2019年11月10日【エリザベス女王杯】終了時点までのデータをもとに、クロコスミアの好走パターンを分析していきます。

クロコスミアの距離適性

クロコスミアはこれまでに、芝1600m~芝2400mの距離に使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1600m(1-0-2-5)
  • 芝1800m(3-1-1-7)
  • 芝2000m(1-0-0-4)
  • 芝2200m(0-3-0-1)
  • 芝2400m(0-0-0-1)

良績は芝1800m前後に集中しているが、詳細はどうか?

芝1600m

2019年5月のヴィクトリアマイル(G1)で0.1差の3着がある。このレースはノームコアのレコード決着となったが、そのレコードタイムに0.1秒遅れの1.30.6を出したクロコスミア。

適正がないと出せる時計ではないだろう。

芝1800m

こちらは2歳時の「札幌2歳S(G3)」の3着。3歳時は「ローズS(G2)」の2着。古馬になってからは、「府中牝馬S(G2)」の1着がある。

しかし「府中牝馬S」は超スローの「逃げ」が効いた。

芝2000m~2200m

芝2000mは1600万下の条件戦での勝ち鞍が1つだけだが、芝2200mではG1エリザベス女王杯に3年連続の2着がある。

この距離は、クロコスミアにとってやや長い印象はある。

ただ、3年連続2着のエリザベス女王杯は、どのレースもスローペースの「2番手」もしくは「逃げ」。

展開に恵まれた感は否めないが、3年連続ならこのレースに合っていると言えなくもない。

芝2400m

この距離は香港で行われた「香港ヴァーズ(G1)」での10着(1.4差)が一度あるだけ。

1度だけの出走なので、明言は避けたいが、それでもやはり2400mは長いのではないか。

クロコスミアの適距離

1800m前後。

1600m~2000mまでがベストではないか。

2200mはギリギリ持つか持たないか。

クロコスミアの脚質

クロコスミアの連対時の脚質は「逃げ」「先行」

前につけてバテないスピード持続力が持ち味。

中団馬群からの「差し」もあるが、この決め手では最高着準は3着。

各レースを見た印象では、クロコスミアには一瞬の切れる脚がないように見受けられる。

なので、中団から追い上げた場合の、有力差し馬との叩き合いでは苦戦を強いられる。

「逃げ」「先行」である程度アドバンテージを取ったかたちで直線に入ることができれば、後続の強襲もある程度交わすことが可能なのではないか。

クロコスミアのコース適正

クロコスミアの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 札幌(1-0-1-4)
  • 函館(2-0-1-1)
  • 福島(0-0-0-1)
  • 東京(2-0-2-3)
  • 中山(0-0-0-2)
  • 京都(0-3-0-2)
  • 阪神(0-1-0-4)

※国内競争のみ

データの数字上だけ見れば、中山、阪神の「急坂」に難有りというような傾向は読み取れる。

あとのコースは、左回り、右回り、洋芝を問わず、そこそこの成績は残している。

クロコスミアの持ち時計

クロコスミアの各距離でのベストタイムは次の通り;

  • 芝1600m:1.30.6 3着(0.1差・東京)
  • 芝1800m:1.45.2 5着(0.5差・東京)
  • 芝2000m:1.59.2 6着(0.6差・京都)
  • 芝2200m:2.13.1 2着(クビ差・京都)
  • 芝2400m:2.27.9 10着(1.4差・香港)

やはり、クロコスミアの適距離と定義づけた芝1600mは、タイムも着差も突出している。

クロコスミアの重馬場適正

クロコスミアの道悪競馬の実績は次の通り;

  • 稍重(1-0-1-2)
  • 重(1-1-0-2)

道悪馬場がこなせないわけではないが、3着以内はすべて芝1800mでのもの。

クロコスミアの枠順適正

クロコスミアは「逃げ」「先行」こそがベストの脚質と考えているので、そうなると枠順も、やはり内目の枠が有利になるだろう。

クロコスミアと牝馬限定戦

クロコスミアはオープン昇格以降は「牝馬限定戦」でしか3着以内に入った履歴はない。

3着以内を外したレースでも、牝馬限定戦では着差もさほどの開きはないが、牡馬混合となると、着差も大きく開くようになる。

牡馬混合となるとどうしても力が発揮できないようだ。

クロコスミアの近走診断

19/3/9 中山牝馬S(G3)中山芝1800m

着順:6着(0.1差)騎手:岩田康誠(55キロ)

着差はわずかだが、このような直線の切れ味勝負では、やはり分が悪い。

19/4/6 阪神牝馬S(G2)阪神芝1600m

着順:5着(0.1差)騎手:岩田康誠(54キロ)

先行していいかたちで直線を向いたが、進路がふさがって脚を余した感じ。

しかし、前後半800mのペースバランスが-2.2、これはスロー。

クロコスミアにしてみれば、もう少し流れた展開になれば結果もまた違ってくるだろう。

19/5/12 ヴィクトリアマイル(G1)東京芝1600m

着順:3着(0.1差)騎手:戸崎圭太(55キロ)

ペースも位置取りもベストな条件。

レコード決着に0.1差の3着なら大健闘。

あわよくば、位置取りがあと1つ前なら・・・

19/8/18 札幌記念(G2)札幌芝2000m

着順:7着(0.7差)騎手:戸崎圭太(55キロ)

2番手追走で理想的な競馬だが、直線では早々に手ごたえが怪しくなった。

やはり牡馬混合戦ではこうなってしまうのか?

19/10/14 府中牝馬S(G2)東京芝1800m 稍重

着順:3着(0.6差)騎手:戸崎圭太(54キロ)

外目の13番からのスタート。

稍重にも関わらず序盤から速いペースで推移する。

クロコスミアも13番ゲートから脚を使って先団に取り付き、2~3番手追走で直線へ。

残り200mでは先頭に並びかける見せ場を作るが、ラスト100mで失速。

外目の枠からテンに脚を使った分、最後のひと踏ん張りが効かなかった印象。

決してデキ落ちではなく、牝馬限定戦ならまだまだ走る。

19/11/10 エリザベス女王杯(G1)京都芝2200m

着順:2着(0.2差)騎手:藤岡祐介(56キロ)

これ以上にないペースで逃げを打つが、ゴール前ラッキーライラックに捕まった。

これで負けたら仕方がない。