2022年11月13日【福島記念】終了時点までのデータや実際の走りをもとに、コスモカレンドゥラの好走パターンを分析(ダートは除く)。

コスモカレンドゥラの距離適性

コスモカレンドゥラはこれまでに芝1600m~芝2400mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1600m(0-0-0-1)
  • 芝1800m(2-1-0-9)
  • 芝2000m(3-0-3-6)
  • 芝2400m(0-1-0-0)

中距離は問題なさそう。

コスモカレンドゥラの脚質

逃げ、先行押し切りが好走パターン。

ただし、終いの脚はまったく切れないので、緩い流れだと直線でキレ負け。

なので、好走パターンとしては、自ら逃げて、そこそこの流れで引っ張るか、前目につけて上りのかかる展開。

残り600mで先頭との差が2馬身以上あると絶望的なので、とにかく前々での競馬が求められる。

道悪、荒れ馬場は得意そう。

コスモカレンドゥラのコース適正

コスモカレンドゥラの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 札幌(未)
  • 函館(未)
  • 福島(0-0-1-1)
  • 新潟(0-0-0-3)
  • 東京(1-2-0-1)
  • 中山(2-0-1-7)
  • 中京(1-0-0-0)
  • 京都(1-0-0-1)
  • 阪神(0-0-0-2)
  • 小倉(0-0-1-1)

東京コースでの3連対はあるが、脚質的には直線の短い小回り、内回りの方が戦いやすいだろう。

コスモカレンドゥラの持ち時計(ベストタイム)

コスモカレンドゥラの持ち時計は次の通り;

  • 芝1600m:1.34.8 6着(中山)
  • 芝1800m:1.45.6 6着(中山)
  • 芝2000m:1.57.6 1着(中京)
  • 芝2400m:2.27.3 2着(東京)

速い時計の決着には不向き。


コスモカレンドゥラの重馬場適正

コスモカレンドゥラの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(1-0-1-1)
  • 重(0-1-0-1)
  • 不良(未)

重馬場で一度大敗しているが、これは馬場が原因ではなさそう。

道悪、荒れた馬場は得意とみる。

コスモカレンドゥラの鉄砲実績(休み明け)

コスモカレンドゥラの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(0-0-2-3)

叩いてからは;

  • 2戦目(0-1-0-4)
  • 3戦目(3-0-0-0)
  • 4戦目(0-0-0-4)
  • 5戦目~(0-0-1-3)

ローテーションは中2週で(3-1-0-5)。

詰めて使っても問題ない。

コスモカレンドゥラの枠順適正

コスモカレンドゥラの枠番別着度数は;

  • 1~4番(2-0-2-8)
  • 5~9番(2-2-0-5)
  • 10~14番(1-0-1-1)
  • 15~18番(0-0-0-2)

脚質的には当然内目の枠が欲しいだろう。

コスモカレンドゥラの季節別着度数

  • 12~2月(冬):(0-0-1-5)
  • 3~5月(春):(0-0-0-2)
  • 6~8月(夏):(0-0-1-3)
  • 9~11月(秋):(5-2-1-6)

使われている時期が極端なのはたまたまか?

コスモカレンドゥラの斤量別着度数

  • 54キロ(2-1-1-4)
  • 55キロ(3-1-1-2)
  • 56キロ(0-0-1-9)
  • 57キロ(0-0-0-1)

56キロ以上になると、ちょっと怪しくなる。


コスモカレンドゥラの好走体重

3着以内の体重は;

  • 436~468キロ

コスモカレンドゥラの血統背景

父はノヴェリスト(マイナー血統)。

ノヴェリストは欧州で走り、「キングジョージⅥ&クイーンエリザベスステークス 」、「バーデンン大賞」などG1を4勝。主戦場は芝2400m。

母の父はアグネスタキオン(サンデー系)。

福島記念(G3・ハンデ)の結果

1.0差の11着。

【レース前寸評】

自分のペースでハナに立てれば面白い一頭。

【結果】

ハナにも立てず、第一集団にもつけずでは、ちょっと苦しい。

2022年 福島記念(G3)のラップ分析&回顧