2020年5月17日【ヴィクトリアM】終了時点までのデータをもとに、ダノンファンタジーの好走パターンを分析。

ダノンファンタジーの距離適性

ダノンファンタジーはこれまでに芝1400m~芝2400mの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1400m(1-0-0-0)
  • 芝1600m(3-1-0-3)
  • 芝1800m(1-0-0-0)
  • 芝2000m(0-0-0-1)
  • 芝2400m(0-0-0-1)

1600mの勝ち鞍は多いが、好走しているレースはいずれも緩いペースばかり。

適距離は1800m前後、2000m以上もまだわからない。

ダノンファンタジーの脚質

基本的には中団あたりで脚を溜めて、終いに徹する競馬がベストだろう。

スロー~ミドルペースで脚を溜めて、直線で弾けるイメージ。

下手に前につけたり、仕掛けが早くなったりした場合には、必ず終いが甘くなるような感じ。

ダノンファンタジーのコース適正

ダノンファンタジーの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 東京(0-1-0-2)
  • 京都(1-0-0-1)
  • 阪神(4-0-0-2)

阪神コースが得意なのは明らかだが、コースによる明確な向き不向きはまだ判断できない。

ただ、関東圏への長距離輸送は少ない。

ダノンファンタジーの持ち時計(ベストタイム)

ダノンファンタジーの各距離ごとのベストタイムは次の通り;

  • 芝1400m:1.21.8 1着(-0.3差・京都)
  • 芝1600m:1.31.5 5着(0.9差・東京)
  • 芝1800m:1.44.4 1着(クビ差・阪神)※レコード
  • 芝2000m:2.01.0 8着(1.1差・京都)
  • 芝2400m:2.23.3 5着(0.5差・東京)

高速決着は基本的にはOK。

ダノンファンタジーの鉄砲実績(休み明け)

ダノンファンタジーの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(3-0-0-1)

叩いてからは;

  • 2戦目(1-0-0-3)
  • 3戦目(1-0-0-1)
  • 4戦目(未)
  • 5戦目~(未)

ダノンファンタジーの枠順適正

ダノンファンタジーの枠番別着度数は;

  • 1~4番(3-1-0-1)
  • 5~9番(1-0-0-2)
  • 10~14番(1-0-0-1)
  • 15~18番(0-0-0-1)

ダノンファンタジーの季節別着度数

  • 12~2月(冬):(1-0-0-0)
  • 3~5月(春):(1-0-0-4)
  • 6~8月(夏):(0-1-0-0)
  • 9~11月(秋):(3-0-0-1)

ダノンファンタジーと斤量

ダノンファンタジーの斤量ごとの着度数は;

  • 54キロ(5-1-0-0)
  • 55キロ(0-0-0-5)

単なる偶然だろうか?

ダノンファンタジーの連対体重

  • 442~460キロ

ダノンファンタジーの血統背景

父はディープインパクト(サンデー系)。

母の父はノットフォーセール(ナスルーラ系グレイソヴリン)。

ダノンファンタジーの近走

19/4/7 桜花賞(G1)阪神芝1600m

着順:4着(0.4差)騎手:川田将雅(55キロ)

外枠15番から先行策。

道中は2番人気のグランアレグリアをマークするも、4角手前で早めに動かれて反応できず。

ゴール前は追い込み勢にも差されて4着。

道中のペースは速くはなかったが、外枠から先行した際のスタミナのロスが最後まで尾を引いたか。

19/5/19 オークス(G1)東京芝2400m

着順:5着(0.5差)騎手:川田将雅(55キロ)

調子、枠順、位置取り、折り合い、どれを取っても申し分なくレースは進んでいたが、直線では伸びあぐねた。

これは距離が長いのだと思う。

19/9/15 ローズS(G2)阪神芝1800m

着順:1着(クビ差)騎手:川田将雅(54キロ)

スローの瞬発力勝負。

こういう競馬では強い。

ダノンファンタジーも強い競馬だったが、外枠で先行してクビ差に負けたビーチサンバも本番では手ごわい相手になりそう。

19/10/13 秋華賞(G1)

京都 芝2000m(内)稍重 18頭

着順:8着(2.01.0・1.1差)

騎手:川田将雅(55キロ)

1枠1番から先団に取り付いたのは良かったが、ペースは前半1000mが58.3秒の激流。

4角2番手で直線を向き、残り200mまでは激しく応戦するが、そこからがバッタリ。

鞍上は渋った馬場を敗因に挙げたが、果たしてそれだけだろうか?

それだけににしては敗けすぎの感は否めない。

タフなレース展開に課題を残した。

20/4/11 阪神牝馬S(G2)

阪神 芝1600m(外)良 16頭

着順:5着(1.33.3・0.4差)

騎手:川田将雅(55キロ)

ここも桜花賞同様、外の13番ゲートから先行策に打って出る。

道中のペースはそこそこ締まって800m通過が46.5秒。

4角も4番手で直線に向くが、やはり終いが甘くなる。

約半年ぶりの競馬で、馬体重は+22キロ。

休み明けが敗因で、叩いた次走はしっかり走ってくる・・・というような内容ではなかった気がするが。

20/5/17 ヴィクトリアマイル(G1)

東京 芝1600m 良

着順:5着(1.31.5・0.9差)

騎手:川田将雅(55キロ)

道中は中団の前あたり。

直線に向いて追い出すが、ピリッとした脚は使えず。

アーモンドアイを除いては、差のない競馬をしているのだが、それでもやはり物足りない。

2020年 ヴィクトリアマイル(G1)のラップ分析&回顧

ダノンファンタジーの次走

次走は10月17日、東京競馬場 芝1800mで行われる「府中牝馬S(G2)」の予定。

前哨戦は強い馬。

軽い馬場、スローの展開なら頭も。

 

その他、府中牝馬Sの出走馬を分析