2020年4月5日【大阪杯】終了時点までのデータをもとに、クロノジェネシスの好走パターンを分析していきます。

クロノジェネシスの距離適性

クロノジェネシスはこれまでに芝1600m~芝2400mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1600m(1-1-1-0)
  • 芝1800m(2-0-0-0)
  • 芝2000m(1-1-0-0)
  • 芝2200m(1-0-0-1)
  • 芝2400m(0-0-1-0)

ベストは1800m前後のような気もするが、距離に関してはある程度の融通は効きそう。

クロノジェネシスの脚質

先団、もしくは中団の前、一貫したペースで押し切るスピード持続型の競馬で持ち味を発揮する。

瞬発力もないわけではないが、一線級の馬相手ではどうしても切れ負けする。

緩いペースよりも締まったペースの方が戦いやすい。

クロノジェネシスのコース適正

クロノジェネシスの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 東京(2-0-1-0)
  • 京都(2-0-0-1)
  • 阪神(0-2-1-0)
  • 小倉(1-0-0-0)

阪神で勝ち切れないのはコースよりも他に敗因がある。

総じて、コースによる得手不得手はなさそう。

クロノジェネシスの持ち時計(ベストタイム)

クロノジェネシスの持ち時計は次の通り;

  • 芝1600m:1.33.1 3着(阪神)
  • 芝1800m:1.48.6 1着(東京)
  • 芝2000m:1.58.4 2着(阪神)
  • 芝2200m:2.14.4 5着(京都)
  • 芝2400m:2.23.2 3着(東京)

ベストタイムの計時で、そこそこの走りは見せている。

高速決着が苦手と言うことはないだろう。

クロノジェネシスの重馬場適正

クロノジェネシスの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(2-0-0-0)
  • 重(1-0-0-0)

道悪は得意と見て良いだろう。

クロノジェネシスの枠順適正

クロノジェネシスは先団、もしくは中団の前につけて持ち味を発揮する馬なので、枠順は内目が欲しいところ。

12番ゲート発走の2020年「大阪杯」では、道中は勝ったラッキーライラックと同じような位置取りだったが、ポジションは内と外。

最後の「クビ差」は、この内外の差が出たものだと考える。

クロノジェネシスの鉄砲実績(休み明け)

クロノジェネシスの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(2-0-0-0)

特に問題ない。

クロノジェネシスの評価

3歳の牝馬クラシック戦線を盛り上げた一頭。

古馬になっても実力上位なのは揺るぎない事実だろう。

脚質はスピード持続型。

前目にポジションを取って持ち味を発揮する。

スローの末脚勝負では、一線級相手ではわずかに切れ負けする。

道悪は走る。

クロノジェネシスの近走診断

19/10/13 秋華賞(G1)京都芝2000m 稍重

着順:1着(-0.3差)騎手:北村友一(55キロ)

ラップタイム(上り:36.4)

  • 12.3 – 10.7 – 11.6 – 11.8 – 11.9 – 12.7 – 12.5 – 12.0 – 12.3 – 12.1

秋華賞良馬場平均(過去6レース分)(上り平均:35.0)

  • 12.1 – 10.6 – 12.1 – 12.0 – 11.9 – 12.4 – 11.9 – 11.6 – 11.6 – 11.8

稍重馬場にも関わらず、前半1000mが平均よりも0.4秒も速い展開。

1000mを超えて3角の坂を上るあたりで減速するのはいつものことだが、坂の下りに入ってもなかなか加速していかない。

上りは平均よりも1.4秒遅い36.4秒。

全体を通して、かなりの底力が問われたレースとなったが、人気どころで前目につけたダノンファンタジー、コントラチェックあたりは直線残り200mあたりで脱落。

それらの馬より2~3列後ろで脚を溜めたクロノジェネシスが、直線差し切るかたちとなった。

念願のG1初戴冠となったレース。

クロノジェネシスの最後の鮮やかな差し切りが印象的だったが、レース展開が前目につけた馬たちに与えた影響も大きく、コントラチェックなどは15番ゲートから先頭と競り合っていた。

展開と枠順のさじ加減一つで、着順もガラっと入れ替わるような印象もある。

19/11/10 エリザベス女王杯(G1)京都芝2200m

着順:5着(0.3差)騎手:北村友一(54キロ)

序盤のラップで13秒台があるほどの超スローペース。

クロノジェネシスは中団前目のポジション。

4角から直線にかけては内を突いて出てくるが、末脚にイマイチ切れがない。

やはりスローの瞬発力勝負になれば分が悪い。

20/2/16 京都記念(G2)

京都 芝2200m 重 10頭

着順:1着(2.16.4・-0.4差)

騎手:北村友一(54キロ)

アメリカズカップの大逃げ(向う正面で10馬身以上)で、2番手以降はおそらく重馬場なりの平均ペースで追走していたと思われる。

クロノジェネシスは道中は先団の3番手。

4角も3番手で直線へ入ると、前を行くステイフーリッシュ、逃げ一杯のアメリカズカップを楽に交わすと、あとはカレンブーケドールの追い上げも余裕で封じこめてゴール。

2着には2馬身半つけて圧勝。

道悪は強い。

20/4/5 大阪杯(G1)

阪神 芝2000m(内)12頭

着順:2着(1.58.4・クビ差)

騎手:北村友一(55キロ)

道中は勝ったラッキーライラックと同じような位置取りの3~4番手追走。

しかし終始ラッキーライラックは内でクロノは外。

4角ではラッキーライラックよりも先に仕掛けて抜け出しを計るが、直線では内から抜けて来たラッキーライラックにクビ差先着されて惜しい2着。

力負けではなく、枠順の差が出たレースと言えそう。

クロノジェネシスの次走

次走は阪神競馬場 芝2200m(内)で行われる「宝塚記念(G1)」。

同世代のサートゥルナーリアとは初対決。

瞬発力勝負にはなりにくい「宝塚記念」なら、勝機は十分にある。

内枠が欲しい。