2020年11月1日【天皇賞(秋)】終了時点までのデータをもとに、ダイワキャグニーの好走パターンを分析。

ダイワキャグニーの距離適性

ダイワキャグニーはこれまでに、芝1800m~芝2400mの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1600m(1-0-2-2)
  • 芝1800m(5-1-0-3)
  • 芝2000m(2-0-1-7)
  • 芝2400m(0-0-0-2)

1800~2000mがベスト。

ダイワキャグニーのコース適正

ダイワキャグニーの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 新潟(0-0-1-2)
  • 東京(8-1-1-9)
  • 中山(0-0-1-3)
  • 中京(0-0-1-0)

東京巧者。

キャリア24戦を消化して、出走がこれだけの競馬場というのも珍しい。

右回りだと外に膨れる癖があるということなので、右回りよりは左回りということだろう。

関東圏以外では、新潟競馬場で1鞍。

結果は1.4差の16着。

気性面の問題から、長距離輸送がNGという可能性も高い。

ダイワキャグニーの脚質

ダイワキャグニーの好走時の脚質は、「先行策」と、中団馬群からの「差し」が多いが、最近では「逃げ」ることも多くなった。

内枠に入ると、スッと先団につけて、そのまま押し切ることができるが、枠が中~外になると、中団からの競馬になりやすい。

好走する確率は、「先行策」の方が良いようなので、ダイワキャグニーの「枠順」には要注意。

ダイワキャグニーの重馬場適正

ダイワキャグニーの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 重(0-0-0-2)
  • 不良(1-0-0-0)

重馬場のジャパンカップではそこそこ逃げ粘り、不良馬場の「エプソムカップ」では勝ち切った。

道悪は走る。

ダイワキャグニーの持ち時計(ベストタイム)

ダイワキャグニーの各距離ごとのベストタイムは次の通り;

  • 芝1600m:1.32.2 9着(0.5差・中山)
  • 芝1800m:1.45.2 7着(0.7差・東京)
  • 芝2000m:1.58.3 1着(-0.4差・東京)
  • 芝2400m:2.26.6 6着(0.7差・東京)

芝1800mでの着順が悪いのは、出遅れが響いたため。

スムーズならタイムも着順も伸ばせた可能性は高い。

芝1800m、芝2000mなら、そこそこの時計勝負でも対応は可能だと思う(現状では東京限定)。

ダイワキャグニーの鉄砲実績(休み明け)

ダイワキャグニーの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(2-1-0-4)

叩いてからは;

  • 2戦目(2-0-1-3)
  • 3戦目(1-0-0-4)
  • 4戦目(1-0-2-1)
  • 5戦目~(1-0-0-1)

休み明け、叩いてから、などは関係なさそう。

ダイワキャグニーのローテーション

  • 連闘(未)
  • 中1週(未)
  • 中2週(0-0-0-4)
  • 中3~5週(1-0-3-3)
  • 中6~8週(4-0-0-3)

あまり詰めて使うと力が出せないか?

ダイワキャグニーの枠順適正

ダイワキャグニーの枠番別着度数は;

  • 1~4番(2-0-1-5)
  • 5~9番(3-1-0-7)
  • 10~14番(3-0-1-1)
  • 15~18番(0-0-1-1)

内外あまり気にしないデータだが、脚質的に、やはり内が欲しいだろう。

ダイワキャグニーの季節別着度数

  • 12~2月(冬):(1-0-1-3)
  • 3~5月(春):(3-0-2-4)
  • 6~8月(夏):(1-0-0-1)
  • 9~11月(秋):(3-1-0-6)

気候もあまり関係ない。

ダイワキャグニーの斤量別着度数

  • 54キロ(0-0-0-1)
  • 55キロ(2-0-0-0)
  • 56キロ(3-1-3-6)
  • 57キロ(3-0-0-3)
  • 57.5キロ(0-0-0-2)
  • 58キロ(0-0-0-2)

ダイワキャグニーの連対体重

  • 484~502キロ

ダイワキャグニーの血統背景

父はキングカメハメハ(ミスプロ系キングマンボ)。

母の父はサンデーサイレンス

ダイワキャグニーの近走

19/3/10 東風S(OP)中山芝1600m

着順:3着(0.2差)騎手:内田博幸(56キロ)

芝1600m、右回りという逆境で、0.2差の3着は立派。

調子の良さがうかがえる。

19/3/30 ダービー卿CT(G3)中山芝1600m

着順:9着(0.5差)騎手:石橋脩(57キロ)

