離されたが、この馬としては自分の競馬ができた。

内回りなら走る。

20/3/1 阪急杯(G3)

阪神 芝1400m(内)良 18頭

着順:2着(1.20.4・0.1差)

※不利を受けて着順繰り上がり

騎手:川田将雅(56キロ)

道中は中団の前あたり。

4角は6~7番手の内で直線に入り、直線も最内を狙って飛び込んで行くが、同じくそのスペースを狙ったダイアトニックに進路を塞がれる格好で手綱を引く。

立て直して追い出すが、ダイアトニックとの差は縮まらず3着まで。

この件でダイアトニックは降着となり、フィアーノロマーノが2着に繰り上がった。

引き続き内回りなら走るフィアーノロマーノ。

20/4/26 マイラーズC(G2)

京都 芝1600m(外)良 12頭

馬場入場後に右前肢跛行を発症したため競走除外。

外回りコースでの立ち回りを見たかったが、残念。

20/6/21 函館スプリントS(G3)

函館 芝1200m 良

着順:4着(1.07.9・0.4差)

騎手:藤岡康太(57キロ)

道中は中団のやや後ろ。

4角は外を回して直線で追い込んでくるが4着まで。

しかし初の1200mの距離としては大健闘。

ペースに慣れれば走ってくる可能性はある。

2020年 函館スプリントS(G3)のラップ分析&回顧

フィアーノロマーノの次走

次走は8月30日、札幌競馬場 芝1200mで行われる「キーンランドC(G3)」。

コーナーのカーブが緩い札幌コースは、この馬にとってはプラス材料。

ペースも「函館SS」よりは落ち着きそうなので、そうなればさらなる上積みは期待できそう。

 

その他、キーンランドカップの出走馬を分析