2022年7月24日【中京記念】終了時点までのデータや実際の走りをもとに、ダブルシャープの好走パターンを分析。(ダート競争は除く)

ダブルシャープの距離適性

ダブルシャープはこれまでに芝1500m~芝2200mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1500m(1-0-2-0)
  • 芝1600m(0-2-1-5)
  • 芝1800m(2-4-1-6)
  • 芝2000m(1-3-2-5)
  • 芝2200m(0-0-0-1)

ベストは千八。

千六はやや忙しく、二千はギリギリと言った感じ。

ダブルシャープの脚質

先行押し切り、中団からの差し。

好走パターンは、もっぱら渋った馬場で、時計のかかる展開。

OP重賞クラスでは、パンパンの良馬場、速い時計の出る馬場コンディションでは太刀打ちできない

ダブルシャープのコース適正

ダブルシャープの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 札幌(1-1-4-0)
  • 函館(未)
  • 福島(0-0-0-1)
  • 新潟(0-0-0-1)
  • 東京(0-0-0-1)
  • 中山(0-0-1-5)
  • 中京(0-2-1-0)
  • 京都(0-0-0-2)
  • 阪神(0-3-0-3)
  • 小倉(3-3-0-4)

道中平坦の札幌、阪神、小倉を好み、勝ち切るには直線も平坦の札幌、小倉を好む。

直線の長いコースで末脚勝負をするよりも、コーナー4つの小回りコースの方が戦いやすい馬なので、上りの時計もあまり速くなりすぎないのが理想的。

ダブルシャープの持ち時計(ベストタイム)

ダブルシャープの持ち時計は次の通り;

  • 芝1500m:1.28.2 3着(札幌)
  • 芝1600m:1.33.3 2着(阪神)
  • 芝1800m:1.46.3 2着(小倉)
  • 芝2000m:2.00.0 1着(小倉)
  • 芝2200m:2.12.5 15着(京都)

速い時計の決着は不向き。

ダブルシャープの重馬場適正

ダブルシャープの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(0-3-1-6)
  • 重(1-1-0-0)
  • 不良(0-0-1-0)

道悪は歓迎の口だろう。

良馬場でも、ほどよく荒れて少し時計のかかるくらいの馬場じゃないとダメ。


ダブルシャープの鉄砲実績(休み明け)

ダブルシャープの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(0-1-2-5)

叩いてからは;

  • 2戦目(2-0-1-4)
  • 3戦目(0-4-0-1)
  • 4戦目(0-0-2-2)
  • 5戦目~(1-4-0-4)

ダブルシャープのローテーション適正

  • 連闘(未)
  • 中1~2週(1-3-2-3)
  • 中3~5週(1-3-2-7)
  • 中6~8週(2-2-0-2)

詰めて使っても大丈夫。

ダブルシャープの枠順適正

ダブルシャープの枠番別着度数は;

  • 1~4番(3-1-2-2)
  • 5~9番(1-5-1-7)
  • 10~14番(0-3-2-6)
  • 15~18番(0-0-1-2)

外枠からは勝ち切れていない。

道中引っかかることも多いので、前に馬を置けない外枠からだと厳しいのかもしれない。

ダブルシャープの斤量別着度数

  • 54キロ(1-0-2-2)
  • 55キロ(0-0-0-2)
  • 56キロ(1-2-0-7)
  • 57キロ(2-6-4-6)
  • 58キロ(0-1-0-0)

斤量にはあまり動じない。

ダブルシャープの季節別着度数

  • 12~2月(冬):(2-2-0-8)
  • 3~5月(春):(0-3-2-5)
  • 6~8月(夏):(2-4-2-1)
  • 9~11月(秋):(0-0-2-2)

夏は好きそう。


ダブルシャープの好走体重

3着以内の体重は;

  • 470~498キロ

ダブルシャープの血統背景

父はベーカバド(ND系ダンチヒ)

ベーカバドは欧州で走り、2010年の「パリ大賞(G1・芝2400m)」に勝利した。

母の父はアグネスタキオン(サンデー系/皐月賞、弥生賞、ラジオたんぱ杯3歳S)。

近親にメジロブライト(春天、有馬記念2着、ダービー3着 他)。

中京記念(G3)の結果

【レース前寸評】

3走前の「小倉大賞典」は、出遅れて位置取りも悪く、終始外々を回る距離ロスも大きかった。

本来小倉の1800mは得意なコース。

スタート五分でポジションさえ取れれば、展開次第ではそこそこはやれそう。

【結果】

パンパンの良馬場、速い時計の出る馬場コンディションでは太刀打ちできないことがよく分かった。

2022年 中京記念(G3)のラップ分析&回顧

次走、小倉記念(G3)に向けて

次走は8月14日(日)、小倉競馬場 芝2000mで行われる「小倉記念(G3・ハンデ)」。

ハンデは56キロ。

馬場が渋って一考。

 

⇒その他、小倉記念(G3)の出走馬を分析