中京 芝2000mのコース概要

最初のコーナーまでの距離

スタンド前の直線、坂の途中からのスタート。

最初のコーナー(1コーナー)までの距離は314mこれはやや短いので、外枠に入った逃げ、先行馬は若干不利。

道中のカーブ

コースをぐるりと一周するので、道中のコーナーは1、2、3、4コーナーの4つ。1~2コーナー、及び4コーナーは少しきつめ。

道中のアップダウン

直線の坂の途中からのスタートで、坂を上り切り、ゴール板を超えて約400mはほぼ平坦。

そして1~2コーナー中間からまたなだらかな上りが続き、向正面の中間あたり(残りおよそ1000m)から最後の直線の坂下まで長い下りが続く。

そして直線の急坂は、中山競馬場に次いでキツい勾配が設けられている。

直線距離

ゴール前の直線距離は急坂も含めて413m

これは、京都競馬場の外回りコースの399mとほぼ同じ距離。


中京 芝2000mのコース傾向

前半1000mはほぼ上り基調。1~2コーナーのカーブもきつめで、物理的にペースは上りにくい。

しかし後半1000mは下り基調。残り1000mを切って、ペースは次第に加速して行く。

前半はスロー、後半は長めのスパート、と言った感じで、最後はキツい勾配の急坂を上り切ってから、さらにゴールまでの240mを走り切る。

前半がスローになりやすい分、いかに後半のロングスパートがきついと言っても、後方一気の差しは決まりにくい。

3~4コーナーでは最低でも中団あたりにポジションを取っていないと馬券圏内への食い込みは厳しくなる。

SP持続力、底力に長けた先行馬、道中そこそこのポジションを取れるパワー系の差し馬に注目。


中京 芝2000mの前走距離

前走距離 着別度数 勝率 連対率 複勝率
同距離   46-  48-  58- 554/ 706 6.5% 13.3% 21.5%
今回延長   50-  51-  44- 605/ 750 6.7% 13.5% 19.3%
今回短縮   26-  21-  21- 215/ 283 9.2% 16.6% 24.0%

ロングスパートに耐え得るスタミナと言った点から、前走からの距離短縮組の成績が良い。

(※ データは2016年~2020年の5年間・良馬場限定)