エリザベスタワーのキャリアはまだ2戦だけなので、近走のみを振り返る。

エリザベスタワーのここまでの走り

20/12/19 2歳新馬

阪神 芝1600m(外)良

着順:1着(1.36.9・-0.2差)

騎手:武豊(54キロ)

スタートが遅く、道中は中団の後ろ。

4角も12番手の外で直線に向き、直線は馬群の外目から追い上げて、坂の上りで先頭を交わすと、あとは突き抜けて余裕のゴール。

新馬戦なりの緩いペースだが、終いのキレはしっかり示した。

【期待できる能力】

  • 瞬発力

21/2/6 エルフィンS(L)

中京 芝1600m 良

着順:9着(1.36.5・0.5差)

騎手:武豊(54キロ)

スタートはまずまずで、道中は後方に控える。

道中かなり行きたがる仕草でジョッキー手綱をがっちりと抑える。

4角も後方11番手で直線。

直線は馬群の外目から追い上げを計るが、脚色冴えず9着に終わる。

上りはメンバー3位の33.8秒。

「新馬戦」くらいの走りはしているが、道中の力みが末脚を鈍らせたか?

21/3/6 チューリップ賞(G2)

阪神 芝1600m(外)稍重

着順:1着(1.33.8・同着)

騎手:川田将雅(54キロ)

道中は先団3~4番手を引っかかり気味に追走。

4角3番手から直線は最内に進路を取り、前を走るメイケイエールを追い詰めたが、交わすまでには行かなかった。

道中引っかかったものの、自慢の末脚はしっかりと繰り出した。

道中スムーズならゴール前交わしていただろうが、それはメイケイエールとて同じこと。

2021年 チューリップ賞(G2)のラップ分析&回顧


エリザベスタワーの脚質

現状では、道中控えて終いを生かす競馬。

折り合いがカギになりそうだが、溜めて切れる末脚は魅力。



エリザベスタワーの血統背景

エリザベスタワーは外国産馬。

父はキングマン(ND系ダンチヒ)。

キングマンは欧州で走り、マイルG1を4勝。

母の父はドワイエン(ND系サドラーズウェルズ)。

ドワイエンは欧州で走り、2004年の「キングジョージⅥ世&クイーンエリザベスダイヤモンドステークス(G1・芝12F)」で優勝。

エリザベスタワーの次走

次走は4月11日(日)、阪神競馬場 芝1600m(外)で行われる「桜花賞(G1)」。

折り合いさえつけば好勝負は可能。

 

その他、桜花賞(G1)の出走馬を分析