2戦続けて適正条件外でのレースだが、やはり重賞では勝手が違う。

上のクラスではやはり東京コースの助けが必要か。

19/5/18 メイS(OP)東京芝1800m

着順:1着(-0.3差)騎手:内田博幸(57キロ)

適正条件が一番は嵌っているレース。

枠順も内枠ですんなり先団をキープ。

スローペースの展開にも恵まれて、残り200mから抜け出して他馬を寄せ付けず快勝。

距離、コース、枠順、位置取り、全てが嵌れば強い勝ち方。

19/9/1 新潟記念(G3)ハンデ戦

新潟 芝2000m 良

着順:16着(1.4差)騎手:内田博幸(57.5キロ)

中団からの競馬。

直線は外へ持ち出すが、見せ場無く大敗。

東京以外ではまったく力が出せない。

輸送競馬に問題があるのか? 環境の変化に敏感なのか?

19/10/21 オクトーバーS(L)

東京 芝2000m 良

着順:1着(クビ差)騎手:内田博幸(57キロ)

スローペースを2番手追走で、ゴール前クビ差を制してゴール。

3着までが前でレースを進めた3頭。

レベルはそう高くはないが、この馬は東京ではやはり強い。

19/11/24 ジャパンカップ(G1)

東京 芝2400m 重

着順:6着(0.7差)騎手:石橋脩(57キロ)

果敢にハナを切り、直線も残り200mまでは粘っていた。

結果も5着のユーキャンスマイルにクビ差の6着なら上々。

20/2/1 白富士S(L)

東京 芝2000m 良 14頭

着順:7着(1.59.7・0.6差)

騎手:内田博幸(58キロ)

2枠2番からハナを主張して行くが、3枠4番のドミナートゥスに競られてペースが速くなる。

直線残り200mまでは何とか粘っているが、そこまで。

テンのペースがかなり速かったことと、58キロの斤量も効いただろう。

20/3/15 金鯱賞(G2)

中京 芝2000m 良 12頭

着順:3着(2.02.0・0.4差)

騎手:内田博幸(56キロ)

4枠4番からハナへ。

前半1000mが63.6秒の超スローペースに持ち込んで、直線もなんとか粘り込んだ。

これくらいのペースなら、これくらいはやれる馬。

20/5/10 新潟大賞典(G3・ハンデ)

新潟 芝2000m(外)良 16頭

着順:14着(2.00.1・1.5差)

騎手:内田博幸(57.5キロ)

そこそこ締まった流れになったが、その分上りもかかった。

道中は好位追走も、直線では精彩を欠く。

トップハンデ57.5キロが応えたのだろう。

20/6/14 エプソムC(G3)

東京 芝1800m 不良

着順:1着(1.47.7・-0.2差)

騎手:内田博幸(56キロ)

3枠6番から先団2~3番手で追走。

直線は逃げるトーラスジェミニを追って馬場の内目を追い上げる。

残り200mで先頭に並ぶと、あとは後続を寄せ付けずに完勝。

不良馬場ながらペースはそこそこ締まっていた。

レースの上りは36.5秒。

スタミナ、パワーの勝負で強さを発揮。

2020年 エプソムC(G3)のラップ分析&回顧

20/10/11 毎日王冠(G2)

東京 芝1800m 稍重

着順:2着(1.46.0・0.5差)

騎手:内田博幸(56キロ)

道中は先頭、2番手からは離れた3番手。

前が飛ばす展開で、ダイワキャグニーのポジションだと平均ペースぐらい。

4角も3番手で直線に向き、残り200mで先頭を捉えるが、後ろから来たサリオスにあっさりと交わされた。

得意の東京1800mで2着は死守したが、サリオスには3馬身離された。

ただ、去勢明けの初戦としては上出来。

さらなる飛躍があるのか?

2020年 毎日王冠(G2)のラップ分析&回顧

20/11/1 天皇賞(秋)(G1)

東京 芝2000m 良

着順:6着(1.59.0・1.2差)

騎手:内田博幸(58キロ)

道中は2番手追走。

直線に入って速い上りにまったく抵抗できない様子。

このクラスでこの展開では厳しい。

2020年 天皇賞(秋)(G1)のラップ分析&回顧

ダイワキャグニーの次走

次走は1月17日(日)、中京競馬場 芝2200mで行われる「日経新春杯(G2・ハンデ)」。

先行してしっかりポジションが取れれば、今の中京の馬場なら上がりもそれほど速くはならないだろうし、粘り込みも可能では。

 

その他、日経新春杯(G2)の出走馬を分析